5つの視点で徹底比較!アフィリエイトとアドセンスの違いを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

副業として大人気のネットビジネス。その中でも、アフィリエイトアドセンスといった単語は、頻繁に目にします。

この2つは似ている部分も多いため、ネットビジネスに関する記事などでは、まとめて紹介されることも多いビジネスモデルです。

しかし、厳密に言うとアフィリエイトとアドセンスは様々な点で異なった特徴を持っています。そして、その特徴を知ることは、あなたがネットビジネスで収入を増やしていくスピードにも影響を及ぼすのです。

そこで今回は、アフィリエイトとアドセンスの違いに焦点を当てつつ、副業としてのネットビジネスで効率的に収入を増やしていく方法を徹底解説します。

初心者が副業を始めるなら、アフィリエイトとアドセンスのどちらから取り組むべきなのでしょうか?この記事を最後まで読めば、その理由も含めて答えが分かります。



アフィリエイトとアドセンスの基本を学ぶ

5つの視点で徹底比較!アフィリエイトとアドセンスの違いを解説!

アフィリエイトとアドセンスの違いを明確にするためにも、まずはそれぞれのビジネスモデルの特徴を押さえておきましょう。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のメディアやメルマガなどを通して他人の商品やサービスを紹介するビジネスモデルです。紹介した商品が、自分の宣伝によって売れたタイミングで、割合に応じた報酬を手に入れることが出来ます。

基本的には、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)と呼ばれる、広告主とアフィリエイターを仲介するサイトに登録して、アフィリエイト活動を行うのが一般的です。

ASPサイトで、自分が気に入った商品を選んで紹介することが出来るので、紹介する商品の幅が広いところもポイントです。

アドセンス

アドセンスと言えば、googleが運営する広告プログラムのことを指します。一言で言うと、広告の掲載によって収益を獲得するビジネスモデルです。

主な運用方法は、自分の運営するメディアにアドセンス広告を掲載し、その広告のクリック数やクリック率に応じて報酬が支払われます。

クリックするだけで収益が発生するため、比較的簡単に収益を上げることができる反面、1クリック数円~数十円と単価が安いので、高収入を狙うには向いていません。

広告の内容は、自分のメディアを訪れた人のデータに応じて、その人が興味を持ちそうな広告が自動で選ばれて掲載されます。自分で広告内容を選べない反面、読者の興味をひきやすいのが特徴です。

報酬形態から見るアフィリとアドセンスの違い

5つの視点で徹底比較!アフィリエイトとアドセンスの違いを解説!

アフィリエイトとアドセンスは、ともに仲介業的なビジネスモデルの特徴を持つことから、まとめて紹介されることも少なくありません。しかし、この2つには様々な違いが存在します。

例えば、報酬の発生方法です。アフィリエイトは、基本的に商品が購入に繋がった場合にのみ収益が発生するのに対して、アドセンスはクリックされるだけで報酬が発生します。

しかしその反面、アフィリエイトの報酬単価は1件数千円~数万円が平均なのに対して、アドセンスは前述した通り、1クリック当たりの報酬は低く設定されています。

アフィリエイトとアドセンスの違いを徹底比較

5つの視点で徹底比較!アフィリエイトとアドセンスの違いを解説!

報酬以外にも、アフィリエイトとアドセンスには大きな違いがたくさんあります。ここでは簡単に、前述した報酬面以外での2つのビジネスモデルの差異を見ていきましょう。

集客の属性

アフィリエイトは、アクセス数が少なくても商品の成約率が高ければ、しっかりと収入を生み出すことが可能です。

つまり、自分が扱う商品に強い関心を持つ人たちを集客すれば、少ないアクセス数でも十分な利益を発生させることが可能です。

一方で、アドセンスの収益は広告のクリック数を増やすことが肝です。つまり、集めるターゲット層よりも、とにかく多数のアクセス数を集めることが、収益を増やすための戦略になります。

申請先

アフィリエイトは前述したように、ASPというサイトに申請をして、承認を受けたうえでフィリエイトを行います。

また、ASPは、扱う商品やターゲット層などによって数多く存在するため、人によって申請するサイトが異なることになります。

アドセンスと言えば、Googleアドセンスのことを指します。つまり、アドセンスをしている人は全員、グーグルアドセンスの申請をしていることになります。

また、アドセンスは各種ASPに比べて、やや審査が厳しいとされています。サイトをある程度形にしてからでないと、アドセンスの申請は蒸すかしいでしょう。

広告の張替えの有無

アドセンスは、自分で内容を選ぶのではなく、グーグルがリサーチした各ユーザーごとに興味を持ちそうな内容を自動で選んで広告を流してくれます。

そのため、基本的には一度サイト内に設置したら、それ以上いじる必要はありません。

しかし、アフィリエイトの場合は、自分が紹介している商品やサービスが広告主側の都合で停止してしまったり、リンク移動などによってエラーになる場合が結構あります。

そのため、定期的に確認作業や広告の張替えなどをする手間がかかります。

アカウントの停止

アフィリエイトの場合は、基本的に1度申請が通った後に、アカウントが停止させられることはありません。

しかし、Googleが運営するアドセンスの場合は、アドセンスを承認したサイトなどでも規約違反があった場合には、アカウント停止処分が下されることもあり得ます。

初心者にお勧めのビジネスモデルはどっち?

5つの視点で徹底比較!アフィリエイトとアドセンスの違いを解説!

ここまでの内容から分かるように、どちらのビジネスモデルも一長一短があります。

アフィリエイトは、成約率を叩き出せる人に向いたビジネスモデル。アドセンスは、読者の属性を問わない代わりにアクセス数を集める人に適したビジネスモデルです。

しかし、これからネットビジネスに挑戦する人にお勧めするのは、アドセンスで収入を得ることです。なぜなら、ネットからお金を生み出すという点においては、アフィリエイトよりも簡単だからです。

ネットビジネスで成功するために最も大事なのは、報酬額に関わらず1円でもいいからお金を稼いで、ネットから収入を生み出せるという実感と自信をつけること。

そのためには、報酬こそ少なくともお金を生み出しやすいアドセンスから手を付けるのが、挫折せずにネットから収入を生み出す王道なのです。

両者の違いを踏まえて、最適なビジネスモデルを選ぶ

5つの視点で徹底比較!アフィリエイトとアドセンスの違いを解説!

初心者はアドセンスから始めるのがお勧めと前述しました。ただし、アドセンスは収入を生み出しやすい反面、売り上げを増やしていくのが大変という特徴を持っています。

よって、より多くの収入をネットから生み出したいと思っている人は、アフィリエイトを中心にビジネスをしていくのが効率的と言えるでしょう。

ともすれば同類のビジネスモデルとして語られがちなアフィリエイトとアドセンスも、今回のように特徴を比較してみると全く別物のビジネスモデルであることがお分かりいただけたことでしょう。

自分がネットビジネス・副業に取り組む目的を踏まえた上でビジネスモデルを選択することが、成功するために一番必要なポイントです。

あなたがネットビジネスをやろうと思ったきっかけはなんですか?そして、その目的に適したのはどちらのビジネスモデルでしょうか?一度立ち止まって考えることが、あなたが成功するための第一歩になるでしょう。