モノオクのゲスト・ホスト登録の仕方を画像を用いて説明します。

こんな人におすすめの記事です。
  • 副業のためにモノオクを始めようと思っている人
  • モノオクを使って荷物を預けたい人
  • モノオクの登録の仕方がわからない人

今回の記事では、モノオクのゲスト登録とホスト登録の2つの登録の仕方について紹介していきます。「1分で登録は完了」と書いてあっても、どんな情報を入力しなければいけないのかがわからないと、少し不安ですよね。

そこでこの記事では、登録のステップを画像を交えて1ステップずつ説明していくので、一緒に登録をしていきましょう。

スポンサーリンク

モノオクはゲスト登録とホスト登録の2つがある

モノオクを使うには、

  1. ゲスト登録
  2. ホスト登録

この2段階の登録があります。

副業をしたい場合には「ホスト」に登録をして貸し出すことができるスペースをモノオクに掲載するのですが、まずはゲストとしての登録をしなければなりません。

「モノを置かせてもらうつもりはない。」場合でも、ゲスト登録は必要となります。次の章からゲスト登録とホスト登録の2つの登録の仕方を紹介していきます。

スポンサーリンク

モノオクのゲスト登録の仕方

まずはゲストとしての登録をする必要があります。ホストとして空いているスペースを貸し出す場合にもゲスト登録は必要なので、必ず登録を今済ませるようにしてください。

上のピンクのボタンをクリックすると、別のタブでモノオクのサイトが表示されるので、この記事を参考にして一緒にモノオクの登録を進めていきましょう。

ゲスト登録の仕方
  1. メールアドレスで登録
  2. Facebookで登録

ゲストとして登録する場合には、上記2つの手段があります。それぞれの登録の仕方を紹介していきます。

メールアドレスで登録

メールアドレスを持っている人なら誰でも簡単に登録をすることができます。モノオクの公式ページを開いたら、右上の「ログイン / 登録」をクリックしてください。すると、

モノオクのゲスト・ホスト登録の仕方を画像を用いて説明します。

この画面になります。まずは、

  • メールアドレス
  • パスワード(任意)

を入力してください。

入力をすると、

モノオクのゲスト・ホスト登録の仕方を画像を用いて説明します。

この画面が表示されます。ここでは、

  • プロフィール写真(なくてもOK)
  • 名前
  • 住んでいる地域
  • 自己紹介文

を入力すれば、ユーザーとしての登録は完了します。

ホストとして登録をする人は、プロフィール画像も自己紹介文もきちんと入力した方が、スペースを借りたい人があなたのプロフィールを見たときにどんな人かわかるため、信頼度を高めることができます。

Facebookで登録

Facebookアカウントを持っている人は、Facebookアカウントを経由してモノオクに登録することができます。そうすると、Facebookアカウントに登録されている

  • プロフィール写真
  • 名前

がモノオクに登録されます。

あとは「住んでいる地域」と「自己紹介文」を入力すればすぐに登録は完了します。

モノオクのホスト登録の仕方

ゲストとしての登録が完了したら、今度はスペースを貸し出す側である「ホスト」の登録をします。副業としてモノオクを使いお金を稼ぐ場合にはホストとしての登録が必須なので、必ず行うようにしてください。

ホスト登録のステップ
  1. 貸し出すスペースの情報を入力する。
  2. 預かり可能な荷物の情報を入力する。
  3. 荷物の受け取り方法を設定する。
  4. 料金を設定する。

上記4つのステップを踏むことで、登録が完了します。次の章から順を追って説明していきます。

貸し出すスペースの情報を入力する。

まずは先ほどゲストとしての登録が完了したので、モノオクにログインをしてみてください。ログインをしたら、

モノオクのゲスト・ホスト登録の仕方を画像を用いて説明します。

画面にある「ホスト登録はこちら」をクリックしてください。

そうしたら、まずはあなたが貸し出すことのできるスペースの情報を入力していきましょう。

モノオクのゲスト・ホスト登録の仕方を画像を用いて説明します。

ここでは、

  • スペースの写真:4枚まで掲載可能。
  • タイトル:立地やどんな荷物に対応できるかなどを簡潔に。
  • スペースの種類:クローゼット・部屋・押入れ・屋外倉庫・その他の中からどれか1つを選択。
  • スペースの紹介文:どのくらいの広さで、どんなモノを置けるのかを記入。
  • 所在地:スペースがあるところの住所

以上の掲載や記入を行います。

安全面を考えると住所を入力するのは抵抗があるかもしれませんが、住所に関しては取引完了後に相手に公開されるようになっています。それまでは公開されることはないので安心してください。

預かり可能な荷物の情報を入力する。

スペース情報の入力が終わったら、今度は預かることが可能な荷物の情報を入力します。

モノオクのゲスト・ホスト登録の仕方を画像を用いて説明します。

ここでは、スペースに置くことが可能な荷物についての情報を入力します。例えば

  • 預かり可能な荷物の高さ
  • 横幅
  • 奥行きなどのサイズ
  • 置くことができない荷物

などを記入しましょう。この時に「この荷物は預かることができません。」ということを明記しておかないと、あとあとトラブルの原因になる可能性もあるので、必ず入力するようにしてください。

また1番下にある「家具や家電製品に対応する」というチェックボックスがありますが、家具や家電を置けるようであれば、チェックを入れてください。置けない場合にはチェックは入れずにそのまま次の画面へと進みましょう。

荷物の受け取り方法を設定する。

預かる荷物の情報を入力したら、今度は荷物の受け取り方法を設定します。

モノオクのゲスト・ホスト登録の仕方を画像を用いて説明します。

受け取り方法は、

  • 対面・配送の両方に対応する
  • 対面
  • 配送

の3つの方法の中から1つを選択してください。荷物の受け取り方法は基本的に対面か配送です。ゲストに「申し込んでもらいやすくする」ということを考えると、「対面・配送の両方に対応する」を選択しておくといいですね。

受け取り方法を選択したら、その下のボックス内に荷物を受け取ることが可能な曜日や時間帯を記入しましょう。対面の場合にも、配送の場合にも、日時指定を行うので、荷物の受け取り可能な曜日や時間帯は必ず記入しましょう。

料金を設定する。

荷物の受け取り方法を設定したら、最後に料金の設定をします。

料金設定のページは、

モノオクのゲスト・ホスト登録の仕方を画像を用いて説明します。

まずこの画面が表示されます。

これはどういうことかというと、「スペースの広さによって使い分ける」と考えておけば大丈夫です。

なので、スペースが狭く荷物を1つ置くのが精一杯だと思うのであれば「単一料金の設定」を選択し、スペースが広く荷物を複数置くことも可能だと思った場合は「複数料金の設定」を選択してください。

単一料金の設定

「単一料金の設定」を選択すると、

モノオクのゲスト・ホスト登録の仕方を画像を用いて説明します。

この画面が表示されます。ここでは「1ヶ月あたりいくらでスペースを貸し出すのか / 荷物を置くにあたりいくらかかるのか」を考えて料金を設定してください。

料金を記入して「登録を完了する」をクリックすればホストの登録は完了します。

複数料金の設定

「複数料金の設定」を選択すると、 モノオクのゲスト・ホスト登録の仕方を画像を用いて説明します。

このように表示されます。ここでは、

  1. スペース丸ごと
  2. スペース半分
  3. スペース1/4

と広さに応じて3段階に分けて料金を設定することができるようになっています。

この料金を設定したら「登録を完了する」をクリックして、ホストの登録は完了します。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、モノオクの「ゲスト」と「ホスト」の登録の仕方について紹介してきました。再度確認ですが、副業としてモノオクを使いお金を稼ぐ場合には「ホスト」に登録する必要があるのですが、ホストに登録する場合でも、まずはゲストに登録しなければなりません。

ユーザー登録は1分もあれば終わりますので、まずは今すぐに登録してしまいましょう。そのあと、必ずホストとしての登録をすることも忘れないでくださいね。「後でもいいや」と思っているとやらずに月日が過ぎていくだけなので、「モノオクをやってみようかな」と思っている今のうちに登録することをオススメします。

モノオクのゲスト・ホスト登録の仕方を画像を用いて説明します。

web+おすすめの副業の記事

web+運営部が、副業を始めたい方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

Saleshub(セールスハブ)とは?ビジネスマン・営業マンの副業におすすめ。

2018.06.11



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。