7つの習慣〜私的成功のための3つの習慣〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には数多くの自己啓発本が並んでいますが、その中でも「7つの習慣」を愛読している人は多いのでしょう。

しかし、実際に目にしてみるとわかるのですが、「7つの習慣」は通常のビジネス書の2〜3倍のボリュームがあり、「読んだ方がいいのはわかっているけど、読む気にならない」という人も実は多いのではないでしょうか?

とても学びの多い本なので、できればご自身で読んで見て欲しいとは思うのですが、なかなか時間がなくて本を読めない人もいるのが現状でしょう。

そこで今回は、ざっくりと7つの習慣のエッセンスを解説し、「7つの習慣ってだいたいこんな感じの本だよね!」くらいは理解できるように内容をまとめてみました。

まだ7つの習慣を読んだことがない人や、一度読んだが内容の理解ができなかった人は、ぜひこの機会に「7つの習慣」の概要を掴んでしまいましょう



「7つの習慣」とは?

7つの習慣

そもそも「7つの習慣」というのがどんなものかわからないという人もいるかと思うので、最初に軽くご紹介しておきます。

「7つの習慣」は、スティーブン・R・コヴィーという人によって製作された「5本の指に入る超有名な自己啓発書」です。

この本は、「小手先のテクニックといった行動ではなく、その行動の元となっている考え方を変えることで真の成功を手にできる(インサイドアウト)」という考え方を中心に書かれており、その成功する人格を作るために必要とされる習慣が以下の7項目として紹介されています。

  • 第1の習慣:主体的である
  • 第2の習慣:終わりを思い描くことから始める
  • 第3の習慣:最優先事項を優先する
  • 第4の習慣:Win-Winを考える
  • 第5の習慣:まず理解にてし、そして理解される
  • 第6の習慣:シナジーを作り出す
  • 第7の習慣:刃を研ぐ

この中で第1から第3の習慣を自分が成功するため(私的成功)に必要な要素、第4から第6の習慣を社会的に成功するため(公的成功)に必要な要素と定めています。

一度に全てを説明しようとするとかなりの文章になるため、今回の記事では私的成功のために必要な要素として第1から第3の習慣までについて詳しく解説して行きます。

公的成功の要素である第4の習慣以降については、「公的成功編」として別の記事でご紹介するので、この記事の後にぜひ合わせてご覧ください。

7つの習慣 私的成功の3原則

成功 success

7つの習慣では、自分が自立して成功するために必要な要素として、以下の3つの要素を取り上げています。

第1の習慣:主体的である

第2の習慣:終わりを思い描くことから始める

第3の習慣:最優先事項を優先する

私的成功の習慣とは、いわば「自立」のための習慣です。他人を助けたり、お互いに助け合うためには、まず最初に自分がしっかりと自立している必要があります。

さもないと、お互いがお互いを依存しあう「相互依存的」な関係に陥ってしまうことになるでしょう。

第1の習慣:主体的である

7つの習慣の一番最初に述べられているのが「主体的である」という習慣です。この習慣の意味はその言葉通り、「自分の人生を他人任せにせず、自分の意思で選択するべき」ということです。

例えば、何か失敗をしてしまった時、あなたは誰のせいにもせずに自分ですべての責任を取ることができますか?

つい、自分の責任ではないと自分をかばう人もいますが、失敗の責任を相手になすりつけたとしても、決してその根本にある問題は解決しないでしょう。

あなたの人生はあくまであなた自身のものです。人任せにせずに自分で主体的に行動し、その責任を自分で負う覚悟を持つことが、私的成功の第一条件なのです。

第2の習慣;終わりを思い描くことから始める

人はともすると、自分がなんのために生きているのかを忘れて「ただ生きるために毎日を生きる」ことになりがちです。

ですが、そのような生き方では、決して成功することはできません。なぜなら、そもそも「何が成功なのか」すらわかっていないのですから。

このような事態を避けるために、コヴィー博士が提案しているのが「ミッションステートメント」と呼ばれる個人の憲法・信条を作ることです。

もしもあなたが亡くなったとして、自分は葬式に集まってきてくれた人に「どんな人だった」と言われたいですか?

このように自分の終わり=最期を思い描き、そこから逆算して今日の自分の行き方を決めることこそが、本当の自分の人生を生きるということなのではないでしょうか?

第3の習慣:最優先事項を優先する

私たちの仕事は普段、「緊急」なタスクに追い立てられているはずです。しかし、目先の緊急事項だけに対応した結果、家族や友人関係といった「もっと重要なもの」をないがしろにしてはいませんか?

「7つの習慣」の中で、日々の仕事の連絡や締め切りまじかの案件などを「緊急事項」、家族との時間や自分のスキルアップのための勉強といった案件を「重要事項」として区別しています。

長い目で見たときに大切にするべきものが「重要事項」の方であることは誰もが納得するでしょう。

しかし、往々にして人は緊急ではない「重要事項」を後回しにし、本当は些細なはずの「緊急事項」にばかり時間を奪われているのが現状なのではありませんか?

もちろん、本当に緊急な案件も中にあるでしょうが、もう少し自分の人生において最も大切な「重要事項」に割く時間や労力を意識的に増やす努力を怠るべきではありません。

私的成功のための習慣をまとめると?

グッド 親指

7つの習慣で述べられている私的成功の要素を簡単に言い表すなら、「自分の本当に大切にしたいものを優先的かつ主体的に取り組め」という言葉でまとめられます。

とはいえ、このような教訓は特に真新しいものではないはずです。知ってはいるけど、実践するのが難しいというのが本音のところなのではないでしょうか?

7つの習慣は数多くある自己啓発書の中でも、特に会社を経営されている方たちはほぼ全員が7つの習慣を愛読しているイメージがあります。

この後には「公的成功編」もあるのですが、人を助けるためにはやはり自分が自立していることが絶対条件です。

まずは第1の習慣から第3の習慣までを常に意識して、少しでも「私的成功」に近づく努力をしたいところですね。

「7つの習慣」解説記事 後編

7つの習慣の後半「公的成功」についての解説は、「7つの習慣〜公的成功・再新再生のための4つの習慣」の記事でご紹介しています。

万が一、まだこの記事で解説している「私的成功編」を読んでいない場合は、この記事を読んでから、後編の記事をご覧いただくのがお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加