2018年、検索順位を上げるためにやっておきたい7つのコト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は検索順位を上げるために必要なチェックリストの話をしていきます。思ったようにSEO対策が上手くいかず上位表示されない、これからSEO対策を始めるけど何から始めればいいのかわからない、と思っている方にはぜひとも読んでいただきたい内容です。



SEOチェックリスト7

それではここから、検索順位を上げるために行って欲しいSEOチェックリスト7つを紹介していきます。

①クロールとアクセスが可能なURLを作成する

これは、クロールが回ることとアクセスすることが可能なURLを用意するということです。作成したコンテンツをGoogleが簡単にクロールして解析できるようにするために必要な項目です。

これができていないと以下のチェックリストを行っても全く意味がないのでまずはこれを行うようにしましょう。

②キーワードを調査する

あなたが運営している、もしくはこれから運営を始めるサイトはなんらかのジャンルに関するものでしょう。そのジャンルの領域で、検索ユーザーが検索するであろう「単語」や「フレーズ」を見つけ、それを把握する必要があります。あなたのサイトは、その単語やフレーズを解決するサイトであるべきですし、解決に取り組んでいるサイトであることが必要です。

ここで大事になってくるのはメインになるキーワードです。検索ユーザーの意図を反映した関連のキーワードを見つけましょう。

検索する言葉やフレーズの背後にある検索ユーザーの「意図」が全て同じであれば、コンテンツで検索ユーザーの意図に対応することが可能です。そうなれば、メインのキーワードもサブのキーワードも手に入れたことと同じになります。

③SERPを調べ、「そのキーワードに関連している」とGoogle側が判断する内容を知る

GoogleのSERP(検索結果ページ)を調べてみましょう。あなたが今後使おうと考えているキーワードを使って検索窓を利用し、表示される結果を確認し、そのキーワード検索に関連しているとGoogleが判断している内容を知るのです。

Googleが「どんなコンテンツがこの検索ユーザーのクエリに対する答えを提供しているか」を知ることができれば、そのコンテンツの狙い、必要なコンテンツの種類がわかってきます。それを自分たちのサイトに活用し、なおかつ今までのサイトに足りていないコンテンツを追加することができれば、Googleが上位で表示させてくれるかもしれません。

④信用でき、影響力の強いチーム・人物に検索ユーザーの意図に対応したコンテンツを作ってもらう

ここは少々お金がかかるかもしれない。しかし、後々のサイト拡大のことを考えれば容易い投資になるかもしれません。

まず、本当に信頼できて影響力の強いチーム・人物にコンテンツを作ってもらいましょう。そしてコンテンツも拡散してもらいましょう。いわゆるインフルエンサーとしても活用するというわけですね。影響力があるからこそあなたのサイトは外の人から見ても信頼度が高まり、Googleから見ても信頼度が高くなる可能性があります。

そして、作ってもらうコンテンツは検索結果の1ページ目で他のどのサイトよりも上手く問題を解決できるように作ってもらいましょう。まず1ページ目でユーザーの抱える問題を解決することができなければフラストレーションを募らせページから離脱してしまう可能性が高くなるからです。

⑤タイトルとmeta descriptionを魅力的なものにする

タイトルはコンテンツやサイトのタイトルのことです。meta descriptionはSERPの検索結果の下に表示される説明文(スニペット)に非常に大きく関わってきます。

説明文は、SEOの取り組みにとっては非常に重要なものです。それは検索結果での表示が変わるから。そして、その表示次第で検索ユーザーがあなたのサイトをクリックしたいと思うかどうかが決まります。説明文は以前は160文字前後までしか表示されていませんでしたが、最近のGoogle側の改定をへて250文字程度が表示されるようになりました。詳しい内容は「スニペットの文字数増加がもたらすSEO対策への影響とは」をご覧ください。

⑥ページを最適化し、読み込み速度と見た目をできる限り向上させる

ビジュアルやユーザーインターフェース、それにユーザー体験を優れたものにすることでユーザーが目的の作業を最初から最後まで簡単に実行できるようにしましょう。このような状態が、あらゆるデバイス、あらゆる通信速度で実現します。

また、ページの読み込み速度を「モバイル検索」のランキング要素に組み込むことをGoogleは発表しました。2018年7月から導入される予定です。これによって、モバイル検索の時に表示が遅いページは順位を下げる可能性が出てきました。クリックしてから3秒以上かかる場合には「遅い」と判断されるので、より早く表示させることが鍵になってきます。

⑦「コンテンツを誰がどのような理由で広めてくれるか」まで考えなければならない

2018年、検索順位を上げるためにやっておきたい7つのコト

あなたの発信しているコンテンツを広めてくれそうな人がわかったらその人たちがどのように拡散してくれるかを考えましょう。ウェブやSNSなどのソーシャルメディアで広めてもらえれば自ずとあなたのコンテンツは見てもらえるようになります。あなたのターゲットがどのような形であなたのコンテンツに出会うかを想定してマーケティングを組むことが必要になってきます。

まとめ

以上7つのポイントを行えば、今年2018年は検索順位が上がってくるはずです。まずは基本的なところ。この記事内にて書かれている内容を確実に実践しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加