情報販売

【全ビジネスに必要な力】具体化・深掘りを身に着けよう

あなたは具体化や深掘りをやっている中で「何のためにやっているのか?これで正解なの?どこまでやればいいの?」と感じたことはありませんか?ただの作業になったり、全部同じようなものになったりして、本当にこれで事業がうまくいくのか?と疑問に感じますよね。

そこでこの記事では「具体化と深掘りの必要性」「1分でできる簡単な具体化と深掘りをする方法」をご紹介します。

今回の記事で紹介していることを抑えることで、自分の事業に具体化深掘りを100%活かすことができ、「お客さんのニーズに合った商品」「読みたくなる文章」「ファンになってもらえるような動き」ができるようになります。

自分の事業を成功させたい人は必ず最後まで読むようにしましょう。

具体化とか深掘りって本当に必要なの?

結論から言うと「必要」です。ビジネスをやっていく中でこの具体化・深掘りはなくてはならない存在であり、具体化・深掘ができれば有利に事業を進められ、逆にできなければ売れる商品・サービスは作れないでしょう。

また具体化・深掘をすればするほど、悩み不安を限界までイメージできるようになるので、よりお客さんのニーズに合った商品・サービスを作ることができます。これにより「お客さんの気持ちに刺さる文章」が書けるようになったり、「自分のことを好きになってもらえる動き」ができるようになります。

しかし、具体化深掘を無視して商品を作ろうとすると、周りの競合との差別化ができず、お客さんが求めないものを作ってしまう危険性があります。

ビジネスはお客さん目線でないと失敗することからもわかるように、お客さんが過去にどういうことを経験して、その瞬間どういう気持ちになってどういう変化が起こって、今はこういう気持ちになってるからこういう動きをして…こういう「顧客視点」が重要になっていきます。

お客さんのことをお客さん自身より理解している人になりましょう。

「具体化」と「深掘り」の方法

ここまで読めば、具体化と深掘りのスキルが「ビジネスにおいて必須」であることは明らかですが、では具体化と深掘りを実際にやっていく場合、どのようにしていけば良いのでしょうか?

具体化する方法

「具体化」といっても難しく考えてはいけません。要するにどんどん詳しく書いていけばいいのです。そこで使われるのが「5W1H」「数値」「セリフ」「例え」です。

・5W1H

日本語に直すと「いつ」「どこで」「何を(に)」「誰と(に)」「なぜ」「どのように」これを文章の至る所に問いかけるだけです。

原文:ごはんが美味しい

これに5W1Hを投げかけてより具体的にイメージしていきます。

  • いつご飯食べたの?→昨日のお昼12時
  • どこでご飯食べたの?→東京の○○という高級中華のお店
  • 何を食べたの?→1万円のフカヒレチャーハン
  • 誰と食べたの?→付き合っている彼女
  • なぜ食べたの?→付き合って1年記念日だから
  • どうやって食べた?→具体化は必要ないと判断

・数値

例えば「運動しているんだけど、、、なかなか結果が出ない。」→「3ヶ月運動してるけど、1キロしか体重減ってない」のようにすると、後者の方がより深いニーズになってます。
期間・目標・量などを数値にすると、より相手の深い悩みを突けるようになります!

・セリフ

「セリフ」とは、「〜と言われた」のように相手がニーズをもつ原因となったセリフです。 例えば「見た目より実際は太っている」→「服を脱いだ時に「着痩せするタイプだね」と言われて、見た目より実際は太っていると知った」 このように「セリフ」を加えることで、より相手にイメージさせることができます!

・例え

「例え」は簡単ですが「○○のような」ってことですね。 「腹は出ているし、足は太いです、こんな醜い自分が嫌で嫌で仕方ありません。」→「マツコ・デラックスのように腹は出ているし、足は太いです、こんな醜い自分が嫌で嫌で仕方ありません。」のようなことです!

深掘りする方法

深掘を簡単に言い換えると「なんで?」を繰り返すことです。
これは主にメリットからベネフィットを導き出す際に用いられます。
実際にやってみましょう。

・悩み不安

肌荒れがすごくて自分の顔を他人に見せたくない

・メリット(悩みの解決)

肌荒れが治る

・メリットからベネフィット

  1. なんで肌荒れが治るのがいい? Aマスクしなくてよくなるから
  2. なんでマスクしないとよくなる? A.自分の顔を他人に見られても恥ずかしくなくなるから
  3. なんで恥ずかしくなくなるといい? A.自分の顔に自信が持てるようになる
  4. なんで自分の顔に自信が持てるといい? A.女のこととも気兼ねなく話せるようになる
  5. なんで女の子と話せるようになるのがいい? A.彼女ができる
  6. なんで彼女ができるといい? A.人生が幸せになる(ベネフィット)

このように「なんで?」を6回繰り返すとメリットがベネフィットになり、この1~6の過程で出てきた文は全て深掘になります。深掘り+ベネフィットを同時にできる方法なのでぜひ試してみてください。

要するに文章からありとあらゆることを想像し具体的に肉付けしていく、ということです。

具体化・深掘りの具体例

方法が分かったらあとは実践するだけです。下の例を見ながら具体化深掘りをやっていきましょう!

具体化・深掘りできてる例

実際の原文:筋トレを始めたんですが、3日程度でやめてしまいます。 他にも色々やっているんですが、1週間や1ヶ月といった継続が出来ないです。どうすればよいでしょうか?

A.学生の頃は特に運動せずとも代謝がよかったから食べて寝れば体型は維持できていたが、社会人になり飲み事が増え、電車通勤なので体を動かす機会も学生時代に比べ格段に減りベルトが閉まらなくなり、Theおっさん体型になってきている。そのため筋トレを始めてみたが、ネットで調べた情報だけな上に誰にも強制されない、誰にも見られてない、今まで運動をやってこなかったこともありハードな筋トレがきつすぎる、などの理由でトレーニングが3日と続かない。食事トレーニングや、他のらくそうなトレーニングをしても習慣化できず結局生活が元通りになり、せっかく買った器具や食材がむだになってしまう。

具体化・深掘できてない例

実際の原文:筋トレを始めたんですが、3日程度でやめてしまいます。 他にも色々やっているんですが、1週間や1ヶ月といった継続が出来ないです。どうすればよいでしょうか?

A.筋トレが続かない。習慣化できない。

具体化と深掘りで一番大事なこと

出典:https://unsplash.com/

これまで具体化深掘の重要性や具体例など書いてきましたが、結局何が大切なんでしょう?それは「その文章をみて場面が細かく想像できるか」です。「美味しい」だけよりも、味や触感、匂い、見た目を伝えてもらった方が情報も信頼できるし、何よりわかりやすいです!

ダメな例:この魚美味しい

良い例:この魚甘くてこりこりしてて、それでいて魚独特の臭みは全くない、脂がのってて実が光ってる

美味しいという言葉すら使ってないのに美味しさが伝わってきますよね?「読んでる人が分かりやすく具体的に」これが一番大事なのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?上の具体例からもわかるように具体化・深掘りに終わりはありません。しようと思えばいくらでもできます。量が多くなりすぎる場合は、その具体化・深掘りが本当に必要な情報かどうかを取捨選択できるようになるとより良い具体化・深掘りになると思います。

具体化・深掘りはどのビジネスにも使えるスキルです。

  • ビジネスにおいて重要な「顧客視点」を養うために具体化深掘は必須
  • 「5W1H」「数値」「例え」「セリフ」を駆使して具体化
  • 「なんで?5回」「情報の肉付け」深掘りをしてメリットからベネフィットを導く
  • 「具体化深掘りにゴールはない」情報の取捨選択が大事
  • 読んでる人がはっきりイメージできる具体化深掘り

以上から具体化・深掘りを完璧にしてあなたの事業を成功させましょう!