タスカジってトラブルが多いの?家政婦の立場での対処の仕方

『タスカジ』という家事代行マッチングサイトをご存知でしょうか。

仲介企業のタスカジ自体が多くの仲介料を取らないことで、依頼者の負担も少なく、タスカジを利用して家政婦として働く人(タスカジさん)の報酬も高いことで注目を浴びています。

しかし、「その分トラブルなども多いのでは?」と不安の声が上がっています。今回は噂の原因とトラブルが起きたその場での対処の仕方についてご紹介します。

タスカジさん…タスカジを利用して家政婦業を行っている人のこと

スポンサーリンク

家事代行マッチングサイト『タスカジ』とは

「タスカジ」は、従来の家事代行サービスと違い、代わりに家事をしてほしいと願う「依頼者」と空いた時間で家事をして収入が欲しい「タスカジさん」とのマッチングサービスです。

そのため、依頼者の元に家政婦を派遣する家事代行サービスよりも安価で、家政婦に入る報酬も高いという点が注目を浴びています。

タスカジに登録した後に2回の面接を行い、研修も行っているので、家政婦の経験が全くない人であっても、不安なく始めることが出来ます。

スポンサーリンク

「タスカジ」の家政婦登録には一定の基準設定がある

タスカジは登録した後に以下の審査と研修が準備されています。この基準があるため依頼者は安心して家政婦を家に迎え入れることが出来るのです。

タスカジさん登録の流れ
  • 全員写真付きの身分証で確認
  • 2回の面接とテストに合格しないと登録できない
  • 研修あり

出展:タスカジさんの登録に際して面接や教育は実施していますか?

テストでは『段取りの良さ』『丁寧さ』『主体性』など家事を代行するにあたって重要な要素を判断基準としています。

また、タスカジでは利用者がタスカジさん(家政婦)に対するレビューを投稿できるようになっているので、何か不満があったときはレビューに反映されるようになっています。

タスカジで仕事をするとトラブルが多いってホント?

家政婦の仕事は、依頼者の自宅にお邪魔することになります。となると食器や家具などを壊してしまったりすることはどうしてもあり得ることです。

その為に細心の注意を払い続けることが必要になりますし、家の中にあるものに触れるときには依頼者の許可を取って行動する必要があります。

タスカジ以外の他社の家事代行サービスでもマニュアルがあり、マニュアルを遵守させているようです。

いくつかある家事代行サービスの中でも、トラブルが本当にタスカジが目立って多いのか、調べてみましたが「タスカジはトラブルが多い」という情報は見当たりませんでした

スポンサーリンク

検索候補に「タスカジ トラブル」と上がってきてしまうだけ

調べてみると一つの原因が見えてきました。タスカジと他社のサービスとの大きな違いが「依頼者」と「家政婦」の直契約であること。

つまり、何かトラブルがあった際には依頼者とタスカジさん(家政婦さん)の双方で解決しなければならないのです。

そのため、タスカジを利用して家事代行を行う家政婦さんは、トラブルが起きた時にインターネット上で「タスカジ トラブル」で検索して、解決するための参考にする方が多いようです。

検索候補は検索された回数が多い順に表示されるので、上記の画像でも分かるように、検索窓に「タスカジ」と入れると、候補欄に「トラブル」という候補が出てくるようになっています。

これが、「タスカジではトラブルが多発しているのではないか?」と思われる原因です。

ただ、前述したように、タスカジだからと言ってトラブルが多いという訳ではないようです。

タスカジでは依頼者とのトラブルは直接対処する

タスカジで家政婦として仕事をするのであれば、依頼者とのトラブルに関しては家政婦自身が対処をしなければならないと覚えておきましょう。

基本的には依頼者からのリクエストなどは、直接その場で伝えてもらったり、メッセージで送られてきます。トラブルに関してもその場で依頼者から直接伝えてもらうことになっています。

タスカジでは家政婦として派遣登録をするわけではないので、依頼者の所有物を壊してしまった場合、最悪全額負担しなければならなくなります

スポンサーリンク

実際にトラブルが起きてしまった場合は?

実際にトラブルが起きてしまった場合には、基本的には依頼者から意見を受け、その場での対処をするのが最善です。

物を壊してしまったなどのトラブルであれば、以下のような対処をする方が多いようです。

損害が出てしまった場合の対処
  • 被害額が少額の場合…その場で依頼者に対して謝罪と被害額の支払い
  • 被害額が高額の場合…タスカジに連絡した後対処をする(最悪の場合、全額自己負担)

トラブルは事前に防ぐことが出来るものがほとんどです。業務に何か必要な物や依頼者からリクエストされていない業務などを行う場合は、一度依頼者に確認を取り、無闇に家の中のものに触れない方が良いでしょう。

初心者はトラブルについてタスカジ相談窓口で電話相談が可能

タスカジさんの中には、家政婦としての仕事経験が浅い方も多く、依頼者からのリクエストやトラブルに対して速やかに、適切な行動を取ることができない方もいます。

依頼者からのリクエストに応じて仕事に必要な物は変わりますし、依頼者側が用意してくれるものもあります。タスカジでは、登録から最初の3ヶ月は相談窓口を利用して電話で相談ができるんですよ。

トラブルに対する対処に関すること以外にも、仕事に関する相談など、専門のスタッフが丁寧に対応してくれますので、ぜひ利用してみて下さい。

相談内容に関して一番多いのが、持ち物についてです。以下のものは基本的に持って行った方が良いでしょう。

タスカジさんが持って行くべき物一例(掃除の場合)
  • 【全体】雑巾2枚(薄手の古タオルでも可)、ティッシュ、使い古しの歯ブラシ
  • 【キッチン】シンク用スポンジ
  • 【トイレ】トイレ用ウエットシート
  • 【風呂/洗面所】お風呂用スポンジ

※その他掃除に必要な洗剤などは依頼者側で用意してもらうことになっています。お仕事の前に用意があるか確認をすることでお仕事がスムーズに進むでしょう。

トラブルを起こすと減給や仕事依頼が来ないことも…

依頼者のリクエストにしっかりと答えられなかったり、トラブルが起きてしまった場合には、仕事の後に依頼者が記入するレビューで良くない評価を受けてしまうことがあります。

レビューは他の依頼者にも閲覧ができるようになっているので、依頼件数が減ったり、減給に繋がってしまいす。

依頼者は誰かもわからない人を家政婦として内に招き入れるので、レビューを吟味して家政婦さんを厳選します。出来る限り悪いレビューが付かない様にしましょう。

良いレビューがもらえると、仕事の依頼が増えたり、収入もアップしますよ。

タスカジでは何も資格を持っていない人でもOK!

家政婦代行と聞くと『家事・育児の専門家』というイメージがありますが、タスカジを利用して仕事をするにあたっては特に資格などは必要ありません

日々自宅で家事をしている人は、資格などが無くても十分プロフェッショナルです!自分では普通だと思っていることであっても、他の人からするととても価値のある能力だったりするものです。

特にタスカジでは、食事の作り置きなどをするタスカジさんが多く、レビューにも美味しそうな食事の写真が上がっています。私も家事はあまり得意ではないので、タスカジでお願いしようかと思ってしまいました!

時間に余裕のある30代~40代が活躍中

家事代行の家政婦さんとしてタスカジを利用している方の中には、お子さんが大きくなり手がかからなくなった30代~40代の主婦の方多く登録しています。

若い新米主婦の依頼者からの依頼などが多いので、仕事をしながら家事のコツなどをレクチャーすることで依頼者との親密度も上がり、リピートされるタスカジさんも多いようです。

家事をすることが当たり前になっている方は、家事を仕事として報酬を貰いながら、タスカジさんとして働いてみてはいかがでしょうか?


ABOUTこの記事をかいた人

web+運営部

web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。