【ワラジン】手軽に高報酬を狙える転職紹介副業サービスを徹底解剖!

この記事では、『ワラジン』という転職紹介の副業サービスについてご紹介します。

ワラジンのメリット・デメリットから報酬額、類似サービスとの比較に口コミ・評判、登録方法まで、様々な角度から紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

特に、自分も含めて転職を考えている人が周りにいる方や、手間なくできる副業を探している人におすすめの副業となっています。

スポンサーリンク

転職紹介の副業サービスワラジンとは?

ワラジン 公式ページ

https://lp.warajin.net/01/

『ワラジン』とは、人材紹介などの事業を展開する株式会社オープンキャリアが運営している転職紹介の副業サービスです。

あなたの周りにいる転職希望者を、オープンキャリアに紹介するだけで『面談報酬』が発生する上に、実際に転職に成功すると『入社報酬』まで発生します。

例えば、あなたが紹介した相手が年収600万円の会社に転職したら、面談報酬と入社報酬を合わせて『61万円』が副収入として得られるのです。

”紹介するだけ”の手軽な副業なのに、大きな金額を報酬としてゲットできるのがワラジンの大きな特徴。報酬の計算方法などは後述するので最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

ワラジンで副業をするメリット

『ワラジン』を利用して副業するメリットとして、主に以下の3つが挙げられます。

ワラジンのメリット
  1. ありそうで今までなかった副業
  2. 登録が簡単
  3. 手間なく、高報酬が期待できる

メリット1 ありそうで今までなかった副業

これまでも人材紹介系の副業は数多くありましたが、従来のサービスは『顧客を紹介する』や『社員による紹介』が大半でした。

つまり、第三者が転職希望者を紹介して報酬を得るというモデルは、実はこれまでほとんど無かったのです。

この形式の転職紹介副業サービスの有名どころとしては、『ワラジン』と『スカウター』の2つしかありません。

これら2つのサービスでは、報酬額や形態がかなり異なるので、両者の特徴や違いについては後ほど丁寧に解説します。

メリット2 登録が簡単

ワラジンの2つ目のメリットは、その他の副業系サービスに比べて登録がとても簡単なことです。

一般的な副業サービスだと、最初の登録にメールアドレスなどの入力が必要なことが多いですが、ワラジンなら『LINE』一つでささっと登録ができます。

僕自身、実際にワラジンに登録をしていますが、ワラジンのことを知ってから実際に登録するまでに1分もかかりませんでした。

また、登録後の操作もLINEのメッセージで丁寧にやり方が指示されるので、全体的にとても使いやすいサービスです。

メリット3 手間なく、高報酬が期待できる

ワラジンの最大の特徴はやはり、『手間なく高収入』の報酬が手に入る可能性があることです。

前述しましたが、ワラジンでやることは転職を考えている人をオープンキャリアに紹介するだけでOK。

そのあとのキャリアカウンセリングや転職支援については、すべてオープンキャリアの担当者が行ってくれます。

にも関わらず、実際に転職に成功すると、あなたに数十万単位の報酬が発生する仕組みなのです。簡単にできる割りの良い副業を探している人にぴったりなサービスですね。

ワラジンで副業をするデメリット

ワラジンには良い面もたくさんありますが、同時にいくつかの欠点もあります。

ワラジンで副業をする主なデメリットとしては、以下の2つが挙げられます。

ワラジンのデメリット
  1. 東京周辺でないと利用しづらい
  2. 転職者へのメリットが弱い

東京周辺でないと利用しづらい

ワラジンでは、実際に転職をしなくても自分の紹介者がオープンキャリアの面談を受けた段階で、1万円の『面談報酬』が発生します。

しかし、この面談報酬の条件が『実際にオープンキャリアの本社で面談を受けること』なのです。電話やテレビ電話による面談では報酬が発生しないので注意が必要です。

オープンキャリアの本社は東京の渋谷にあるため、東京から遠い地域にお住まいの方だと、ワラジンによる紹介が難しいという欠点があります。

また、ワラジンが扱う転職先の多くも東京近辺の会社がほとんどなので、東京近辺の方でないとやや使い勝手が悪くなってしまいます。

転職者へのメリットが弱い

ワラジンのもう一つのデメリットとしては、転職者へのメリットが弱いことです。

ワラジンは転職希望者を紹介した人への報酬は手厚い反面、転職者には面談終了後にもらえる『2,000円分のAmazonギフト券』しか報酬と呼べるものがありません。

もちろん場合によっては、転職によって年収が上がるという間接的なメリットこそあるものの、ワラジン自体からの報酬はほとんどないと言って良いでしょう。

転職者への還元という意味では、『スカウター』というサービスの方が充実しているため、ワラジンのデメリットの一つと言えます。

スポンサーリンク

ワラジンで転職希望者を紹介した際の副業報酬

報酬 いくら

https://pixabay.com/photos/money-currency-real-finance-1632052/

次に、ワラジンで転職希望者を紹介した際の報酬の詳細についてご紹介していきますね。

前述したように、ワラジンでは紹介者が面談を行った時に発生する『面談報酬』と、紹介者が実際に転職した際に発生する『入社報酬』があります。

面談報酬は、一人紹介するたびに一律で1万円が報酬となります。上限などはないため、転職希望者を紹介すればするほど報酬が発生するという仕組みです。

一方で、入社報酬は転職した人の年収の10%が報酬となります。例えば、紹介した人が年収600万円の会社に転職した場合の報酬額は60万円です。

転職者の年収が500万円以下の場合には、入社報酬の計算方法が変わります。具体的には、その転職によるオープンキャリアの売上の20%が報酬となります。

例えば、転職者の年収が400万円で、オープンキャリアの売上が3割の120万円だった場合、入社報酬は120万円×20%=24万円です。

本来の計算であれば、400万円×10%=40万円なので、やや報酬額が下がることがわかりますね。

ワラジンの報酬面、より詳しい条件などについては、以下の記事で詳しく解説しているので、併せて読んでみてください。

ワラジン 公式ページ

『ワラジン』の報酬はいくら?類似サービス『スカウター』とも比較!

2019年8月24日

ワラジンで転職者を募集している主な職種

ワラジンでは様々な企業に転職者の紹介を行っていますが、その中でも特に以下のような職種の募集が多いです。

ワラジンの主な募集業種
  • エンジニア求人(エンジニア)
  • クリエイティブ求人(デザイナー)
  • セールス求人(WEBマーケティング)
  • コーポレート求人(人事・経理)

また、ワラジンのQ&Aでは、『この様なご転職者様からご好評いただいています』として、以下のような条件が掲載されています。

●ガツガツした転職エージェントが苦手な方
●信頼できるプライベートエージェントを探されてる方
●初めて転職する第二新卒/20代の方
●ご年収300万円~400万円台の方
●異業種からIT/WEB業界に挑戦したい方

引用:https://blog.warajin.net/qa/2177/

とはいえ、上記に当てはまらない転職希望者でも紹介をすることは可能なので、周りに転職を考えている人がいたら紹介してみましょう。

もちろん、上記に当てはまる人を紹介すれば、『入社報酬』をゲットできるチャンスなので、積極的に紹介していきたいですね。

スポンサーリンク

【転職紹介の副業サービス】ワラジンとスカウターを徹底比較

次に似たような転職紹介の副業サービスである『ワラジン』と『スカウター』の特徴や違いについてご紹介します。

主な相違点については、以下の表にまとめたので、まずはこちらをご覧ください。

ワラジン スカウター
雇用形態 会員登録だけでOK 雇用契約を結ぶ必要あり
紹介形態 紹介のみ 紹介+転職支援
面談報酬 1万円 5000円+時給
入社報酬(基本) 転職者の年収の10% 転職者の年収の5%
被転職者の報酬 Amazonギフト券2,000分(面談終了時) 年収の5%(転職成功時)
転職成功時の最低報酬 なし 15万円

まず大きな違いとして、ワラジンは紹介のみでOKなのに対し、スカウターでは紹介+自分自身で紹介者の転職支援を行う必要があることが分かります。

加えて、ワラジンは無料会員登録だけで副業ができますが、スカウターは事前に『雇用契約』を結ばなければなりません。

自分で紹介者等の転職支援を行う場合には、有料職業紹介免許というものが必要になります。

そのため、スカウターを利用する場合には、これらの免許によって許可される業務を行うために契約を交わす必要があるのです。

なお、ワラジンの場合はあくまで転職希望者を紹介するだけで、実際の支援はオープンキャリアのスタッフが行うため、契約を結ぶ必要はありません。

また、各種報酬に関しても、全体的にワラジンの方が優れています。一方で、前述したように転職者に対しての報酬はスカウターに分があります。

ワラジンとスカウターのより詳しい比較などの関しては、以下の記事で詳しく紹介しているので、どちらのサービスを使うか迷っている人は参考にしてみてください。

ワラジン 公式ページ

なぜ『ワラジン』は最も使いやすい転職紹介系の副業サービスなのか?

2019年8月23日

ワラジンで副業をした利用者の口コミ・評判

口コミ 評判

https://pixabay.com/illustrations/feedback-group-communication-2044700/

次に、ワラジン利用者の口コミ・評判について、いくつかの声をご紹介します。

≪LINEで片っ端から一斉送信してごはんを誘う!/Mさん≫

私はとにかく当たりの確立を増やすことに専念しましたね。
数打ちゃ当たるってよく言いますけど、本当にその通りで、的を絞るよりも結果がすぐ見えるのでやる気にも繋がりました!
友達や出会いが多い仕事をしてる人はやりやすいと思います。

数を増やしたことで毎月の給与明細が「本業+ワラジン」の構図なので余裕が出ました!
本業超えの明細月も出てきましたね。

引用:https://blog.warajin.net/qa/561/

こちらの方は、とにかく多くの人に転職の紹介をすることで成果を出しているようですね。

文中にもあるように、ワラジンは紹介する人が多ければ多いほど報酬面も期待できるシステムなので、人脈が広い人に特にオススメの副業です。

ワラジンでの収入が本業を超える月もあるということで、ワラジンが比較的稼ぎやすい副業であることがわかります。

≪Twitterやインスタで仕事に愚痴を言っている人へ飲み会へ誘う/Aさん≫

今はやっぱりSNSの時代なので使わない手はないでしょう。
どこにいても誰とでも繋がれるので、駆使しないと本当にもったいないです!

SNSを通じて話を聞いてもらうポイントとしては、必ず自分のアカウントページもしっかり更新しておくこと。
なるべくプライベートな内容をつぶやいて人となりが伝わるようにします。
ので嫌悪感を与えないように徹底していましたね。

徹底していた分、口コミで勝手に広まっていくので楽して集客できた利点も大きかったです。

引用:https://blog.warajin.net/qa/561/

こちらの方は、SNSを使った口コミ戦略で集客をしているようです。確かに今の時代、誰もがSNSを使っているので、これを利用しない手はないですね。

コツは『自分のアカウントページもしっかり更新しておくこと』とのこと。これは、ワラジンに限らず、副業でSNSを利用する際のコツと言えます。

ワラジンの評判だけではなく、実際に『どのような戦略で稼いでいるのか』も知ることができるので、口コミを調べるのはとても大切ですね。

≪自分が転職支援してるとアピール!/Yさん≫

就職活動って大変じゃないですか。
見つからないと毎日時間だけが過ぎていく気がして不安だし見つかっても希望通りの内容じゃなかったり・・
自分も経験しているからこそ理解できる不安にとにかくまずは共感してあげるんです。

弱っているときほど心を開いてくれるものなので頼りたくなる心理も少し利用しちゃいます。

実際本人の希望通りの職を紹介してくれるオープンキャリアだから出来るんですけどね。
ちなみに自分もオープンキャリアで転職してからやりがいを感じてるので、最近結構たのしいです

引用:https://blog.warajin.net/qa/561/

こちらの方は、自身もオープンキャリアを利用して転職をしています。

自分が使ってみてメリットを感じたサービスであれば、他の人にも勧めたいと思うのは当然ですね。

相手の不安にとにかく共感して挙げるという姿勢もとても参考になります。

頼りたくなる心理を利用と聞くと「それはちょっと」と思うかもしれませんが、それで本人も無事転職できたならその方が相手にとっても良いと思いませんか?

≪会話に出る「仕事の不満」を拾う!/Rさん≫

自分もそうなのですが、仕事をする上で感じる不満やネックになる部分って誰でもあると思うんですよ。

例えば営業職で「飛び込みばかりでいつも動いている」という人であれば、顧客の層を限定している企業を紹介するとか、私服通勤がよくてでネイルを我慢したくないない女の子には、ある程度融通の利くベンチャー企業を紹介するとか、なんでも良いんですけど、不満の逆を考えて切り返してあげることですね。

一番ネックになってることから遠いものを提示してあげてます。

引用:https://blog.warajin.net/qa/561/

なんだか口コミというよりは、どうやってワラジンを使うのかというノウハウ講座みたいになってきました。

とはいえ、転職相談などで一番大事なのは、やはり「相手の話に親身になってあげること」というのは間違い無いでしょう。

以下の記事で、ここで紹介した内容以外の口コミ・評判も紹介しています。

できるだけ多くの人の声を聞いてから利用するかどうか判断したい方は、ぜひこちらの記事も併せて目を通してみてください。

ワラジン 公式ページ

【ワラジン】転職紹介系副業サービスの口コミ・評判を徹底調査!

2019年8月23日

ワラジンへの登録方法

登録 サインアップ

https://pixabay.com/illustrations/sign-up-button-icon-web-internet-1922238/

ここまでの記事を読んで、ワラジンに興味を持った人は、さっそくワラジンへの登録を行いましょう。

ワラジンのメリットでもお伝えした通り、ワラジンへの登録はLINEだけで簡単に行うことができます。登録の流れは以下の通り。

ワラジンへの登録方法
  1. LINEで友達追加
  2. 紹介コードの確認

ワラジンによる転職希望者の紹介は、以下の画像のような『紹介コード』を通して行うので、必ず最初に登録〜紹介コードの発行を行っておきましょう。

また、ワラジンでは下図で『紹介コードで自己エントリーする』という選択肢が用意されているように、自分の転職に対しても利用することできます。

自分で転職活動を行う場合も、しっかりと『面談報酬』『入社報酬』が発生するので、転職経由は必ずワラジンを経由して行いましょう。

ワラジン 紹介コード 確認

万が一、ワラジンへの登録方法などが分からない場合は、以下の記事で画像付きでステップごとに細かく解説しているので参考にしてみてください。

ワラジン 公式ページ

【ワラジン】手軽にできる転職副業サービスへの登録方法をご紹介!

2019年8月23日

ワラジンの運営会社情報

株式会社オープンキャリア

https://www.open-career.jp/

最後に、ワラジンを運営している株式会社オープンキャリアの会社情報をご紹介します。

会社名 株式会社オープンキャリア
設立日 2014年11月
代表取締役 田中 俊彦
所在地 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.S.ビルN棟 2階
株主 株式会社アイモバイル
資本金 5,000,000円
コーポレートサイト https://www.open-career.jp/
主な事業
  • 人材紹介事業
  • 求人メディア事業

株主のアイモバイルは、東証一部上場を果たしている大企業であり、オープンキャリアはその子会社です。

よって、信頼性のかなり高い会社と言えるでしょう。実際に、オープンキャリア経由の転職で年収が上がったという声もよく見かけます。

オープンキャリア自体、もともと人材紹介事業を営んでいるため、友人などを紹介する際も安心して任せることができます。

会社の信頼性やサービス実績などから考えても、ワラジンはかなり信頼性が高く安全なサービスと言えるでしょう。

転職紹介の副業サービス『ワラジン』 まとめ

今回は、転職紹介の副業サービス『ワラジン』について一通りの内容をご紹介しました。

特定の会社に関係のない第三者が転職希望者を紹介できる主な副業サービスとしては、現状『ワラジン』と『スカウター』しかありません。

報酬面では圧倒的にワラジンの方が優れているので、結果的に転職紹介の副業を行うなら『ワラジン』の利用を強くお勧めします。

周りに転職を考えている人がいる方や、自身の転職を考えている人は、ぜひこの機会に『ワラジン』を使ってみてください。

ワラジン 公式ページ

web+おすすめの副業の記事

web+運営部が、副業を始めたい方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

Saleshub(セールスハブ)とは?ビジネスマン・営業マンの副業におすすめ。

2018年6月11日



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。