記事のPV数を爆増するタイトルコピー作成5つのポイント

ライターの中には、記事の本文よりもタイトルの付け方に困っている人も多いのではないでしょうか?

記事のタイトルは、その記事の”顔”です。読者の興味を引くタイトルをつけられるかどうかで、その記事が読まれる数も大幅に変動します。

結論から言いましょう。読者に興味を引くタイトルを作るのに、小難しいテクニックは必要ありません。

この記事では、もっとシンプルに記事のPV数を伸ばせるタイトルコピーのつけ方を5つのポイントとしてご紹介します。

このまま誰にも読まれない記事を量産し続けるか。この記事を5分間読むことで、たくさんの人から読まれる記事をかけるライターになるか。どちらの道を選ぶかは、あなた自身が決めてください。

スポンサーリンク

文章が読まれるかどうかはタイトルコピーで決まる!

ブログ 記事 タイトル

記事を書く際に最も大事なのは、読者が思わず記事を読みたいと思うタイトルを作ることです。

なぜなら、そもそもタイトルで興味を引かなければ、どれほど価値のある記事の内容であっても誰にも読まれないのですから。

コピーライティングの世界では、文章が読まれるかどうかの8割はタイトルの出来で決まるとまでいわれるほどです。

あなたが一生懸命に書いた記事をスルーされたくなければ、読者の興味を引きつけるタイトルコピーの作り方は必ず習得しておくべき非常に重要なライティングスキルなのです。

スポンサーリンク

読者の興味を引くキャッチーなタイトルコピー5つのポイント

磁石 マグネット 集客

具体的に、読者が思わず記事を読みたくなるタイトルとは、一体どのようなものなのか。気になりますよね。

ここでは読者が興味を引くタイトルの作り方について、5つのポイントをご紹介します。

この5つのポイントを意識してタイトルを作成するだけで、あなたの記事はあっという間に過去最高のPV数を叩き出し、SEOでも上位表示が狙えるようになります。

いつも記事のタイトル決めで悩んでいる人は、真剣にこの5つのポイントを読み進めてください。

ターゲットの立場になって考える

記事タイトルの作り方についてライティング関連の書籍を読むと、「キーワードを必ず含めること」「文字数は28文字以内に抑えること」といったSEOを考慮した内容が必ず書かれています。

確かにこれらの内容もできれば考慮するべきですが、最も大事なのは「読者にとって興味を引くタイトルかどうか」であることを忘れてはいけません。

もしもSEO的に完璧なタイトルを作れたとしても、それを読者が読んだ時に興味を持たれなければ、タイトルの作り方としては間違っています。

記事のタイトルが決まったら、読者視点で読んだ時に興味を引くタイトルになっているかどうかという視点で見返すことが大切です。

デメリットではなくメリットを提示する

タイトルを作る際は、メリットを前面に打ち出す必要があります。なぜなら、タイトルに使える文字数には限りがあるからです。

例えば、この記事のタイトルは「記事のPV数を爆上げするタイトルコピー作成5つのポイント」ですが、主な要素としては「記事のPV数を増やす」「タイトルコピー」「5つのポイント」という3つの要素を含めて28文字となっています。

つまり、タイトルに含められる要素は意外と少ないということです。

確かに記事の本文であれば、あえてデメリットを提示してからメリットを打ち明ける両面提示という戦略は有効ですが、この方法をタイトルで使うには圧倒的に文字数が足りません。

よって、タイトルを作る際は、「読者が得られるメリット」だけに絞って伝えるべきなのです。

読むべき理由を示す

タイトルを作る際は、なぜこの記事を読むべきなのかという「理由」も示せるとベストです。

そもそも文章は相手を行動させる目的で書くものです。そして、人を動かすためには、大抵「なぜその行動をとる必要があるのか」という理由を示さなければなりません。

例えば、単純に「この記事を読んでください」と伝えたところで、素直に記事を読んでくれる人はごく少数でしょう。

しかし、「この記事を読むと読者を惹きつけるタイトルコピーの作り方がわかるので、記事を読んでください」と伝えたら、最後まで記事を読んでくれる人は前者に比べて圧倒的に多くなります。

人を行動させるためには、なんらかの理由を示す必要がある。人の行動心理の基本なので、この機会にしっかりと覚えておきましょう。

「どう言うか」より「何を言うか」

タイトルコピーを作る際は、「どう言うか」よりも「何を言うか」の方が圧倒的に大切です。

この記事のタイトルを例に挙げると、「5つのポイント」だろうが「5つの要素」だろうが「5つの法則」であろうが、内容には全く影響がありませn。

タイトル決めに悩む人の中には、このように「どう言うか」で迷う人が多いように感じられます。しかし、読者にとっては言い方よりも内容の方がはるかに興味を引く要素なのです。

小洒落た言い回しに悩むくらいなら、伝えたい内容が正確に読者に伝わっているかどうかと言う「内容」に注意を向けてください。

一つのアイデアにこだわらない

タイトルコピーには100点満点の正解はありません。また、1時間かけて考えたタイトルよりも10秒で考えたタイトルの方が反応があることもザラにあります。

だからこそ、タイトルを決める際は「1つ」ではなく、「複数」の案を出してください。

誰だって、1つの案から1つを決めるより、100の案から1つを決めた方が、優れたタイトルを作り出せる可能性ははるかに高いのですから。

一発で最高のタイトルを作ろうと思わずに、少しずつ優れたタイトルに近づけて行くという姿勢が、より多くの読者を惹きつけるタイトル作成の極意と言えるでしょう。

記事のPV数を増やすのに、”素敵”なタイトルコピーは必要ない!

データ 統計

読者の興味を引くタイトルと聞くと、キャッチコピーのように多くの人にウケる素敵なコピーをイメージする人も多いのではないでしょうか?

しかし、そのようなキャッチーで素敵なタイトルが、必ずしも記事タイトルとしてふさわしいとは限らないのが難しいところです。

一見地味で、事実を淡々と伝えているタイトルの方が、「どんな内容かわかりやすい」と言う理由で反応率が高くなる事例もたくさんあります。

もちろん、”素敵”なタイトルコピーで読者からの反応も良いタイトルを作れれば最高でしょう。しかし、記事のタイトルに求められているのは”素敵な言い回し”よりも”どのような記事か”がわかりやすいタイトルです。

タイトルコピーに絶対の正解はありませんが、少なくとも今回紹介した5つのポイントを意識するだけでも、今までよりはるかに読者からの反応の良い記事タイトルを作れるようになります。

あなたも次に書く記事のタイトルを考える際は、今回の記事を読み直して、5つのポイントを意識した「読者の興味を引くタイトル」を作り上げてください。

記事のPV数を爆増するタイトルコピー作成5つのポイント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。