ライティングが上達しない人が犯している、間違った写経2つの原因

ライティングが上達しない人が犯している、間違った写経2つの原因

コピーライティングのスキルを上達させるための方代表的な方法として、写経があります。ですが、いきなり写経をしましょうと言われて素直に実行できるでしょうか?

いえ、きっと写経をする際の対象ってどんなものを選べばいいのか?セールスレターを書き写すだけで本当にコピーライティングが身につくのか?といった悩みや不安が出てくることでしょう。

そこで、今回はコピーライティングの内容の中でも、特にライティングを鍛える写経のやり方についてご紹介します。効果があると分かって取り組むトレーニングと、半信半疑で取り組むトレーニングでは、同じ努力でも成果は大きく変わります。

最短最速でコピーライティングのスキルを身に付けるためにも、今回の内容はあなたにとってかなり重要なものとなります。

本当に写経って効果があるの?

ライティングが上達しない人が犯している、間違った写経2つの原因

コピーライティングの上達法について調べていると、どの本やサイトにも必ず写経という言葉が出てきます。それを実践して、日々写経に取り組んでいるライターも多いことでしょう。

しかし、いまいち効果があるのか分からない、実力が付いた気がしないという感想を持つことも多いのではないでしょうか?果たして写経は、本当にライティングスキルを向上させるのでしょうか?

まず、このように努力がなかなか実感として結びつかない大きな原因として、そもそもライティングのスキルを明確に測る指標が無い点が挙げられます。

テストの点数とは違い、成果がすぐにフィードバックされないスキルなので、なかなか成長の実感が湧かないものです。それが理由で、写経は効果が無いと主張する人たちがいます。

写経は効果があるかないか論争

ライティングが上達しない人が犯している、間違った写経2つの原因

常識的に考えて、写経に効果があると主張するのは、自分が写経によってライティングスキルを上達させた人たちです。

一方で、写経は効果が無いと主張するのは当然、自分自身で写経をしたにもかかわらず、ライティングスキルの上達を実感できなかった人たちでしょう。

しかし、この論争についていつまで考え続けても生産的な答えは出てきません。大事なのは、写経によってライティングが上達した人もいるし、しなかった人もいるという事。

つまり、写経自体に効果があるかどうかではなく、写経によってライティングが上達した人としなかった人の違いが何かをこそ考えるべきなのです。

効果のある写経に共通するポイント

ライティングが上達しない人が犯している、間違った写経2つの原因

では、写経でライティングスキルを身に付けるためには、どのような点に注意をすればよいのでしょうか?その答えはズバリ、写経対象を厳選することです。

もう少し具体的に言うのであれば、以下の2点を意識することです。

▪ 反応率の高い文章を写経する

▪ コピーライティングを駆使した文章を写経する

反応率の高い文章を写経する

写経をする際に用意するセールスレターは当然、それ自体がお手本になるものを選ばなければなりません。例えば、素人が書いたセールスレターを何十回、何百回と写経を繰り返しても実力は付かないのです。

つまり、写経がライティングスキルを向上させるかどうかは、写経の対象によって決まるということです。したがって、反応率の高いセールスレターを探すことが必要になります。

反応率の高いセールスレターの探し方は後述します。ここでは参考にする写経先が非常に重要であることを押さえておきましょう。

コピーライティングを駆使した文章を写経する

では、反応率の高いセールスレターであれば、どんなものでも写経先として有用なのでしょうか?答えはNOです。実は、ここに1つの落とし穴があります。

その落とし穴とは、コピーライティングではなくマーケティングを駆使することで高い反応率を叩き出しているセールスレターです。ただ単に商品のコンセプトが面白いからといった理由で爆発的に売れることもあります。

このようなレターは、商品のコンセプトなどの参考にはなっても、コピーライティングという観点では参考にならないことが良くあります。

結論として、写経をする際は単に成約率が高いだけでなく、それがコピーライティングのスキルによって実現しているセールスレターを見つけることが必要なのです。

成果が出る写経対象の探し方

ライティングが上達しない人が犯している、間違った写経2つの原因

ここまでで、写経先を探す際に意識したい2つのポイントをご紹介しました。ここからは、具体的にそれらのポイントを押さえた写経先の探し方について見ていきます。

反応率の高いセールスレターを見つけるときに、とても便利なのがinfotopを始めとしたセールスレターの集積サイトです。こういったサイトでは、それぞれの商材のセールスレターごとの成約率などが確認できます。

検索機能によって、成約率が何%以上のモノだけを表示といったこともできるので、そこから成約率の高いセールスレターを見つけて写経することで、ライティングのスキルは確実に向上します。

ライティングが上達しない人が犯している、間違った写経2つの原因

ですが、これだとセールスレターの成約率が良いのは、コピーライティングが上手いからなのか、マーケティングが上手いからなのかが判断できません。

そこで、効果の出る写経先の探し方としてもう1つの大事な点が、セールスレターが掲載されている期間です。

例えば、ブームに乗ったことで一時的に成約率が高まるセールスレターは数多く存在します。しかし、そういった理由で盛り上がった商品は、ブームが去ることで成約率も下がるのが一般的です。

逆に言えば、長い期間にわたって高い成約率を維持しているセールスレターほど、一発屋ではなく本質を抑えたお手本にふさわしいセールスレターである可能性が高いということです。

参考にするべきセールスレターの特徴まとめ

ライティングが上達しない人が犯している、間違った写経2つの原因

結論として、コピーライティングのスキルを向上させるためには、以下の点に気を付けて写経をすることが必要になります。

条件1:成約率の高いセールスレターを写経の対象とする

条件2;より長期的に高い成約率をキープしているセールスレターを写経する

この2つのポイントさえ押さえていれば写経は間違いなく、あなたのコピーライティングスキルを確実に向上させる効果的な手段になります。

是非このポイントを押さえて、反応率の高いライティングをバンバン生み出せる天才コピーライターを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です