ビデオキャッシュの動画はいくらで売れる?Youtubeとも比較!

この記事では、日本初の動画売買サイト『ビデオキャッシュ』では、いくらくらいの相場で動画が取引されているのかについてご紹介します。

また、Youtubeとの比較もしているので、ビデオキャッシュとYoutubeのどちらに動画を投稿した方が稼げるのかがわかります。

報酬に関連した『振込申請方法』や『出金時の手数料』、『振込までの日数』などについても併せて紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

ビデオキャッシュとは?

ビデオキャッシュ

https://www.videocash.tv/gardenia/

ビデオキャッシュは、NEXT VISION株式会社が運営している日本初の動画売買サイトです。

Youtubeのように再生数による報酬支払いではなく、動画1本あたりいくらという取引がされるので、継続的に動画を投稿せずとも、1本の動画でお金を稼ぐことができます。

もちろん、全ての動画が購入されると言うわけではありませんが、スマホでたまたま撮影した動画で数万円を稼げるのはとても魅力的ですね。

ビデオキャッシュで採用されやすい動画のカテゴリや、撮影時のコツに関しては以下の記事で詳しく紹介しているので併せて読んでみてください。

ビデオキャッシュ

【ビデオキャッシュ】採用される動画の特徴は?投稿方法も解説!

2019年8月1日
スポンサーリンク

ビデオキャッシュの『採用』と『購入』について

ビデオキャッシュに投稿した動画が売れるまでの流れとしては、以下のようなフローをたどります。

ビデオキャッシュの基本的な流れ
  1. 撮影した動画をビデオキャッシュに投稿
  2. ビデオキャッシュの運営が、投稿された動画を審査
  3. 買い手側(企業側)メディアとの交渉
  4. 買い手側が動画を購入
  5. 動画のランクに応じて、報酬の支払い

web+のビデオキャッシュに関する記事では、『ビデオキャッシュ側の審査』をパスすること(上記でいう2番)を『採用』、『企業側が動画を購入する』ことを『購入』と表現しています。

報酬が発生するのはあくまで『購入』が行われたときであり、『採用』は売れる可能性があるというだけなので、この2つを混同しないようにしましょう。

投稿した動画が売れた場合の値段相場はいくら?

ビデオキャッシュ 報酬

https://pixabay.com/photos/money-money-tower-coins-euro-2180330/

ビデオキャッシュに投稿した動画の値段は、以下のようにランクごとにあらかじめ決められています。

ビデオキャッシュの動画の値段
  • Dランク:12,000コイン
  • Cランク:24,000コイン
  • Bランク:48,000コイン
  • Aランク:72,000コイン
  • Sランク:ビデオキャッシュと企業側で交渉の上、報酬額を決定

※ビデオキャッシュに投稿した動画が購入された際の報酬は『コイン』によって支払われます。コインのレートや現金化の方法については後述します。

残念ながら、どのような基準でランク付けがされているのかは公開されていません。ビデオキャッシュは『面白い・びっくりするような動画』が購入されやすいと記載しています。

スポンサーリンク

ビデオキャッシュの報酬は『コイン』、1コインいくら?

前述したように、ビデオキャッシュを通して売れた動画の報酬は『コイン』によって支払われます。

コインのレートは『1コイン=1円』です。所持コイン数をそのまま『円』に直せばいいだけなので、計算は簡単ですね。

例えば、最低ランクのDランクの場合、報酬は12,000コイン。つまり、あなたのスマホで撮った動画が12,000円で売れる計算になるわけです。

振込申請をすることにより、所持コイン相当の現金が、指定した銀行口座に振り込まれるという形式になっています。

独占購入で最大10倍の値段がつく!

ビデオキャッシュを通して売れた動画の報酬額に関して前述しましたが、実はその報酬額が最大で10倍になる場合があります。

その条件とは『会員企業(メディア)によって、独占的に購入されること』。あなたが投稿した動画を企業が独占購入した場合、最大でランクごとの基本報酬額の10倍の金額を手にすることになります。

基本的には、ビデオキャッシュに投稿した動画はどの企業でも購入することができます。しかし、独占的に購入した場合には、購入した会社以外への販売がされなくなります。

希少性に加えて、本来であれば複数の企業から購入される可能性のある動画が1企業にしか販売されないので、その補填として報酬額が増加すると考えられます。

例えばBランクの動画の場合、基本報酬が48,000コイン(円)なので、独占購入された場合には最大で『480,000コイン(48万円)』が支払われることに!

ただし、あくまで”最大”10倍なので、独占購入された動画全ての報酬が10倍になるとは限らない点は覚えておきましょう。

スポンサーリンク

【比較】Youtubeに投稿した動画、1再生あたりいくら?

ビデオキャッシュ Youtube

https://pixabay.com/vectors/youtube-button-website-link-url-667451/

動画による収益化として最も代表的なのが『Youtube』でしょう。Youtubeでは動画そのものではなく、再生数に応じた報酬が支払われる形式です。

もちろん、全ての動画で一律というわけではありませんが、平均して『1再生=0.1円前後』が相場と言われています。

また、Youtubeは近年『収益化条件の厳格化』が行われました。具体的には以下の条件を満たさないとそもそも収益化ができないのです。

Youtubeの収益化条件
  • チャンネル登録者1,000人以上
  • 過去12ヶ月の動画総再生時間4,000時間以上

これらの条件により、例えばとある動画がバズって100万回再生されたとしても、チャンネル登録者が1000人未満だと1円たりともお金が入ってきません。

Youtubeの収益計算について

Youtubeの収益は厳密には、再生数に加えて再生時間などによっても単価が変動します。また、企業案件など動画外で報酬が絡むケースもあります。

これらを踏まえると、単純に『1再生=0.1円』と計算するのはやや不正確と言えるでしょう。

当記事では、Youtubeの収益計算方法がテーマではないことや、イメージのしやすさを考えて、『1再生=0.1円』を基準に話を展開しています。

ビデオキャッシュの動画の値段=Youtubeの〇回再生

ビデオキャッシュで一番ランクの低いDランクの動画の報酬は『12,000コイン(円)』。この金額をYoutubeで稼ごうと思ったら、約12万回再生が必要になる計算です。

ビデオキャッシュAランク相当であれば、Youtubeでは約72万回の再生数が必要。これは、本気でYoutuberをしていてもなかなか叩き出せる数字ではありません。

72万回もの再生数を稼ごうと思ったら、多くの人に見てもらえるような質の高いコンテンツを定期的に更新する必要があります。

その努力に相当する報酬が『スマホで撮影した、たった1本の動画』で手に入るわけですから、いかにビデオキャッシュが副業に適したサービスであるかがわかりますね

ビデオキャッシュの報酬を引き出すには?手数料はいくら?

ビデオキャッシュで得た報酬を引き出すためには、振込申請を行う必要があります。申請を行うことで、獲得コイン相当の現金が振り込まれることは前述しましたね。

ここからは、具体的な振込申請の手続き方法をステップ形式でご紹介します。

振込申請方法1 マイページを開く

ビデオキャッシュ 振込方法1

https://www.videocash.tv/gardenia/posterTop

ビデオキャッシュのマイページ画面左にある『振込申請』をクリックします。(ビデオキャッシュへのログインページはこちら

振込申請方法2 振込先の記入

ビデオキャッシュ 振込先

https://www.videocash.tv/gardenia/transferInputBank

上図のようなメージが表示されるので、振込先の銀行口座情報が正しいかを確認してください。

振込先口座をあらかじめ設定していない場合や、銀行口座の変更等がある場合は、右上の『編集』から、正しい口座情報を入力しましょう。

振込申請方法3 振込申請額などの記入

ビデオキャッシュ 振込額

https://www.videocash.tv/gardenia/transferInputCoin

次に上図のような画面が表示されるので、ここで希望する振込金額を記入してください。

なお振込申請に関しては、赤文字で書いてあるように、『振込手数料』と『事務手数料』として216円が元の報酬額から差し引かれます。(利用者負担)

例えば、12,000コイン(円)の振込申請であれば、12,000マイナス216円で『11,784円』が手取りの金額です。

ビデオキャッシュの振込申請はいくらから?振込日は?

ビデオキャッシュ 出金

https://pixabay.com/photos/atm-money-cash-payment-finance-2923515/

ビデオキャッシュの振込申請は『最低5,000コイン(円)』から行うことができます。

とはいえ、最低のDランクであっても基本報酬額が12,000コインなので、実質『動画が1本でも売れたら即出金手続きができる』と考えて問題ありません。

また、振込申請を行ってから実際に入金がされるまでにはタイムラグが発生します。ビデオキャッシュのヘルプページには以下のように明記されています。

振込可能となる最短日時は会員企業(メディア)からの入金を確認後、翌月末となります。

引用:https://www.videocash.tv/gardenia/help

例えば、7月に振込申請をした場合、メディアからの入金にトラブルがなければ、8月31日前後に申請した金額が振り込まれるイメージです。

即金性という面では少しタイムラグが長いので、『今すぐにお金が欲しい!』という人には向いていないかもしれませんね。

ビデオキャッシュの振込申請に関する注意事項

ビデオキャッシュの振込申請を行うにあたって、『ビデオキャッシュに登録した住所氏名と振込口座の名義が一致していないとそもそも振込申請ができない』というルールがあります。

そのため、基本的に『ビデオキャッシュに登録する住所氏名』は正しい情報を入力しておく必要があるのです。

ビデオキャッシュの会員情報の入力、変更に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので、必ず振込申請ができるようにしておきましょう。

ビデオキャッシュ

ビデオキャッシュの登録〜設定のやり方を画像付き&ステップで解説!

2019年8月1日

ビデオキャッシュに投稿した動画はいくら? まとめ

今回は、ビデオキャッシュに投稿した動画の『報酬面』についてご紹介しました。

動画のマネタイズとして一番有名なYoutubeは、確かに継続して動画を投稿し続ければ、ある程度は安定して収入を得ることができます。

一方で、ビデオキャッシュの場合には、継続をしなくても1本の動画でそれなりの金額を稼げる可能性があります。

動画を撮ることは多いけど、Youtubeとかにはアップしていないという人は、ぜひビデオキャッシュに動画を投稿してみてはいかがでしょうか?

ビデオキャッシュ

web+おすすめの副業の記事

web+運営部が、副業を始めたい方向けに絶対に読んでほしい記事を厳選しました!

ぜひ目を通してみてください。

Saleshub(セールスハブ)とは?ビジネスマン・営業マンの副業におすすめ。

2018年6月11日



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。