情報販売

【意外と知らない!】スモールビジネスでの商品作成方法を解説

あなたはスモールビジネスをやっていて「商品の内容までは決まったけど、実際にお客さんに渡す形にするまでの商品作成について何もわからない」と悩んでいませんか?

ビジネス関連のツイッターを眺めていると、良質なコンテンツがタイムラインに流れてきて「自分もこんな商品作れたらいいけど、何から始めればできるのかわからない」と感じるのも当然でしょう。

そこでこの記事では「商品作成の重要性」や具体的な「商品作成の方法」についてご紹介します。

今回の記事で紹介している内容を理解し実践することで、お客さんが自然と価値を感じあなたの商品・サービスのファンになってくれることでしょう。

スモールビジネスにおける商品作成の重要性

スモールビジネスにおける商品作成は非常に重要です。なぜなら商品はお客さんに渡すものであり、その商品の価値に対してお金を払ってくれるからです。

例えば、購入前に期待して1万円で買った商品の内容・デザインが初心者の自分でも作れそうなものだったら損した気分になりませんか?逆に1万円で買った商品の内容・デザインが10万円の価値があったら嬉しくないですか?

このように、商品とはお客さんが価値を判断する大きな基準となるものなので、口コミや購入継続率にもつながります。つまり、商品の良し悪しによってその事業の良し悪しが決まるといっても過言ではありません。

スモールビジネスでの商品作成の意味と目的

スモールビジネスにおける商品作成の意味とは、事業企画内でリサーチし大枠を決めた商品企画をお客さんに渡せる形に実現させる工程を指します。

そして、その商品はお客さんの問題を解決できる内容と媒体、デザインである必要があります。商品内容が不明確な場合は商品企画をもう一度練り直すことも重要です。

商品作成はあくまで商品企画で決めた内容を形におこすフェーズなので、「商品内容は一旦考えなくても良い」という状態までできているかをチェックしましょう。

【マーケティングの要】具体的な4ステップで商品企画を徹底解説!あなたは「自分の商品を企画できたらビジネスとかマーケティングできておもしろそうだけど、自分で作れるイメージ全くわかないんだよな〜」と思っ...

スモールビジネスで商品作成をする上での考え方

商品作成をする上での必ず頭に入れておいてほしい考え方は「完璧を求めない」というものです。これは商品作成以外のフェーズでも重要な考え方ですが、商品作成では特に重要になります。

なぜかというと、完璧な商品を作ることはできないからです。世の中には数多くの商品が存在しますが、どの商品も改善をしていかないと売れなくなってしまいます。それはその商品が完璧ではいからです。

さらに、商品作成の経験が浅い人が作った商品が高いクオリティになることはほとんどないでしょう。なので、最初は「完璧」ではなく「作り上げる」ことを目標に進めていくのが良いでしょう。

スモールビジネスの商品作成のやり方

では、ここからは具体的な商品作成の手順・やり方について紹介していきます。

1.コンテンツ内容を文章化・コンテンツ化する

商品企画で商品の大枠まで決めたと思います。そこから実際にお客さんに商品を渡すためにコンテンツ化する必要があります。

大枠は決まっているので、文章であれば大枠を補足する形で文章を書いていけばいいですし、動画なら大枠に基づいた動画を撮ることでコンテンツ化することができます。

2.デザインを整える

大枠を補う形で商品の中身を作ることができたら次はデザインを整えましょう。商品作成時のデザインは軽視されがちですが、お客さんにとって商品のデザインはその商品の価値を計る一つの重要なポイントです。

ただし、デザインは特に自分が思ってるものが作れず止まってしまうことが多い部分ですので、自分の中での基準を作ってその基準を超えたら次に進むか、いっそデザインを外注してしまうのも一つの手ですね。

3.お客さんに渡せる状態にする

ここまで進めることができたら商品自体はほとんど出来上がっているかと思いますが、最後にお客さんに渡せる状態になっているかを確認しましょう。

極端な話、どんなに良い内容でもあなたしか見れないノートに書いてあったら誰も見ることはできません。PDFやMP4のデータにしておくか、ブログやYouTubeなどのインターネット上でいつでも見れる状態にしておくのが良いでしょう。

コラム:フィードバックをもらおう

上の3つの流れでも商品を作成することはできますが、さらにお客さんに価値を感じてもらう商品にするために他の人にフィードバックをもらいましょう。

どんな商品であっても作り手と受け手では感じ方にずれが出てきます。なので、理想はあなたの事業のターゲットとなる人からのフィードバックですが、それがすぐにできなそうな場合は事業家の先輩や友人からのフィードバックをもらうようにしましょう。

まとめ

この記事を読むことで、「商品作成の重要性」「商品作成の方法」は理解できましたでしょうか?商品企画をする上での「完璧を求めない」考え方は他のフェーズでも重要ですので頭に入れおきましょう。

商品をお客さんに今すぐにでも渡せる形になりましたら、あとはあなたの商品に興味があるターゲットを集めて販売していくだけです。商品は作成しただけでは誰も価値を感じてくれません。求める人に届けることで初めて価値が出るので、お客さんに届けるところまでしっかりと進めましょう。

「ブログを始めて半年。20記事書いたのに収益が全く出ない」というあなたへ。web+からの提案があります。

10分だけお時間をいただければ、あなたがブログから毎月5万円を稼ぐためのお手伝いをさせていただきます。

詳しい内容はコチラをご確認ください。