【必須!】あなたのビジネスの強みを作り出す競合分析のやり方3選

あなたは「”競合分析”は聞いたことあるけど、やり方もわからないし、そもそもビジネスやる上で必要かどうかもわからない」と感じたことはないでしょうか?

競合分析というワードはいまビジネス業界で広く知られています。しかし、その中で競合分析の必要性や具体的な方法については語られていません。

そこでこの記事では、「競合分析の必要性」「競合分析の具体的な方法」についてご紹介します。

今回の記事を読むことで、あなたのビジネスが競合負けせずにお客さんに選ばれるようになることでしょう。ぜひ最後まで読んで今後競合分析に困らないようになりましょう。

スポンサーリンク

競合分析とは?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%9B%B8%E7%B1%8D-%E5%AD%A6%E7%94%9F-%E5%8B%89%E5%BC%B7-%E5%AD%A6%E3%81%B6-927394/

競合分析とは、市場の競合を調査しあなたの商品・マーケティングへ活かすための分析です。競合の定義は、明確にはなく、市場の幅広さをどの程度取るかによって変わってきます。

例えば、チョコレートの競合を「同じチョコレート商品」にするか、「お菓子類」とするか、「食品」とするかで同じ競合ですが、競合の範囲が変わってきます。

なので競合の範囲をどこに設定するかが重要になりますが、これはどの程度の市場で戦いたいかによって選ぶのが良いでしょう。

ビジネスでは競合分析が必須

世の中には数多くの企業・商品があり、しのぎを削っています。どの企業も他の企業より良い商品、顧客が求めるサービスを求めて日々奮闘しています。

そんな中、予想で「この商品なら当たるだろう」と思った商品がうまくいく可能性はどれくらいあるでしょうか?おそらくかなり低いです。

失敗する確率が高いビジネスを行うより、始める前に成功するか失敗するかを判断した上で始めた方がよくないですか?

なので、自分のビジネスが市場でどの立ち位置で、どう強みを発揮できるのかまだわかっていない人は競合分析を行う必要があるでしょう。

競合分析はやり方次第で結果が変わる

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9-%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0-%E6%9B%B8%E3%81%8D%E8%BE%BC%E3%81%BF-923188/

競合分析には一般的にフレームワークが用いられます。フレームワークとは大枠を意味し、「競合分析をこのやり方に沿って行えばある程度できますよ」というものです。

これから3つほど競合分析フレームワークを紹介していきますが、どの方法を使うかによって競合分析の結果が変わってきます。

例えば、プロ野球チームを「通算優勝数」「メジャーリーガー輩出数」「直近5年勝率」のそれぞれで見たとき分析結果が変わってきますよね?

つまり、分析方法で市場・競合の見え方も変わってくるので、あなたが知りたい市場の要素を知れる方法を選ぶことをオススメします。

3C分析(競合分析おすすめのやり方①)

3C分析とは、Company(自社)・Competitor(競合)・Customer(顧客)の3つの観点から分析する方法です。

Company(自社)

資金や技術力などの自社が提供できるリソースや自社商品の位置づけ・強みなど自社が持っている要素をここでは上げていきます。

Competitor(競合)

競合のシェア割合やブランドイメージ、競合商品の強みやターゲットしている層など競合が関連する要素をここでは上げていきます。

Customer(顧客)

市場の規模や成長性・お客さんのニーズなど顧客に関係する要素を羅列していきます。

これら3つを挙げたのちに、「自社が持っていて競合が持っていない強み」「競合が解決しきれていない顧客のニーズ」「競合が優れていて太刀打ちできない部分」などを見つけていきましょう。

4P分析(競合分析のやり方②)

4P分析とは、Product(商品)・Price(価格)・Place(流通)・Promotion(プロモーション)の頭文字をとったもので、この4点から分析することで、競合のマーケティングにおける特徴が把握できます。

Product(商品)

Productは商品の分析になります、競合の商品が何を提供しているサービスなのか、デザインはどのような印象を与えているのか、商品を買う人はどこを求めて商品を購入するのかなど商品についての分析です。

Price(価格)

価格はお客さんが競合と最も比べたくなる部分です。なので、競合の価格とそれに伴う価値を分析して、あなたの商品・サービスの価格を決定しましょう。安くすれば良くて高いとダメというわけでもないので、慎重に考えましょう。

Place(流通)

インターネットを使ったビジネスを考えてる人にとっては「流通なんて関係ない」と感じる方もいるかと思いますが、そういうわけでもありません。

なぜなら、このPlaceには顧客に商品が届くまでの動線という意味合いだからです。なので、競合の商品はどこで知って、どのように購入まで辿るのかを、ここでは分析しましょう。

Promotion(プロモーション)

知らないものを買うことはできません。なので、どの企業・サービスもプロモーションを行っています。そのプロモーションは、誰に向けて、何を訴えているのかを分析することが重要になります。

4P分析は、市場全体というより競合1社のマーケティングを分析する際に使える方法になります。

https://pixabay.com/photos/startup-whiteboard-room-indoors-3267505/#content

 

SWOT分析(競合分析のやり方③)

SWOT分析とは、Strength(強み)・Weakness(弱み)・Opportunity(機会)・Threat(脅威)の4つの頭文字をとった分析方法になります。

これは、自社をプラスとマイナス・内部環境・外部環境の2軸で分析したものです。

Strength(強み)

自社の内部における強みで、競合と比べて特筆している部分をあげていきます。ノウハウが蓄積されているか、実績がどれくらいあるかなどがチェックポイントになります。

Weakness(弱み)

こちらは反対に自社内部の弱みです。資金力で負けるや営業力が弱いなどが例として挙げられます。

Opportunity(機会)

こちらは、自社を取り巻く外部環境の中で、自社にプラスになる環境変化を挙げていきます。

Threat(脅威)

脅威は機会とは逆に、自社を取り巻く外部環境の中で自社に悪影響を及ぼす環境を挙げていきます。

まとめ

ここまでで、競合分析の方法を3つほど紹介してきましたが、3つのフレームワークを使えば完璧な競合分析ができるわけではありません。

フレームワークとは、あくまで「当てはまることで簡単にできますよ。」というものなので、紹介したフレームワークを基に競合分析をした上で、そこから自社の商品の強みを見つけ尖らせる必要が出てきます。

しかし、競合を知るだけでも市場全体を俯瞰してみることができるので、とりあえずでもやってみるのがオススメです!この一歩があなたのビジネス成功のきっかけになれば幸いです