【必見!】個人で起業する上で絶対に気をつけなければいけないポイントとは?

あなたは「個人で独立・起業したいけど、何からするのが良いのかわからない」と感じた経験はないでしょうか?

ここ最近で「起業」「独立」「フリーランス」など多様な働き方が注目され始め、そのような道を進みたいと思う方も多くいます。しかし、周りに起業をしてる人などいない方がほとんどです。

そうなると、起業するために何をしたらいいかという疑問を解決するのは難しくなります。そこで、この記事では「個人で起業するために必要なこと」「個人で起業するメリット・デメリット」について紹介します。

「個人で起業するやり方」を理解することで、今後の方向性を決められますので、しっかりと読みすすめましょう。

スポンサーリンク

個人で起業する必要性

個人で起業するという働き方を無理に選ぶ必要はないですが、「会社に行きたくない」「独立したい」と考える人にとっては必要になってくるでしょう。

個人でお金を稼ぐ手段はライターや物販など様々な方法がありますが、その中でも「起業」は最も自由度が高い手段の一つです。

起業をすることができれば、ライターなどの個人を雇って事業を拡大することも可能ですし、一人起業としてやっていくことも可能です。そんな個人での起業をする方法を次の章でご紹介します。

個人の起業の仕方とは

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BB%95%E4%BA%8B-%E5%85%A5%E5%8A%9B-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF-731198/

そもそも起業といっても人によって定義が変わる場合があるので、ここでは「起業=事業を起こすこと」と定義させていただきます。この場合、個人の起業の仕方は、個人で事業を起こすことです。

なので、ここで言う起業であれば、事業を起こすことさえできれば簡単に可能です。しかし、事業を起こしただけであなたが理想とする状態が手に入ることは無いかと思います。

「お金がたくさん欲しい」や「社会に新たな価値を作り出したい」などの願望を達成するためには、事業を起こすだけでは達成できません。その目標と現状の差を把握して取り組んでいくことが必要になります。

個人で起業するには個人事業主と法人どちらがいいのか

個人の場合は個人事業主として起業するか、会社として法人化して起業するかの2種類があります。どちらもメリット・デメリットがあるので、自分の場合はどちらがメリットが大きいかで判断するのが良いですね。

個人事業主の場合は、行う事業の利益が一定の額以上超えない限り税金がかからないというメリットが大きいですが、その反面、社会的信用が低いなどのデメリットも存在します。

法人化する場合は、税対策や社会的信用が高いなどのメリットがある一方法人税などの個人事業主には発生しない税金を課せられるというデメリットが存在します。

この2つの起業の詳しい違いなどは別記事で紹介しますので、そちらをご覧ください。

個人で起業するメリット

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-%E5%85%A5%E5%8A%9B-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC-1850613/

個人で起業するメリットで特に大きく多くの人が望むのが「自由さ」です。

個人事業主でも法人化だとしても、起業して収入を確保できるのであれば働く場所も制限されませんし、働く時間も自分で決められます。

ただし、これはお客さんと実際に会う仕事やお客さんとコミュニケーションを取る必要がある仕事の場合は場所と時間に制限が出ますので、職種は慎重に選ぶ必要があります。

しかし、特にIT系の個人事業主は時間や場所の制限が無く働いてる人がほとんどなので、「自由さ」を求める人はそのような業種で起業を目指すのもおもしろいですね。

個人で起業するデメリット

個人で起業するデメリットは「責任」です。前章で説明した個人で起業するメリットである「自由さ」を得るためにはある程度の「責任」を負う必要があります。

収入の確保

1つ目の責任は「収入の確保」です。起業した場合、収入や売上に制限が無いのが大きな旨味ですが、その反面収入が0という状況にもなりかねます。

それを防ぐために、起業する前から収入源を確保しておくことや貯金の確保などをしておくことが必要になります。

税金の管理

2つ目は「税金」です。起業した場合で、特に個人事業主の場合は、税金の管理・支払いをすべて自分で行う必要があります。

1年間で出た売上や経費を計算し、残った利益に応じて税金を支払う必要があります。税金を支払うこと、つまり納税をしないと脱税になってしまうので気をつけましょう。

さらに、この税金は1年間で出た利益に応じてかかるので、1年分の税金を支払える貯金は最低限用意しておく必要があります。

個人で起業するにはタイミングが重要!?

「起業したいけど、今じゃないかな」と思ってる方多いのではないでしょうか?そんなあなたに、起業するのにベストなタイミングを紹介しましょう。

それは「今すぐ」です!なぜかというと「行動したい」と思ったときが一番動きやすいからです。”思い立ったが吉日”ということわざがあるように、やろうと思ったときが最もやる気があるものです。

「後でやろう」と思うたびにやる気は下がっていきます。そして、そのうち「後でやろう」が「いつかやろう」に変わって、そして忘れていきます。

そんな状況を防ぐために、やりたいことは今すぐ始めてしまうのが一番楽で、一番早く結果も出ることでしょう。

個人で起業するのに必要な知識とは

ここまで読んできて、起業してみようとは思えたが、自分にはまだまだスキルも知識も足りないと思う方もいることでしょう。

大丈夫です。始める前に知識は要りません。始める前に勉強するより、行動しながら得られるものの方が確実に役に立ちます。

スポーツをやる前にルールやコツを全部頭に叩き込んで始めるより、スポーツやりながら自分の足りないところを調べたり経験者に聞いて補っていく方が効率的ですよね?

起業もそれと同じですね。やりながら壁にぶつかったら、人に聞いたりなどして乗り越えてまた進んでの繰り返しで成長してくものです。

個人で起業しようとしてみんながつまずくポイント

https://unsplash.com/photos/BuNWp1bL0nc

個人で起業しようと考える人は多いですが、ほとんどの人は起業することができず挫折してしまいます。つまり、その人達とは別の方法を取って進める必要があるということです。

挫折する人のほとんどがやっていることは、”個人”で起業するためにずっと”個人”で頑張ることです。これが出来るのは才能があるほんの一握りの人たちです。

プロスポーツ選手の中でもテニスやゴルフなど個人で活躍する人も多くいます。では、そういった人たちは始めから今までずっと個人でその競技を練習してきたでしょうか?

おそらく違いますよね。彼らプロスポーツ選手もどこかのクラブやスクールで練習して成長した結果として個人で活躍できているのです。

起業を学ぶ上でのポイント

前の章で、起業もスポーツと同じで最終的に個人で活動するためには修行期間のようなものが必要であることを書きました。

では、起業においてはどういった場所で何を学べば一番起業に近道なのかを説明していきます。

それは「実践的でノウハウが体系化された実績のあるスクール」が非常にオススメです。まず実践的でないと学ぶ効率が悪いのと、ただ実践的であってもノウハウがないと活かせません。

そして、どんなに見せかけですごそうなスクールでも中身が無かったら意味がないので実績もチェックしましょう。

web+MediaSchoolマイクロ起業コースとは

最後に、ここまで読んでいただきありがとうございます。最後に弊社が運営する起業スクール「web+MediaSchoolマイクロ起業コース」について軽く紹介させていただきます。

web+MediaSchoolマイクロ起業コースとは、入会してもらった一人一人がオリジナルの事業を起こしていく過程で、ビジネススキルを身につけてもらうためのスクールです。

もし少しでも興味がありましたら、詳細はホームページに紹介させていただいてますので、そちらをご覧ください。あなたの目指す起業が叶うことを祈っています。