ワークシップエージェントで時給4,000円以上の案件確定!

この記事では、フリーランス向けの案件マッチングサイト『ワークシップエージェント(Workship AGENT)』についてご紹介します。

案件のマッチングだけではなく、担当のエージェントがあなたに変わって案件探しや条件交渉を行ってくれます。

こんな悩みありませんか?
  • スキルには自信があるけど、営業が苦手…
  • 自分は業務に専念したい
  • もっと好条件の案件に関わりたい

上記のように考えているフリーランスの方にぴったりのサービスなので、早速中身をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

ワークシップエージェントとは?

『ワークシップエージェント』は、株式会社GIGが運営するフリーランス向けの案件マッチングサイトです。

一般的なクラウドソーシングサイトとは違い、ワークシップエージェントの案件は、高いスキルが求められる反面、全ての案件で高収入が期待できるプロジェクトとなっています。

とはいえ、フリーランス向けのマッチングサイトであり、働く日数やリモートワークなど柔軟な働き方が可能です。

ワークシップエージェントで扱われている案件は基本的に『デジタル』に関わるものなので、特にエンジニアやwebデザイナー向けの案件が多くあります。

ワークシップ  株式会社GIG

ワークシップを運営する株式会社GIGの正体!LIGとの関係は?

2019年7月9日
スポンサーリンク

ワークシップとワークシップエージェントの違い

株式会社GIGは、『ワークシップエージェント』と似たサービスとして『ワークシップ 』というものを展開しています。

これらのサービスの主な違いは以下の通りです。似ているようで違う点が結構あるので、自分にあったサービスを選びましょう。

ワークシップエージェント ワークシップ
サービス内容 エージェント 求人プラットフォーム
審査 あり なし
条件交渉 エージェントが代行 自分で行う
こんな人にオススメ
  • 営業活動を任せて仕事に集中したい人
  • 自分のスキルに自信がある人
  • 営業も含めて自分で行いたい人
  • フリーランス駆け出しの人

ワークシップエージェントへの登録には審査が必要であること、エージェントが付くことが、ワークシップとの大きな違いです。

「スキルには自信があるけど、営業が苦手で…」という方には『ワークシップエージェント』がオススメ。逆に、自分でバンバン営業もしたいという方は『ワークシップ』がオススメです。

ワークシップ フリーランス

【ワークシップ】無料で使えるフリーランス向け求人サイトを徹底解説

2019年7月2日

エージェントってどんなサービス?

エージェントとは、営業や条件交渉、契約の締結といった作業を、フリーランスに変わって行ってくれる人・サービスのことを言います。

エージェントサービスを使うことで、余計な労力をかけることなく、目の前の仕事に集中できるのが利点ですね。

ワークシップエージェントには、このエージェントサービスが元から備わっていますが、それ以外にもフリーランス向けのエージェントサービスは多数存在するので、都合に合わせて活用してみてはいかがでしょうか?

ワークシップエージェントで募集しているフリーランス職種

ワークシップエージェントはデジタル・web関連の案件に特化しているため、募集しているフリーランスの職種も必然的にデジタル・webに関連するものとなります。

具体的に募集をしているフリーランスの職種は以下の6種となっています。

ワークシップエージェントの募集職種
  1. エンジニア
  2. デザイナー
  3. ディレクター・プランナー
  4. マーケティング
  5. 広報・人事
  6. 財務

『ワークシップ 』の方で公開されている募集案件では、エンジニア・デザイナー系の案件が多数を占めていたので、『ワークシップエージェント』も同じような案件割合と予想されます。

なお、どの職種であっても、ワークシップエージェントの案件は『時給4,000円以上』が保証されています。

スポンサーリンク

ワークシップエージェントの登録者割合(職種等)

採用者担当向けの公式ページに、ワークシップエージェントの職種分布が掲載されているので、その内訳を見てみましょう。

職種分布図

職種分布図

https://goworkship.com/lp/enterprise/?media=freelance

ワークシップエージェントに登録している人の割合としては、マーケターが一番多く、全体の1/4を占めています。

ついで、エンジニア、ディレクターと続き、マーケターを含めたこの3つの職種が全体の半数を占めている状況です。

職位分布図

職位分布図

https://goworkship.com/lp/enterprise/?media=freelance

こちらはフリーランスの立場を表した『職位分布図』のデータです。審査があるだけあって『スペシャリスト』として活動している人が大半を占めています。

言語分布図

言語分布図

https://goworkship.com/lp/enterprise/?media=freelance

主に、エンジニアやデザイナーの扱えるプログラミング言語についての割合も、上記のように公開されています。

JavaScript、PHP、Ruby、Javaの言語を扱えるフリーランスが多く登録されていますね。

ワークシップエージェントの案件例

ワークシップエージェントの公式ページに掲載されている案件の報酬・稼働時間といった事例をご紹介します。

事例1 エンジニア募集

募集案件 新規メディアサービス立ち上げ
詳細 機能設計〜実装までサーバサイドの開発のリードエンジニア
募集職種 エンジニア
報酬 時給4,000円〜/月18〜80万円
稼働時間/出社 32〜160h/週1〜5日
出社希望 週2以上
勤務地 中央区
必須スキル
  • LAMP環境での開発経験
  • Gitを用いたチーム開発経験
  • Webサービス開発でのリードエンジニア経験

事例2 エンジニア募集

募集案件 webGL、WebRTCの知識
詳細 ユーザエクスペリエンスを考えた演出ができるフロントエンド開発
募集職種 エンジニア
報酬 時給4,000円〜/月18〜80万円
稼働時間/出社 32〜160h/週1〜5日
出社希望 週2以上
勤務地 渋谷区
必須スキル
  • HTML、CSS3、JavaScriptの実装経験
  • Gitを用いたチーム開発経験
  • WebGL、SVG、WebRTCの知識

事例3 デザイナー募集

募集案件 アートディレクター(UI/UX)
詳細 機能設計からデザイン制作までをお任せできるデザイナー
募集職種 デザイナー
報酬 時給4,000円〜/月18〜80万円
稼働時間/出社 32〜160h/週1〜5日
出社希望 週2以上
勤務地 中央区
必須スキル
  • アートディレクターとしての実務経験
  • Gitを用いたチーム開発経験
  • CSS、JavaScriptの基礎知識

事例4 広報募集

募集案件 コミュニティマネージャー
詳細 ブランド向上、情報発信から採用戦略まで、企業の対外イメージを一手に担う担当者
募集職種 広報
報酬 時給4,000円〜/月5〜15万円
稼働時間/出社 10〜20h/週1、2回会議
出社希望 特になし
勤務地 中央区
必須スキル
  • AI、VR、AR、IoTなどITトレンドの情報感度
  • イベント取りまとめ経験者
  • 広報に興味がある方

事例5 人事募集

募集案件 人事担当者
詳細 採用媒体戦略、情報精査、母集団形成など採用戦略、実行支援
募集職種 人事
報酬 時給4,000円〜/月8〜20万円
稼働時間/出社 20〜40h/月1、2回の会議
出社希望 週1以上
勤務地 渋谷区
必須スキル
  • 新卒/中途人事採用経験者
  • 媒体選定や採用マーケティングの知識
  • HRサービスやリファラル採用の知識

事例6 編集者募集

募集案件 オウンドメディア編集長
詳細 WEBマーケティング、編集ライティング経験者
募集職種 編集
報酬 時給4,000円〜/月8〜45万円
稼働時間/出社 15〜160h/月1、2回の会議
出社希望 週1以上
勤務地 渋谷区
必須スキル
  • SEO、コンテンツマーケティングの知識
  • ライティング、編集経験者
  • アイキャッチ撮影/作成
スポンサーリンク

ワークシップエージェントの特徴

ワークシップエージェント 特徴

https://goworkship.com/lp/freelance/

ここからは、ワークシップエージェントの主な特徴についてご紹介します。

ワークシップエージェント3つの特徴
  • フリーランスらしい柔軟な働き方が可能
  • 時給4,000円以上の案件限定
  • 仕事周りをエージェントがサポート

特徴1 フリーランスらしい柔軟な働き方が可能

ワークシップエージェントは、フリーランスを対象としたエージェントサービスなだけあって、柔軟な働き方が可能な案件を紹介してくれます。

自分のプロジェクトの隙間で仕事を行なったり、週末起業のように土日のみのアサインなど、自分にあった働き方が可能です。

もちろん、案件によってはフルタイムでがっつり参入し、高い収入が得られる案件もあります。

自分の理想とする働き方や条件を、エージェントに伝えることで、自分にぴったりの仕事を提案してくれることでしょう。

特徴2 時給4,000円以上の案件限定

ワークシップエージェントはハイクラス向けの求人マッチングサイトだけあって、案件の報酬も高単価なものばかりです。

公式ページにも記載してあるように、『時給4,000円以上の高収入案件のみ』という条件はとてもわかりやすい特徴と言えます。

また、労働条件による時給条件の変化はないため、週1の案件だろうと週5の案件だろうと、仕事をした時間に応じて公平に報酬を受け取ることができます。

つまり、週1しか仕事をしない案件だからといって、時給の条件が下がるという心配は一切ないということです。

週5で月40万円の案件の場合、同じ案件に週3で参画した場合には40万円×3/5=24万円の月収となります。

特徴3 仕事周りをエージェントがサポート

ワークシップエージェントの大きな特徴として『エージェントが付く』ことが挙げられます。

エージェントはあなたの希望を元に、最適な案件を提案してくれる上、受注案件や報酬面の交渉まで行なってくれるのです。

また、キャリアプランの相談にも乗ってくれるので、今後のフリーランス生活をより良いものにすることもできます。

ワークシップエージェントの手厚い3つのサポート

ワークシップエージェントでは、上記の特徴に加えて、さらにキャリアを充実させる3つのサポートを受けることができます。

ワークシップエージェントのサポート
  • 会計支援『freee』の無料提供
  • 法人設立に向けた始業ネットワーク支援
  • 勉強会・セミナー支援

会計支援『freee』の無料提供

フリーランスであれば誰しも、確定申告をはじめとした『税金・会計』を面倒に思うこともあるでしょう。

ワークシップエージェントでは、これらの面倒ごとを解決するクラウド会計支援ソフト『freee』を無料で提供してもらえます。

freeeの通常プランを個人で借りようとすると、年間で19,800円(税抜き)かかるので、これだけでもかなりの経費節約につながりますよね。

法人設立に向けた士業ネットワーク支援

フリーランスとして活動している人の中には、いずれ法人を持ちたいと考えている人も多いことでしょう。

ワークシップエージェントでは士業のアドバイザーネットワークによる、独立支援のサポートも行なっています。

アドバイザーネットワークは、会計士・税理士・社労士・司法書士をはじめとした士業の方を紹介してもらえます。

自分で一から信頼できる士業の方を探すのは意外と手間なので、このようなサポートを活用することでより一層、業務に集中することができますね。

勉強会・セミナー支援

ワークシップエージェントは、なにも仕事を得るためだけのサービスではありません。

ワークシップエージェントに登録すると、ワークシップで開催しているセミナーやマーケティングの勉強会といったコミュニティ活動に招待してもらえるようになります。

案件の斡旋をしてもらいながら、さらに自分自身の知識やスキルもアップデートできるのが、ワークシップエージェントなのです。

ワークシップエージェントへの参加フロー

ワークシップエージェントへの登録方法および登録後のフローについてご紹介します。

ワークシップエージェント フロー

https://goworkship.com/lp/freelance/

STEP1 Webで無料登録

ワークシップエージェントの公式ページから、参加登録を行います。

審査があるワークシップエージェントへの登録においては、記入項目の中でも特に、ポートフォリオや職務経歴書が重要です。

ポートフォリオ 職務経歴書

https://goworkship.com/lp/freelance/contact

 

ここがポイント!
事前に自分のポートフォリオをまとめたり、職歴を整理しておくことで、スムーズに登録を行えるようになります。

STEP2 登録審査

ワークシップエージェント側で、提出した書類の審査が行われます。

明確な審査基準は公開されていませんが、実は高いスキルを持ったフリーランスの選抜というよりも、未経験者のふるい落としが審査の主な目的ではないかと言われています。

STEP3 ヒアリング/面談

審査に通ったら、次はあなたが希望する案件や労働条件などのヒアリングが行われます。

ヒアリングは、運営会社のある東京(対面)もしくはオンラインで行われます。

今後紹介される案件は、基本的にこのヒアリング時に伝えた条件を元に提案されるので、はっきりと希望の条件を伝えるようにしてください。

STEP4 プロジェクトの紹介&商談

STEP3で伝えた内容を元に、エージェントから案件の紹介が行われます。

このステップで実際にクライアントとの商談がセッティングされます。商談が不安な場合は、希望すればエージェントに同席してもらえますよ。

STEP5 条件の交渉

商談の結果、仕事を受注する場合には、より細かな労働条件を決めた上で契約の締結を行います。

ワークシップエージェントの運営会社情報

ワークシップエージェントを運営するのは、WEBやホームページ制作を行う株式会社GIG、『Good is good』の頭文字から命名されたそうです。

会社名 株式会社GIG
代表取締役 岩上貴洋
住所 東京都中央区日本橋浜町1-11-8 パークレックス日本橋浜町4階
設立 2017年4月
主な事業内容
  • 企業サイト・メディア制作
  • WEBマーケティング
  • システム開発
  • フリーランス支援事業(ワークシップ )

GIGの代表を務める岩上貴洋氏は、株式会社LIGの創業者兼元代表取締役として活躍した人物でもあります。

GIGが運営しているオウンドメディアは『ワークシップマガジン』というものもあります。フリーランス向けのメディアなので、あなたもぜひ一読してみてはいかがでしょうか?

ワークシップマガジン

【ワークシップマガジン】フリーランス必読のオウンドメディアを紹介

2019年7月3日

ワークシップエージェント まとめ

この記事では、株式会社GIGが運営するフリーランス向けの案件マッチングサイト『ワークシップエージェント』についてご紹介しました。

登録に審査があるものの、扱っている案件の条件やエージェントによる仕事周りのサポートといったサービスが充実していることもあり、フリーランスにおすすめのサービスです。

登録も無料なので、「今よりもワンランク上の仕事がしたい!」と考えているフリーランスの方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

ワークシップエージェント



ABOUTこの記事をかいた人

web+(ウェブタス)運営部

Web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。 これからフリーランス・起業を目指す方に向けて、実感値のある情報を提供していければと思っております。