はあちゅうさんの炎上発言「金を出さない人はファンじゃない」で抜けていたもの

はあちゅうさんの「私はお金を使ってくれない人はファンとは呼ばないと思う。」発言がかなり炎上しています。この炎上事件を見て、僕なりに思ったことをつらつらと書いていきます。

スポンサーリンク

このはあちゅうさんの炎上事件の背景

まずは、この炎上が起こった背景を振り返ってみましょう。

事の発端は、岡崎体育さんが開設したファンクラブの仕組みが、「お金を使えば使うほど優遇されるシステム」だったということです。

「こんな叩かれると思わんかった」 岡崎体育、日本初のファンクラブシステムに批判殺到 SNSで真意を明かす – ねとらぼ

このシステムに対して、ユーザー側から「お金で優劣をつけるな」「お金を払えない人に不平等だ」という意見をもらいまくり、炎上しています。

これを見たはあちゅうさんの発言がこれ。

この発言によって、はあちゅうさんは思いっきり炎上しています。(この人の場合、またかという感じだが…)

ただ、個人的には、この意見は「一部理にかなってると思うけど、理にかなってない部分がある」と思っています。

スポンサーリンク

はあちゅうさんの炎上発言に抜けていたこと -金はどこからくるのか-

確かに、「お金」がないとクリエイターの生計が回らないから、事実上「お金を生んでくれる」もしくは「お金を運んでくれる」人相手でなければファンとは呼べないのは確かです。

ただ、あくまで「お金」は、どこかの人間が払うもので、それによって経済が回っています。

もし、発行したばかりの金券を手に入れて生活ができるなら、僕もそうしたいところですが。が、現実はそんなことはありません。

誰かの所有しているお金が、その人の意思と一緒に、自分の手元に渡ってきます。

はあちゅうさんの炎上発言に抜けていたこと -ダイレクト課金が全てではない-

と、考えると、はあちゅうさんの意見は、「ファン自体が絶対にお金を直接払う」というダイレクト課金のシステムの事しか考えてないように思います。

例えば、「無料なら行きます!」と言った、その仮ファンは、もしかしたらそのイベントで凄く楽しんで、次は友達を二人連れてくるかもしれません。(ただ、個人的に「”無料なら”」なんて言い方する人は友達を連れてくる可能性が低いと思うので、今回のは仕方ない感じもある)

もしかしたら、テレビなどのメディアでちょろっとはあちゅうさんが出てきた時に、家族に「私、この人と話したことあるんだよ!」って言うことで、家族にその名前が覚えられて、どこかで課金が発生するかもしれない。

お金は払わないけど、RTをしてくれる「認知ファン」が多いことで、広告業として成り立つのかもしれない。

こんな風に、直接的な課金でなくても、「生計」を立てるだけの利益を運んでくれるのであれば、それはファンと呼んでいいと思うんです。

むしろ、自分がファンであるという自覚を持つため・自分がファンでいるためにも、なんとしてもそのタレントを稼がせないといけないのです。

ファンは、「経済上の利益を作ってくれる人」であって、「直接的にお金を払う人」ではないということは忘れてはいけません。

スポンサーリンク

誤解してはいけないこと

ただ、今回の炎上問題に便乗して、「お金を払わない人を切り捨てるなんてクソだ!」と叫んでいる人もいます。

それもそれで、怪しくなってくるのですが・・・。

現実的に考えて、「誰もお金を払わなくなったら」絶対に終わりです。

ファン及び、そのタレントが好きなユーザーには何パターンか存在していて

  1. 直接お金をかける人(コンテンツを買ったりする)
  2. スタッフとして手伝う(直接お金は払わないが、労力を払う)
  3. 認知を広げる(知らなかった人に、知らせてくれる人。ほとんどのファンはここ)
  4. 好きなだけでなにもしない人
  5. 好きでもない人

今回、炎上にまぎれて罵声を吐いていたのはほとんどが5の人だったと思います。

ただ、確実に言えるのは、4と5はファンとは言えないということ。

それは、彼らがいようがいまいが、タレント側にとっては何も変わらないからです。

お金 or 何かのシステムを作ったらいいのではないか

ある意味、「多く支援したい人」が優遇されるシステムは、かなり合理的で、受け取る側としても納得しやすいです。

仮に、自分が多額の支援をする側だと考えると、自分より遥かにお金をつぎ込んでいないのに、同じ優遇を受けているのでは納得が行かないと思います。

ただ、「お金」だけで優遇をつけるのは、物理的に問題が出てきます。それは「稼ぎ」です。

そこで、お金もひとつのパラメーターだし、他にも優遇するためのパラメーターがあるというシステムにしたらどうなのでしょうか。

  • 毎回イベントの写真をインスタにアップしてくれる
  • TwitterでRTしてくれる
  • スタッフをやってくれる

こういったものも、優遇するためのポイントにすれば、良くなると考えます。。

こういうのを、上手く計測してくれるプラットフォームがあれば、こういった問題もかなりシステマチックに解決できるんじゃないでしょうか。

今後、「ファン」という言葉の見直しが広まって、そういうプラットフォームができればいいなと思います。

はあちゅうさんの炎上発言「金を出さない人はファンじゃない」で抜けていたもの

web+ SEOライティング講座

7日間で完結するweb+のSEOライティング講座です。

実際にweb+でも利用しているSEOライティングノウハウが吸収できます。



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。