会社員が副業するならネットビジネス一択!その理由とは?

あなたは「今の収入にネットビジネスの副業でプラス3万円でもあると生活が良くなるのにな」と感じた経験はないでしょうか?

最近では、働いているのに貧困状態である「ワーキングプア」という言葉があるように、会社に就職したからと言って余裕のある生活ができない人たちもいます。

そこでこの記事では「会社員が副業を行うべき理由」「会社員におすすめな副業3選」をご紹介しています。

今回の記事を読むことで、副業への意欲が上がったり、どう行動していけばいいのかが理解できるので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

会社員でも安定ではない時代

今の時代、「会社に就職したら老後まで安定・安泰だ」という考え方は古いです。しかし、あなたの友人・知人は就職してる人たちがほとんどだと思います。

そんな中、今の日本では「老後2000万円問題」や「年金問題」など、老後に向けて3000万近い金額を貯蓄しておく必要があります。

果たして、会社員を老後まで続けるだけで、それだけの金額を貯蓄できるでしょうか?もし結婚して家・車を買って、こどもが二人もできたら老後までに一体どれくらいの金額がかかるでしょうか?

知りたい人はぜひ調べてみてください。実際にかかる金額を知り、あなたの給料を照らし合わせることで、会社員だけで豊かな生活を続けられるかが判明するでしょう。

会社員が副業を行うメリット

「副業しないと今後の生活が大変だから行動しないと!」と焦りと不安で行動する方もいると思いますが、不安から来る衝動は一時的なものに過ぎません。

そこでここでは副業を行うとどんな良いことがあるのかについて紹介していきます。

収入が増える

当たり前な話ですが、副業を行うことで収入が増えます。金銭的な余裕は生活を豊かにする大きな要因です。

なので、「お金目的でビジネスをやるのは汚い」といった意見もありますが、収入を増やすことをモチベーションに行動するのは真っ当な理由ですね。

しかし、注意してほしいポイントはあくまで長期的に生活を豊かにする目的で行ってほしいので、稼いだ金額を全部使わないようにしましょう。

仕事の成果も向上する

2つ目のメリットは「仕事の成果も向上する」です。会社というのはほとんどの場合ビジネスを行う組織です。

その中で必ず求められる人材は「ビジネス力が高い人材」です。そのビジネス力は実践で上げていくのが一番なので、会社員は副業を行うべきだと考えます。

副業を行ってビジネス力が高まり、本業の成果も上がることで、本業の給料が上がる可能性も大いにあるので一石二鳥ですね。

副業はバレる!?会社にバレずに副業を進めるポイント

会社員の方が副業を始めようとしたタイミングで最も気にするのが「副業はバレるのか問題」です。

実際のところバレる事例も多くあります。しかし、それらは「バレる仕組み」を知らないからです。

会社員が副業がバレるほとんどの場合は「税金関係」か会社で副業してるのがバレるかです。税金関係なので、詳しいアドバイスはできないのですが、ここをしっかりカバーすることで、極秘に副業が勧められます。

副業で失敗しない4原則

副業を始めたからといってすぐに稼げるものではないことは知っているかと思います。しかし、簡単ではないからといって失敗はしたくないですよね。

ビジネスを失敗前提で進めることは重要ですが、何度も失敗しててはビジネスを続けること自体できなくなってしまいます。

そうなりたくない方へおすすめの原則があります。それはホリエモンが提唱する「ビジネス4原則」です。
その4原則とは、

  • 初期費用がかからない
  • 在庫をできるだけ持たない
  • 利益率が高い
  • 定期的な収入が見込める

の4つです。これらのポイントを抑えた副業を行うことで無駄な失敗をせずに進めることができます。

副業で行うべきは”ネットビジネス”

先ほどのホリエモンが唱えるビジネス4原則を満たす副業、それは”ネットビジネス”です。

ネットビジネスは、インターネットを通して行うので場所を借りる費用もかからないですし、無料で使えるツールも数多くあるので初期費用がかかりません。さらに、ネット上で有形のものを販売しない場合は在庫も持ちません。

利益率に関してはどのようなビジネスを行うかで異なりますが、初期費用がかからなくて在庫も持たないので売り上げに対してかかる費用も少なくなり利益率も自ずと高くなります。十分可能な範囲であります。

定期的な収入が見込めるかについては、こちらもビジネスモデルによりますが、サブスクリプションモデルなどを採用することで定期的な収入を見込めることができるでしょう。

ネットビジネスで始めるべき副業3選(プログラミング)

プログラミングは最近市場を拡大させる勢いのあるスキルです。情報系の職種に勤める方は使う機会もあるのではないでしょうか?

そんなプログラミングも稼ぐことは可能です。フリーランスとして活躍する人たちの中でも副業から始めて活躍する人は少なくありません。

プログラミング単体を駆使して稼ぐとなると、案件を受注して依頼に応えるものを作成するといった流れなので、継続的に案件を獲得できるかが重要になります。

アプリやweb制作などプログラミングを使った仕事は数多くあるので、その後の仕事に役立つ可能性が大いにある手法です。

ネットビジネスで始めるべき副業3選(ブログ)

2つ目はブログです。ブログは、ネット上で自分専用のページを作り、そこで価値提供もしくは、商品を販売することで収入を得るビジネスモデルになります。

多くの人があなたのブログを訪問してくれるようになるまで、ある程度の時間がかかるため即金性こそ低いものの、安定性が高く収入が上がる仕組みの自動化がしやすいビジネスモデルでもあります。

さらに、書いた記事が貯まっていくストッグ型モデルのため、記事を書けば書くほど見てくれる人も収益も大きくなる傾向にあります。

収益をあげるポイントであるキャッシュポイントとしては、Googleアドセンスやアフィリエイトなどの広告系、自社商品を作成し販売するコンテンツビジネスとも相性が良いのも大きな特徴なので、今後ビジネスとして拡大を考える方向けの方法です。

ブログの5つのデメリットとそれを凌駕するたった1つのメリット

2021年6月7日

ネットビジネスで始めるべき副業3選(webマーケティング)

最後に紹介する方法はwebマーケィテングです。webマーケティングとは、webを使ったビジネス全般と言えるので、ブログやYouTubeもwebマーケティングに属すると言えます。ここで言うwebマーケティングとは、web上で行う事業を指します。

web上で行う事業がブログやYouTubeと大きく違うのが、即金性が比較的高いのに関わらず、単価を自分で決められ事業拡大も可能である点です。

なので、利益率も高くすることが可能で、サブスクリプションモデルの事業にすることで継続的な収入も得ることができます。

さらに、事業拡大ができるため独立もしやすいのがwebマーケティングの特徴ですね。

ネットビジネスで副業収入を得た未来

ここまで「ネットビジネスの必要性とメリット」「おすすめなネットビジネス副業」をご紹介させていただきました。

それらをお読みいただいた上で行動に移すか迷っているあなたへ。最後にネットビジネスで副業収入を得た未来について紹介させていただきます。

ネットビジネスで収入を得ることで、収入源を一つに限定しない状態になります。収入源を一つに依存しない状態は、金銭的な余裕より精神的な余裕の方がはるかに大きいです。

いまいる会社が倒産したとしても、ひどい仕打ちを受けて辞めたくなっても副業があれば、いつでもそちらへ移行できます。そして、さらに本業をしていた時間を使って売り上げを拡大することもできます。

まとめ

会社員でありながら副業をすることで、将来の不安をも取り除いて、金銭的・精神的にも余裕を持つことができるようになります。そして副業をする上で会社が副業OKなのか、NGならどうしたらバレずにできるのかを考えて行動するのが重要です。

ホリエモンが唱える「ビジネス4原則」を基に副業を進めていくことが重要で、それらを満たす厳選した副業3つを紹介させていただいたので、その中であなたがやりたいもの、将来につながりそうなものを選んで行動に移してもらえればと思います。