フリーランスのための自分の人生を取り戻す「自分会議」の勧め

「最近、なんだか仕事をしていてもつまらないな」と感じる。それは、仕事がマンネリ化してきた証拠かもしれません。

このような気持ちを抱いている人の多くは、フリーランスとして多数の案件を抱え、バリバリ仕事をこなしている傾向にあります。

しかし、数多くの仕事に追われると、収入は増える代わりに「自分の人生を振り返る時間」がどんどんなくなることに気がついている人は好きないのではないでしょうか?

この記事では、目先の仕事よりも大事な「自分自身の将来設計」について考える時間を確保するための「自分会議」の方法をご紹介しています。

最近、自分の夢ややりたいことを忘れて、目先の仕事に追われていると感じる人は、この記事をきっかけに「自分自身の目標」を思い返してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

仕事に追われた時こそ「自分会議」を開く

自己分析 自分

あなたは定期的に自分のやりたいことや目標を振り返る時間を確保する習慣を持っているでしょうか?

例えば、フリーランスとしての仕事に追われるあまり、本当は起業家として自分自身で事業を起こしたいのに、そのための計画を考える時間が取れないという話はよく聞く話です。

もちろん、依頼された仕事はしっかりこなすべきですが、それと同時に毎日10分だけでもいいので、常に「自分自身」について考える時間=「自分会議」を実施することをお勧めします。

自分会議とは、自分自身のことを振り返るための1人会議のことをさします。

スポンサーリンク

自分会議によって得られる4つのメリット

4 トランプ

僕自身、この自分会議を定期的に行うようにしてから、様々なメリットを感じています。

そこでまずは、僕が自分会議を行うことで感じられた4つのメリットをご紹介します。

優先度の低いタスクを排除できる

定期的に自分自身について振り返る習慣を持たないと、いつの間にか「優先度の低いタスク」を大量に抱えることになり兼ねません。

その理由の1つとしては、自分が仕事において何を大切にしたいかという軸が不明確だからです。自分にとって何が大切なのかがわかっていなければ、当然仕事の優先度を決めることはできないですよね。

そうなると、ついつい「優先度の低いタスク」に追われて、結果的にもっと重要なタスクに割く時間をどんどん失ってしまうことになるのです。

定期的に自分会議を開いて、自分が本当に目指しているものは何かといった「軸」を再確認することで、自分の目的に沿った優先順位をつけられるようになります。

PDCAを回せる

ビジネスマンであれば、PDCA(予定→行動→評価→改善)というフレームワークは知っているかと思います。

一般的にこのような自分の行動を振り返るのは、毎週や毎月といったタイミングかと思います。しかし、このように時間が空いてしまうと、自分がやったことを忘れてしまったりして、なかなか効果的なPDCAを回すことが難しくなってしまいます。

僕は毎日、自分会議の時間を設けて、その中で今日やったことをもとにPDCAを回すようにしてから、普段なら気づかないような小さな成功要因などを見つけられるようになりました。

PDCAをうまく回せないという人。自分自身の行動を振り返る習慣がない人は、定期的に自分会議を開くことで仕事でも劇的な成果を残せるようになるはずです。

脳を整理することで生産性アップ

自分自身について振り返る習慣がないと、次第にやるべきことや心配事などが、脳の容量をどんどん奪っていきます。

逆に定期的に自分自身について振り返り、頭の中にあることを一旦全て紙に書き出すといった習慣を身につけることで、脳がすっきりして、仕事に集中しやすい状態を維持することができるのです。

パソコンやスマホなども、定期的にハードディスクの最適化などをしないと動作が遅くなってしまいますよね。

人間も、定期的に自分の頭の中の情報や感情を整理することで、最適化する必要があるのです。

自分自身が本当にやりたいことを実行する時間を確保できる

多忙な生活を送っていると、ついつい自分の本当にやりたいことが日常に埋れがちになってしまいます。

本当に自分のやりたいことに直結している仕事であれば、ワクワクしながら毎日を過ごせるはずです。

裏を返せば、仕事がつまらないと感じているということは、その仕事はおそらく、自分自身の目的とずれている可能性が高いのでしょう。

定期的に自分会議を開いて、ともすれば忘れてしまいがちな「自分自身の目的」を再確認することは、人生を楽しく生きるために欠かせない習慣なのです。

自分会議の習慣化と始め方

夢 オフィス

基本的に自分会議は、短い時間でもいいので「毎日」行うのが効果的です。

とは言っても、多忙なフリーランスの人の場合、このように伝えてもついつい目の前の仕事を優先したくなってしまうことでしょう。

そこで、自分のライフサイクルの中に自分会議を習慣化させる方法と、効果的な自分会議のやり方についてご紹介します。

1,自分会議を行う時間をあらかじめスケジュールに入れておく

なぜ、本来最も大事なはずの「自分自身について振り返る時間」を確保する人がこんなにも少ないのでしょうか?

それは、「誰にも強制されないもの」だからに他なりません。もしもこれが、普通の会議であれば、スケジュール帳にしっかりと書き込んで、間違ってもすっぽかしたりはしないですよね。

しかし、自分自身のことに関しては、ついつい後回しにしてしまうのが人間です。

そこで、自分会議を習慣化するための最初のステップは、「一般的なミーティングと同じレベルの重要度で、あらかじめスケジュール帳に自分会議の時間を組み込んでおく」ことになります。

もしも、一般的な会議であれば、その時間に友達から遊びに誘われても、「今は会議だから」と断りますよね。これと同じ重要度、つまりあらかじめ決めた自分会議の時間には、ほかの予定は一切入れないようにしてください。

「どうせ自分だけの都合だから後回しでいいや」という考えはNGです。

2,自分会議で扱うテーマを決める

自分会議を毎日行うとなったら、1回に避ける時間は良くて數十分というところでしょう。だからこそ、あれもこれもと手を出さずに、1回に1つのテーマに絞ることが大切です。

例えば、1日目は「今抱えているタスクの洗い出し」、2日目は「自分の1日の時間の使い方の確認」、3日目は「1年後の展望」など、何かしら1つのテーマに絞って自分自身を振り返りましょう。

最初のうちは、自分自身について考えたい項目が山ほどでてくるはずです。しかし、毎日定期的に自分会議を行ううちに、次第に問題が整理され、「今日は特に自分会議を行うテーマはないな」という日も出てくるようになります。

3,制限時間を設けて、テーマについて紙に書き出す

普段は自分自身について考える時間を取らない人でも、一度自分会議を開くと楽しくなってくるはずです。

しかし、あまりにも自分自身について考えすぎるあまり、自分が抱えている仕事をないがしろにするのは間違いです。ダラダラと時間を浪費することのないよう、自分会議を開く際は制限時間を設けましょう。

また、自分会議を行う際に出てきたアイデアなどは、紙に書き出すようにしましょう。紙に書き出した方が、クリエイティブな発想ができるようになることに加え、脳に情報を溜め込むこともなくなるので生産性も向上します。

スポンサーリンク

忙しい時ほど時間をとって自分会議を開こう

忙しい ビジネス 混雑

自分会議は、忙してくて自分自身に割く時間がないという人ほど、ぜひ実践してみてほしい方法です。

矛盾しているようですが、自分会議を行って、普段の仕事のやり方を見直したり、自分が目指すべき方向性を明確にすることで、結果的に仕事全体の生産性が向上します。

あなたの人生は結局のところ、あなたがコントロールするしかないのです。どんなに忙しい人でも1日15分くらいなら時間を確保できるでしょう。

この15分で、訳もわからない仕事に忙殺される人生になるか、目的を持って自分らしい人生を歩めるかが決まるのです。

ぜひこの記事を読み終えたら、少し時間をとって「自分会議」を行ってみてください。

フリーランスのための自分の人生を取り戻す「自分会議」の勧め



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。