【ビデオキャッシュ】日本初の動画売買サイトを日本一詳しく紹介!

この記事では、日本初の動画販売サイト『ビデオキャッシュ』について様々な角度からご紹介します。

『ビデオキャッシュの仕組み』から『投稿できる動画の基準』『動画の値段』や『採用・購入されやすい動画のコツ』『著作権』などの情報を網羅的にまとめました。

あなたのスマホに眠る動画がもしかしたら、数万円〜数十万円で売れるかも?さっそく、ビデオキャッシュの詳細をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ビデオキャッシュとは?

ビデオキャッシュ

https://www.videocash.tv/gardenia/

もしも、あなたのスマホの中に眠る動画が『数万円〜数十万円』になったら、とても嬉しいですよね。

そんな夢を叶えるのが、NEXT VISION株式会社が運営する日本初の動画売買サイト『ビデオキャッシュ』。

スマホなどで撮影した動画をビデオキャッシュに投稿し、その動画がテレビメディアなどに購入されると、動画のランクに応じた報酬を受け取ることができるのです。

面白さやインパクトのある動画であれば、一般人がスマホで撮影した動画でも購入されるのがポイント。今や誰もが持っているスマホ1つで簡単にお金が稼げる可能性があります。

スポンサーリンク

ビデオキャッシュの仕組み

ビデオキャッシュ 仕組み

https://www.videocash.tv/gardenia/

動画の売買と言われても、あまりイメージできないのではないでしょうか?なので、ビデオキャッシュの仕組みについてざっとご紹介します。

ビデオキャッシュの基本的な仕組みは以下の通りです。まず、①ビデオキャッシュの審査に合格し、その後②企業側に動画が購入された時点で報酬が発生します。

ビデオキャッシュで動画が売れる仕組み
  1. 撮影した動画をビデオキャッシュに投稿する
  2. ビデオキャッシュの運営が、投稿された動画を審査
  3. 買い手側(企業側)メディアとの交渉
  4. 買い手側が動画を購入
  5. 動画のランクに応じて、報酬の支払い

投稿した動画がビデオキャッシュの審査に通った後は、ビデオキャッシュの担当者が『企業側(テレビ局など)』への営業を行ってくれます。

そのためユーザー(動画投稿者)は、動画を投稿したあとは何もしなくても、勝手に動画が売れて報酬が入ってくる可能性があるのです。

ビデオキャッシュへの投稿動画、相場はいくら?

ビデオキャッシュ 報酬

https://pixabay.com/photos/money-money-tower-coins-euro-2180330/

ビデオキャッシュに投稿した動画が購入された場合、どれくらいの報酬が入ってくるのか気になりますね。

ビデオキャッシュの報酬体系は基本的に、以下のように動画のランクによって決められています。

ビデオキャッシュの動画の値段
  • Dランク:12,000コイン
  • Cランク:24,000コイン
  • Bランク:48,000コイン
  • Aランク:72,000コイン
  • Sランク:ビデオキャッシュと企業側で交渉の上、報酬額を決定

※ビデオキャッシュの報酬は『コイン』という形で受け取ることになります。(1コイン=1円相当)

ビデオキャッシュからの出金について

ビデオキャッシュのマイページから『振込申請』を行うことで、所持しているコイン相当の金額が指定した銀行口座に振り込まれます。

振込申請を行うには、5,000コイン以上を所持している必要がありますが、一番ランクの低い動画でも『12,000コイン』の基本報酬なので、実質的に制限はないと言えます。

また、報酬の振込時は振込・事務手数料として『216円』がかかります。よって、手取りは報酬金額マイナス216円です。

ビデオキャッシュの動画の値段や振込申請については、以下の記事でより詳しくご紹介しているので、併せて読んでみてください。

ビデオキャッシュ

ビデオキャッシュの動画はいくらで売れる?Youtubeとも比較!

2019年8月6日
スポンサーリンク

ビデオキャッシュに投稿できる動画は?

ビデオキャッシュ 動画1

https://pixabay.com/vectors/video-template-website-youtube-1606945/

ビデオキャッシュに投稿する動画には、いくつかの制限があります。

投稿できる動画の条件
  1. ビデオキャッシュ以外のサイトに投稿していない動画
  2. 動画サイズは4Gまで。形式はm4v、mp4、mov
  3. 第三者の著作権や肖像権などを侵害していない動画

なお、この3つの条件以外にも細かい制限やルールがあります。詳しくは、ビデオキャッシュの利用規約第11条をご覧ください。

条件1、ビデオキャッシュ以外のサイトに投稿していない動画

ビデオキャッシュに投稿できるのは、その他のサイトに投稿していない動画のみです。

例えば、YoutubeやTwitterなどに投稿した動画は、ビデオキャッシュに投稿することができない(投稿しても審査に落ちる)ので、注意しましょう。

条件2、動画サイズは4Gまで。形式はm4v、mp4、mov

ビデオキャッシュに投稿する動画のサイズは4Gまで。とはいえ、4Gサイズはどんなに高画質な動画でも6時間くらいは撮影できるので実質的に制限はありません。

また、投稿する動画のファイル形式についても定めがあります。具体的には『m4v』『mp4』『mov』の3種類です。

iPhoneの動画形式は『mov』、Androidの場合は『mp4』がデフォルトになっているので、設定をいじっていない場合は、スマホで撮影した動画をそのまま投稿できます。

条件3、第三者の著作権や肖像権などを侵害していない動画

無断で他人を撮影した動画や著作権・肖像権に反する内容の動画は、当然ですが投稿することができません。

不特定多数が往来する道路上で撮影した動画などでは、通行人が一瞬映るくらいなら採用される可能性はありますが、露骨に他人の権利を侵すような動画はNGです。

採用・購入されやすい動画の傾向

ビデオキャッシュ 採用動画5

https://www.videocash.tv/lp/variety01/

ビデオキャッシュに投稿した動画がお金に変わるためには、2つの壁を越える必要があります。

1つは、ビデオキャッシュの審査に合格するかどうか。もう一つは、審査に合格した動画が企業に購入されるかどうかです。(前者を『採用』、後者を『購入』と表記します。)

ビデオキャッシュのサイトでは、購入されやすい動画として『面白い・またはびっくりするような動画』と明記されています。

また、動画の水準として『1080HD以上』の画質であることや、スマホを横向きにしての撮影することなどが推奨されています。

ビデオキャッシュ

【ビデオキャッシュ】採用される動画の特徴は?投稿方法も解説!

2019年8月1日
スポンサーリンク

ビデオキャッシュに投稿した動画の著作権は?

ビデオキャッシュ 著作権

https://pixabay.com/illustrations/copyright-protection-intellectual-3360802/

ビデオキャッシュを利用する際に気をつけたい点として『著作権』の問題があります。

ビデオキャッシュの利用規約では、動画が『採用』された時点で、著作権はビデオキャッシュ(NEXT VISION株式会社)に移行するとあります。

つまり、たとえ撮影したのが自分だとしても、ビデオキャッシュに採用された後に動画を無断で他のサイトにアップしたり、複製することは著作権法違反になるのです。

そもそも著作権とは何かであったり、ビデオキャッシュを利用する際に気をつけたい著作権のポイントについては以下の記事で解説しているので、必ず目を通しておいてください。

ビデオキャッシュ 著作権

徹底調査!ビデオキャッシュに投稿した動画の著作権ってどうなるの?

2019年8月2日

ビデオキャッシュの評判・口コミ

ビデオキャッシュ 評判

https://pixabay.com/illustrations/feedback-group-communication-2044700/

ビデオキャッシュの評判や口コミを調べてみましたが、今のところ目立った悪評はなく、概ね良いサービスだとする声が大半です。

唯一、明確な悪評と言えるのが、Twitterに投稿された以下のツイート。

ビデオキャッシュはTwitter上で面白い動画を投稿している人に対して、積極的に営業活動を行っているのですが、それに関連した意見ですね。

悪評と言えば悪評ですが、ビデオキャッシュの運営会社代表でもある松山氏が丁寧に対応していることもあり、個人的には好印象を持ちました。

その他、ビデオキャッシュに関する良い口コミや、評判などを調べた結果わかったことなどは以下の記事にまとめているので、併せて読んでみてください。

ビデオキャッシュ

【徹底調査】ビデオキャッシュの評判・口コミをまとめてみた

2019年8月10日

ビデオキャッシュへの登録方法

ビデオキャッシュ サインアップ

https://pixabay.com/illustrations/sign-up-button-icon-web-internet-1922238/

ビデオキャッシュへの登録はとても簡単で、メールアドレス1つあれば誰でも登録することが可能です。また、登録さえすれば、誰でも動画を投稿することができます。

ビデオキャッシュへの登録手順
  1. 公式ページへ移動
  2. 会員登録情報の入力
  3. メールの確認
  4. ビデオキャッシュへの本登録〜ログイン

ただし、実際に動画が購入されて報酬を引き出す際など、本格的にビデオキャッシュを使う場合には、名前住所振込口座といった情報の設定が必要です。

これらの設定もいずれ必要になるものなので、登録したと同時にあらかじめ設定しておくことをお勧めします。

ビデオキャッシュへの登録方法および必要情報などの設定方法に関しては、画像付きで解説している以下の記事の内容が参考になるでしょう。

ビデオキャッシュ

ビデオキャッシュの登録〜設定のやり方を画像付き&ステップで解説!

2019年8月1日

ビデオキャッシュの運営会社情報

ビデオキャッシュ 会社

http://www.next-vision.co.jp/

最後にビデオキャッシュを運営しているNEXT VISION株式会社についてご紹介します。

会社名 NEXT VISION株式会社
設立日 2017年5月2日
代表取締役 松山 功
所在地 〒106-0044 東京都港区東麻布2-6-5 タトルビル1階WEST-a
コーポレートサイト http://www.next-vision.co.jp/
資本金 300万円(2017年5月時点)
従業員 5名
主な業務内容
  • 動画制作及び販売業
  • 広告代理店業
  • メディアコンサルタント業
  • 芸能プロダクション
  • 音楽制作及び販売業

代表の松山氏はもともと20年以上に渡って、複数のテレビ局でディレクターやプロデューサーを務めた経歴を持っています。

また、ビデオキャッシュに投稿された動画が実際にテレビに使用された例もあります。(フジテレビ:『命の最前線!救命救急24時』)

比較的新しい会社ではあるものの、会社やビデオキャッシュというサービスの信頼性はかなり高いと言って良いでしょう。

ビデオキャッシュ まとめ

ビデオキャッシュ 登録ページ

https://www.videocash.tv/lp/news01/

今回は、日本初の動画売買サイト『ビデオキャッシュ』について様々な角度からご紹介しました。

今や、ほぼ全員がスマホを持つ時代だからこそ、多くの人が衝撃的なあるいは面白い動画を撮るチャンスはどんどん広がっています。

誰でもふとした拍子に面白い・インパクトのある動画を撮影し、それがお金に変わるビデオキャッシュというサービスはとても画期的ですよね。

あなたのスマホにもいくつか動画があるはず。Youtubeなどに投稿していないなら、早速ビデオキャッシュに投稿してみてはいかがでしょうか?

ビデオキャッシュ



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。