ゴールデンウィーク明けに要注意、5月病の症状と予防法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年度ともなると、人によっては引越しや職場の変化でバタバタする時期ですよね。

「風邪ではないけど、最近なんか体がだるいし疲れやすい」その症状はもしかしたら5月病かもしれません。

5月病と聞くと、時期による一時的な体調の変化程度に考えているかもしれませんが、ほおっておくと「うつ病」などの深刻な病気に発展してしまう可能性もあるのです。

今回は、この時期だからこそ知っておきたい、5月病の症状とその予防法についてご紹介します。特に、前年度から大きく周りの環境が変わったという人は、必ず目を通して欲しいと思います。



そもそも5月病って何?病気なの?

怠い 猫

5月病という言葉は知っていても、いざ「5月病って何?」と言われると、意外と返答に困るものですよね。

5月病を言葉で説明するなら、5月、特にゴールデンウィーク明けに体のだるさや謎の疲労感を感じる現象のことを言います。

4月の年度始めによる進学、就職や引越しといった環境の変化が大きいため、知らず知らずのうちにストレスがたまります。このストレスが原因で、心身に不調を感じるのです。

ちなみに、5月病は「甘えているだけ」とみなされがちですが、医学的には「抑うつ状態」や「適応障害」の症状として捉えられています。

医学的には、5月病という病気は存在しない

5月病はあくまで俗称であり、医学的に5月病という病気は存在しません。

5月病によく見られる症状に類似するものとして、「適応障害」「うつ病」といった病気があります。特に5月病の原因で最も多いのは「適応障害」です。

適応障害(てきおうしょうがい、英: Adjustment disorder:AD)とは、はっきりと確認できるストレス因子によって、著しい苦痛や機能の障害が生じており、そのストレス因子が除去されれば症状が消失する特徴を持つ精神障害である。

(適応障害 Wikipediaより引用)

つまり、5月病の正体は、今の環境に馴染めないことによるストレスが原因の適応障害である可能性が高いということになります。(もちろん、適応障害以外が原因の場合もあります。)

5月病に見られる主な症状

顔なし 症状

医学的に5月病というものはないことは前述しました。しかし、一般的によく使われる言葉なので、この記事では引き続き「5月病」という言葉を使っていきます。

さて、5月病は主に体の不調と心の不調という2つの側面があります。以下にそれぞれ紹介する症状が2週間以上継続して現れたら、5月病を疑って見るといいかもしれません。

体の不調

  • 体にだるさを感じて、いつもより疲れやすい
  • 鈍い頭痛がする
  • 動作が緩慢になる
  • 食欲不振
  • なかなか眠りにつけない

心の不調

  • 家事などのいつもやっていることが面倒に感じる
  • ネガティブな思考になりやすい
  • 焦燥感や不安感に襲われる
  • いつもより怒りっぽくなる
  • ひたすらやる気が出ない

5月病を予防する3つの方法

ランニング 活動

5月病の多くは、新年度などによる環境の変化のせいで過度なストレスを抱えていることが原因です。

よって、適切なストレス解消を行なってあげれば、5月病になるリスクを最小にすることができるようになります。

ここでは多くの人に効果的な5月病対策を紹介するので、あなたもぜひ試してみてください!

ゆとりを持ったスケジュールを立てる

4月から5月にかけては、新年度による環境の変化でバタバタしやすい季節です。やっと環境にも慣れてきたタイミングでやってくるのが5月病の怖いところ。

少しずつ環境が落ち着いてきて、「よし!バリバリ仕事をするぞ!」と意気込む気持ちもわかりますが、このタイミングではあえて予定を減らし、ゆとりのあるスケジューリングを行うことが大切です。

ストレスは目に見えないため、自分が抱えているストレスの大きさに気がついたときにはもう手遅れになっている可能性が高いもの。

本当の意味で新環境に適応できるまでは、「頑張りすぎない!」ことが何より大切なのです。

自律神経を整える

5月病の主な症状の多くは、自律神経の乱れが原因で起こります。よって、意識的に自律神経を整えることで、5月病による心身の不調を防ぐことが可能です。

自律神経を整えるには、「午前中に太陽の光を浴びる」「適度な運動を行う」「夜遅くまでスマホやパソコンを使わない」といった方法が考えられます。

また、自律神経を整える「セロトニン」という物質を多く含んだ食事を取るのも有効です。5月の時期は、乳製品や大豆製品などのセロトニンを多く含んだ食材を取ると良いでしょう。

自律神経の乱れは、5月病以外にも様々な病気の原因にもなりかねないので、日頃から自律神経のバランスには気をつけておきたいですね。

規則正しい生活を送る

とても基本的なことですが、やはり規則正しい生活を送ることが、最も健康的なライフスタイルに繋がります。

たまに、平日と休日で生活リズムが大きく異なる人がいますが、このようなライフスタイルは変化の差が激しいためお勧めできません。基本的には、休日も平日と同じ生活リズムを心がけると良いでしょう。

とはいえ、生活リズムを整えるのはいうほど簡単なことではないですよね。誰だってたまには夜更かしをしたくなりますし、1日中ゴロゴロしていたい日だってあるはずです。

そのような場合は、あらかじめ時間を区切って「ダラダラタイム」を意図的に設けると良いでしょう。

5月病を甘く考えずに、時にはメンタルクリニックへの受診も考える

指差し 相談

世間的には「5月病」という言葉はしばしば、5月にだらけるための言い訳というイメージを持たれがちです。

しかし、記事内で示した通り、5月病の正体はれっきとした病気の可能性もあるのです。

誰だって、たまには5月病の症状のように、体がだるかったり、やる気が出ない時もあるでしょう。しかし、これらの症状が2週間以上続くときは要注意信号です。

そのようなときは、早めにお近くのメンタリクリニックなどで、相談に乗ってもらうのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加