【完全保存版】より速く質の高い記事を書くため4つの下準備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事の善し悪しは、執筆中よりもむしろ「記事を書く前の準備」で8割が決まると言われています。

そこで今回は、実際に記事を書き始める”前”に抑えておきたいポイントをまとめました。

あなたも記事を書く前にこれらの10個のチェックリストを1つ1つ確認しておくことで、記事を書くスピードと質をともに向上させることができるようになります。



質の高い記事を書く下準備

文章 下書き

記事を書き始める前に、以下のポイントがしっかり抑えられているかを確認してください。

このポイントを抑えることで、読者にとって読みやすく、かつ読むことで価値を感じる記事を書けるようになります。

誰に向けて記事を書くかが明確か

あなたが書く記事は「誰に向けて」書いているのかが明確になっていますか?

不特定多数の人に向けた言葉は、どうしても漠然としてしまい、誰の心にも響かない文章になってしまいます。

例えば、ビジネス系のテーマで記事を書くにしても、今までビジネスの経験が全くない初心者に向けて記事を書くのか、ある程度成果が出ている人に向けて記事を書くのかで内容は大きく変わってくるはずです。

大事なのは、自分が誰に向けて記事を書いているかを明確にすること。できれば、その人の顔や生活が目に浮かぶレベルまで明確に「記事のターゲット」を決めるのがベストです。

ちなみに、このような記事のターゲットの人物のことを「ペルソナ」といいます。ライターなら知っていて当然の用語なので、この機会に覚えておきましょう。

記事を読むことで読者にしてほしい行動は何か

文章を書くのに慣れてくると、意外と忘れてしまいがちなのが文章をなんのために書くかという目的意識です。

文章を書く目的は、最終的には「相手を行動させる」ことです。つまり、自分が書いた文章を読んだ後に読者にどんな行動を取ってほしいのかがわかっていないと、そもそも文章を書く意味がないのです。

例えば、今あなたが読んでいるこの記事は、「記事を書く前の準備をもっと念入りにやってもらうことで、より質の高い記事を書いてほしい」という目的があります。

もちろん文章を読んでもらうこと自体も非常に大切ですが、人は基本的に何かを読んだ(聞いた)だけでは何一つ変えようとはしません。

よって、必ず「記事を読んだ後にどんな行動を取ってほしいか」をイメージしておきましょう。

記事のキーワードは明確か

どれだけ文章が上手くても一つの記事に様々な情報が詰め込まれていると、読者からしたら「結局何が言いたいのかわからない」という印象を持つことになります。

よって、記事を書く前に必ず「この記事で言いたいこと」を必ず”1つだけ”ピックアップしておくことが重要になります。

その際に使えるテクニックが、「記事のキーワードを明確にしておく」というもの。

記事のキーワードが明確になっていれば、読者からしても記事の主題がわかりやすく読みやすい記事にすることができます。さらに、SEO(検索エンジン最適化)にも役立つので、記事を書く前には必ず「記事のキーワード」を明確にしておくべきです。

見出しの構成をイメージできているか

文章を書く際は、いきなり本文を書き始めるのではなく、見出しを最初に作って記事全体のフレームワーク(枠組み)をイメージしておきましょう。

あらかじめ枠組みを作っておくことで、文章を書いているうちに言いたいことが増えてきて、いつの間にか話が脱線してしまったという事態を防ぐことができます。

加えて、先に大枠を決めておくことで、本文を書くときに「この後何を書こうかな」と迷う時間を減らすことにもつながります。

結果的により速く質の高い記事を書くことにもつながるので、先にフレームワークをイメージしておくという作業は必須で行ってください。

(参照)この記事のフレームワーク

スクリーンショット 2018 02 06 14 03 12

価値のある記事は、書く前の下準備で8割が決まる

ペン ノート 価値

今回紹介した4つのポイントは、筆者が記事を書く際にも必ず意識をしているポイントです。

基本的には、文章を書く前にノートに手書きで、

  • 記事のターゲット
  • 記事を読んだ後にしてほしい行動
  • 記事のキーワード
  • 見出しの構成

をそれぞれ書き込んでから、執筆を開始しています。

特にライターとして仕事を始めたばかりの人は、いきなりあれこれ意識するのは難しいでしょう。そこでまずは、今回紹介した4つのポイントだけでも意識してみてはいかがでしょうか?

この4つの下準備をしておくだけで、文章を書くのが遅い人でも1時間に1500〜2000文字のペースで質の高い記事が書けるようになります。

ぜひ、次に記事を書く際は、執筆する前にこの4つの下準備を行ってから、本文の執筆を始めてみてください。今までより圧倒的に手応えのある記事がかけることをお約束します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加