在宅ライターアルバイトの7つの心得と仕事の探し方を徹底解説!

ちょっとした空き時間を使って、収入を得ることが出来る。そんな働き方が可能な在宅ライターという働き方に憧れる人は多いでしょう。

しかし、アルバイトとして在宅ライターを考えている人にはいくつかの悩みがあるのではないでしょうか?

自分にもライターの仕事ができるだろうか?どうやって仕事を探せばいいんだろう?など、やってみるまでは不安がつきものですよね。

そこで今回は、これから在宅ライターとしてのバイトを考えているあなたの不安を解消するために、お勧めの求人サイトやライターとしての心得をご紹介します。



人気急上昇中の在宅ライター

在宅ライターアルバイトの7つの心得と仕事の探し方を徹底解説!

場所や時間に縛られないワークスタイルとして、フリーランスという働き方に注目が集まっていますね。フリーランスの中でも特に人気の仕事の1つにライターがあります。

主にWEBに掲載する記事の執筆を行うライターですが、インターネット環境さえあれば、業者にそのまま納品できることもあり、在宅でライター業を行う人が増えています。

ライターというと、文章力が無いと務まらない仕事というイメージの方も多いかもしれません。

しかし、依頼主が文章の書き方をマニュアル化してくれることも多いため、最低限の日本語力さえあれば、誰でもライターとして仕事をすることが可能です。

大学生、主婦、フリーターにお勧め

在宅ライターアルバイトの7つの心得と仕事の探し方を徹底解説!

近年は、インターネットの重要度も増えていることもあり、ライターの需要は年々増加しています。

特に、在宅で空いた時間にちょっとした収入を得られるという特徴から、大学生や主婦、フリーター層が多くの割合を占めています。

ライターは全体的に単価が低いため高収入を得るのは難しい仕事です。

しかし、自分の空き時間を収入に変えられるという特徴が、フルタイムではなく好きな時間に仕事をしたいという人にとっては魅力的ですね。

初心者ライターの在宅バイト探し

在宅ライターアルバイトの7つの心得と仕事の探し方を徹底解説!

では、ここからは実際に初心者のライターが、在宅でバイトをする際の仕事の見つけ方について解説します。

実績のないライターにいきなり、企業などから執筆依頼が来ることはまずありません。そのため、基本的にはクラウドソーシングサイトなどを使って、自分から仕事を見つけることになります。

※クラウドソーシングサイトとは、仕事を依頼したい企業と仕事を受けたいフリーランスを仲介している求人サイトのことを言います。

クラウドワークス

クラウドワークスは国大最大級のクラウドソーシングサイトの1つです。

フリーランス向けの仕事案件が並んでいるクラウドワークスですが、ライティング系の仕事内容も豊富です。

初心者歓迎のライター募集案件も多いため、初めてライターとして仕事をする人や、実績を積むために数をこなすという点で、初心者ライターに適した求人サイトです。

ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスと同様、国内最大級のクラウドソーシングサイトです。

基本的な特徴は、クラウドワークスとあまり変わらないため、2つのクラウドソーシングサイトを併用することで、より自分にマッチした案件を獲得できるでしょう。

登録も無料で、簡単にライターの仕事を見つけることが出来るので、これからライター業を行う人は、是非登録しておきたい求人サイトです。

shinobiライティング

上記の2つのサイトは、ライターというよりはフリーランス向けの幅広い案件を扱っているのに対して、shinobiライティングはライティングに特化した求人サイトです。

ライター向けの求人サイトなので、ライターとしてのスキルや実績を身に付けるのであれば、まずはshinobiライティングで仕事を探してみると良いでしょう。

登録も無料なので、ライターであれば上記の2つのサイトと合わせて、会員登録をしておくことをオススメします。

在宅ライターの心得7条

在宅ライターアルバイトの7つの心得と仕事の探し方を徹底解説!

初めてライターとしての仕事を引き受ける際には、どうしても様々な不安が頭に浮かんできますよね。

そこで、自信をもってライター業を始めるためにあらかじめ知っておきたい、ライターの心得をお伝えします。

基本的には以下に紹介する7つの心得をしっかり意識していれば、プロのライターとして胸を張って大丈夫です!

コミュニケーションをしっかり取る

依頼主がライターに求める一番の条件って何だと思いますか?確かに、ライティングの質やスピードも重要です。

しかし、依頼主が最も気にすることは、しっかりとしたコミュニケーションが取れるかどうかという点です。

コミュニケーションが取れるのであれば、ある程度記事の質が悪くても(もちろん質が良いに越したことはないですが)、修正の指示などが出来るので安心して採用できます。

メールの返信などを始めとした、基本的なコミュニケーションはしっかりと意識しましょう。

納期は絶対守る

ライターとして仕事をする以上、納期は絶対に守ってください。依頼主は、納期を守れないライターに再び仕事を振ることはありません。

実績が重要になるライターにとって、納期を守れないといった汚点は、継続してライター業をしていく上では致命的です。

よくある例として、たくさんの案件を一度の引き受け過ぎて、納期に遅れるというパターンがあります。自分の実力と相談して、納期はしっかり守るように徹底してください。

読者のためになる記事を書く

記事を依頼する側が求める「記事の質」としては、読者に価値を提供できる記事になっているかどうかという点が重要視されます。

読者に価値を感じてもらえるような記事であれば、大幅な書き直しを要求されることはまずありませんし、依頼主もまたこのライターに頼もうという気になります。

同じ依頼主から仕事を振ってもらえるということは、あなたのスキルを認めてくれているという事。

こういった信頼が将来的に、ライターとしての仕事の単価アップ、ひいては収入増加に繋がります。

最初は実績を積むべし

ライターとして、一番最初に心がけるべきは、実績を積むことです。

前述したクラウドソーシングサイトなどでライティングの案件を見てみると、報酬がかなり低いことに驚くと思います。

しかし、ライターとしての報酬は、実績を積むことでどんどんと増やすことも出来ます。

そのためにも、最初は多少報酬の少ない案件でも数をこなして、実績を積むことが将来的なライターとしての収入アップに繋がるのです。

条件の悪い案件を断る勇気

最初は収入面を度外視して、実績を積むべきだと前述しました。しかし、中にはライティングにかかる労力を全く知らずに報酬設定をする依頼主もいます。

そういったあまりにも低報酬な依頼主は、ライターを道具としか思っていない人も多く、その人の仕事を受け続けても、あまり将来性がありません。

成果報酬が基本のライターにとって、実績を積む事はもちろん大切ですが、条件の悪い案件は断るという決断も時には必要です。

得意なジャンルを作る

ある程度ライティングの仕事を続けていると、自分が書きやすいジャンルと書くのが難しいジャンルというのが出てくるはずです。

自分が書きやすいジャンルが分かったら、そのジャンルに絞って案件を受注し、そのジャンルのライターとしてのスペシャリストを目指しましょう。

得意なジャンルに絞ってライティングを行うことで、「○○のジャンルはあの人だよね」と言ったブランディングが出来るようになります。

また、同じジャンルの記事を書き続けていると、そのジャンルの知識が蓄積されていくので、記事を書く時間も短時間で済むようになります。

ライティング+αのスキルを身に付ける

ライターとして仕事をしていく上で、ある程度のライティングスキルは絶対に必要になります。

しかし、ライターとしての仕事は全体的に単価が安い傾向にあります。つまり、ひたすら記事を書き続けなければ、まとまった収入を得るのが難しいのが現状です。

そこで、ライティングのスキルに加えて、+αのスキルも磨いていくと良いでしょう。

例えば、SEO(検索エンジン最適化)を勉強して、「SEOに強い記事を書きます」というオファーをすれば、一般のライターよりも高報酬の案件を獲得できるでしょう。

このように、ライティング+αのスキルを身に付けることで、「あなたにしか書けない記事」という強い武器を手にすることが出来るのです。