ライター必見!ライバルに差を付けるコピーライティング上達のコツ!

フリーランスの仕事の中でも、ライターは特に人気です。そのライターに欠かせないスキル、それがコピーライティングです。

コピーライティングのスキル上達法のコツをマスターすると、書いた記事は多くの人に読まれ、とても勉強になりましたというメールが毎日届き、企業からあなたに記事を書いてほしいと依頼が殺到します。

しかし、プロのライターを名乗っている人の中にも、人を惹きつけるには至らない文章しか書けない人もいるのが現状です。その理由は、コピーライティングの上達法を知る機会が少ないことにあります。

そこで今回は、あなたの文章力を他の追随を許さぬレベルで向上させるコピーライティングの上達法についてご紹介します。



コピーライティングの必要性

ライター必見!ライバルに差を付けるコピーライティング上達のコツ!

何も考えずにただ書いた文章は、ほとんどの場合で読者に読まれることも、そこから無料オファーの登録や商品購入に至ることはまずありません。

なぜなら、読者は自分にとって興味やメリットがあるもの以外は見ようとしないからです。そこで、相手に興味を持ってもらい、行動を起こしてもらえるような文章の書き方を学ぶ必要があります。

それがコピーライティングというスキルです。コピーライティングを分かりやすく言うと、言葉で相手を行動させるスキルです。

つまり、文章の執筆そのものが仕事のライターはもちろんのこと、情報発信が大事な仕事の一部であるフリーランスにとって、必ず身に付けたいスキルなのです。

収入アップのコツはコピーライティングにあり!

ライター必見!ライバルに差を付けるコピーライティング上達のコツ!

フリーランスにとって、コピーライティングを極めるメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

そこでフリーランサーである筆者が目の当たりにした、コピーライティングを身に付けたことで得られる3つのメリットをご紹介します。

自分の運営するサイトのアクセス数がアップ!

当然ながら、コピーライティングのスキルを身に付けることで一番恩恵が得られるのが、魅力的な文章が書けるようになることです。

ただ単に、事実や情報を言葉にするだけでなく、この内容が読者にどのような利点をもたらすのかといった視点や、人が思わず反応するタイトルの付け方を意識することで、大幅なアクセスアップが可能になります。

また、立ち上げて1ヶ月しかたっていないブログから、1月で100リスト以上を集めることも可能になります。

フリーランスにとって非常に大事な仕事のクライアント探しにもコピーライティングは役立ちます。

読者からの反応率がアップ!

自分から仕事を取りに行かなければならないフリーランスにとって、自サイトで自分が持つスキルや実績などを公開することは必須と言えるでしょう。

しかし問題は、ライバルとなるフリーランサーも同様に情報発信をしているということです。自分の情報発信を見てもらうためには、より読者の目を惹く内容を出していかなければなりません。

そこでコピーライティングの出番です。コピーライティングを勉強することで、人が反応しやすい文章の特徴を理解することが出来るので、より反応率の高いアプローチが可能になります。

結果として、自サイトやSNSでの反応やメッセージの数が増加。仕事を獲得するチャンスも増えることになるのです。

収入の増加、仕事の安定化にもつながる!

上記で示したようにアクセスや反応率が増えるということは、それだけ自分に仕事を依頼してくれる人が増えることを意味します。

また、単純に文章力が身に付くのでより強気の報酬額でオファーをする自信も付けることが出来ます。

その結果として、当然同じ仕事量でもより単価の高い仕事をこなしたり、仕事が無くなるといった不安からも解消されます。

フリーランスにとって一番の悩みの種である、不安定な収入や仕事が無くなるのではといった不安を解消するためにも、コピーライティングのスキルは身に付けておくに越したことはありません。

コピーライティング上達のコツ

ライター必見!ライバルに差を付けるコピーライティング上達のコツ!

ここからは、コピーライティングを上達させるための大原則をお伝えします。この原則を無視してしまうと、どれだけ大量の本やネットの情報から恋―ライティングのノウハウを学んでも無駄です。

その大原則とは、コピーライティングを身に付けたければ、たくさん読みたくさん書く以外の方法はないというものです。

勿論、がむしゃらに文章を書くだけでなく、読者の興味を惹きつけるためのノウハウなどを勉強することは必要不可欠です。しかし、いくらノウハウを知っていてもそれを使えなければ意味がありません。

結局のところ、実践を通してコピーライティングを身に付けていくことが、上達の一番の早道なのです。

コツを抑えた文章力強化トレーニングを

ライター必見!ライバルに差を付けるコピーライティング上達のコツ!

さて、前章ではコピーライティングは実践しなければ意味がないと言いました。しかし、それ以外のコピーライティング力を鍛える方法としては以下の方法があります。

繰り返しますが、上記の方法でコピーライティングのノウハウを学びつつ、自分でたくさんの文章を書くことが最も大事ということは覚えておきましょう。

▪ 書籍、ネット、情報商材

▪ 写経

書籍、ネット、情報商材

コピーライティングを始めて学ぶ人にお勧めなのが、書籍やネット、情報商材などでノウハウを知ることです。

一般的にコピーライティングの上達法としては、後述する写経(上手い文章を書き写すこと)が良いとされています。

しかし、何の知識も持たずに写経をするのと、ある程度コピーライティングの基礎知識を学んでから写経をするのでは、上達速度に雲泥の差があります。

例えば、英語が読めない人がいくら英語の文章を書きまくっても、英語が上達する事はありません。どんなものでもある程度の基礎知識は必要ということです。

うまい人が書く文章が、なぜ人の心を動かすのかといった深い視点で写経をするためにも、まずはライティングの基礎知識を書籍などから学ぶべきでしょう。

写経

コピーライティングの練習法で、真っ先に上がるのがこの写経と言う方法です。写経とは、コピーがうまい人の文章を自分で何回、何十回と書き写すことで、上達を測る方法です。

ただし、素人の文章をどれだけ写経しても、決して文章力が身につくことはありません。写経の際に大事なのは、本当に実力のある人が書いた文章を真似ることです。

有名なコピーライターが書いた文章や、自分が読んでいて興味を惹かれた文章をお手本にするとよいでしょう。

写経の際は、ただ文章を書き写すだけでなく、なぜこのライターはここでこのような言葉を用いたのだろうかといった、文章の裏に潜む思惑に考えを巡らせることが技術の向上に繋がります。

フリーランス流コピーライティングの使い方

ライター必見!ライバルに差を付けるコピーライティング上達のコツ!

繰り返しになりますが、コピーライティングは言葉で相手を行動させるスキルです。そしてこのスキルは、文章を書くとき以外にも様々な場面で活用できるのです。

例えば、フリーランスとして仕事獲得のためにプレゼンテーションをするときにも、コピーライティングを使うことで、より効果的に相手にアプロ―利することが可能になります。

また、セミナーや講演活動をする人にとっても、聴衆により真剣に自分の言葉を聞いてもらうためにコピーライティングを活用することが出来ます。

言語を用いる全ての場面で、コピーライティングは活用できるのです。もしもなにか1つスキルを身に付けたいと思っているなら、コピーライティングを極めてみてはいかがでしょうか?

上記のように、アクセスやSNSでの反応が増えることは、フリーランスにとって収入の増加に直結します。