今さら聞けない!マーケティングとは?〜5つの強力マーケティング手法を具体例に〜

「マーケティングとは?」

この質問にあなたは答えることができますか?

もし質問に答えることができない場合は是非こちらの記事を読み進めてください。

今回はそもそもマーケティングとは?という部分にフォーカスしながら5つのマーケティング手法を具体例に挙げて「マーケティング」について解説していきます。



マーケティングとは何かを簡単に言い表してみると

マーケティングについて簡単に説明すると、消費者の求めている商品・サービスを調査し、供給する商品や販売活動などの方法を決定することで、生産者から消費者への流通を円滑にする活動、ということができます。

そもそもマーケティングはなぜ必要?

今では様々なマーケティング手法が生まれてきていて、誰でもマーケティングができるようになっていますが、そもそもなぜマーケティングは必要なのでしょうか。

大量生産大量消費の時代

今さら聞けない!マーケティングとは?〜5つの強力マーケティング手法を具体例に〜

大量生産大量消費、いわゆる戦争直後や高度経済成長期はモノが全くなく、作れば売れる状態だったのです。マーケティングなど全く関係なしで、とにかく作ってとにかく生産する。その中で資金力のある企業がさらに大きくなっていった時代です。

マーケティングが必要な時代

今の時代はモノが非常に溢れており、市販で売られている水をとっても何種類も存在しています。その理由として消費者のニーズが多様化していることが挙げられます。そのニーズに応えるために企業はモノを開発していったのです。その消費者の本当に必要としているモノを把握するために、このマーケティングという活動を行う必要があるのです。

マーケティング業務とは

マーケティングとは「売れる仕組み」を考えることだと言われています。市場の動向を探り、企画によって生み出されたサービスや商品をより流通させるために、宣伝や販促活動などを行って消費者にサービスや商品を知ってもらうように働きかける仕事です。サービスや商品と、消費者との接点を作る。つまり、サービスや商品を売るための視点を生み出すのがマーケティングです。

消費者に直接接触しないメーカーも、マーケティングを組まないとヤバイ

製品の受注を受けて製造を行うメーカーには、マーケティング部門のない会社が少なくありません。(部門はないにしても広告担当やPR担当がいるパターンもあります。)このマーケティング部門がないことに関しては、多くの課題の発端になり兼ねません。その中でも最大の課題が「消費者の声を反映させた製品・サービス作りができない」ということが挙げられます。

マーケティングは

消費者の求めているサービス・製品を調査し、供給する商品や販売活動などの方法を決定することで、生産者から消費者への流通を円滑にする活動

と先ほども記したように、消費者の求めている製品を提供していくのにマーケティング部門がないので、消費者の趣向や行動パターンなどを知らないメーカーにとっては非常に致命的なことになります。

Webマーケティングとは

今さら聞けない!マーケティングとは?〜5つの強力マーケティング手法を具体例に〜

Webマーケティングとはその名の通り、Webを使ったマーケティングのことです。WebサイトやWebサービスを用いて行われるもので、4つの特徴があります。

効果を数値によって測定できる

webマーケティングを活用する最大のメリットと言えます。施策の結果を全て数値で管理できるのです。従来のような紙媒体を使っていると、どこで商品が購入されてどのページがどれだけの時間読まれて、というのを計測するのはほぼ不可能です。それがWebマーケティングになると、誰がどこからきてどのページをどのくらいの時間見て、どこで商品を購入したのか、まで見ることが可能になります。

スピードが早い

Webマーケティングには、施策を決定してから実行に移すまでの時間がほとんどかからないというメリットがあります。従来のマーケティング手法とはスピード感が違います。

コストがかからない

全くかからないということではありませんが、ごくわずかな資金から始めることができます。予算の少ない企業やベンチャー企業でも効果の出やすい施策を打つことができます。

個人にアプローチできる

ターゲットとする人にアプローチすることが可能になるので、そのターゲットにドンピシャであった施策を打つことができます。それによって無駄が省け、従来のマーケティング手法よりもコストがかからない上に、効率的なマーケティングを打つことができます。

デジタルマーケティングとは

今さら聞けない!マーケティングとは?〜5つの強力マーケティング手法を具体例に〜

デジタルマーケティングはよくWebマーケティングと一緒になって捉えられてしまうことがあります。なので、デジタルマーケティングの特徴をWebマーケティングとの違いから説明していきます。

Webマーケティングは企業のWebサイトにフォーカスする

Webマーケティングは企業のWebサイトを主に活用しますが、一方のデジタルマーケティングはWebのアクセス利益はもちろんのこと、スマートフォンやタブレット端末で使うアプリ、さらにはインターネットを介して収集されるデータも活用して、顧客体験価値を向上させることを目的としています。

デジタルマーケティングはWebマーケティングよりも広い概念

デジタルマーケティングは、Webマーケティングで主に活用されるWebサイトはもちろんEメールやスマートフォンアプリなども含まれます。FacebookやTwitter、InstagramといったSNSの活用や、Web以外の経路でのデータを活用したり、デジタル機器などを活用したりするものも含まれます。

考え方としては、デジタルマーケティングの中にWebマーケティングがあるイメージです。

インバウンドマーケティングとは

このインバウンドと言うのは日本語に訳すと「入ってくる、内向きの」と言う意味です。その名の通り、消費者が勝手に入ってくるようにマーケティングを仕掛けると言う意味です。

世間一般の多くのマーケティングはアウトバウンド

今の世の中に出回っているマーケティングの多くはアウトバウンド型です。これは、企業が売りたい消費者に向かって売り込みをかけて押し付けて売る、プッシュ型のマーケティングです。今は誰でも多くの情報を手に入れることができる時代なので、消費者は情報過多の中で生活を強いられています。なのでアウトバウンド型「押し付け型」のマーケティングを避けるようになっていのです。

企業側は消費者が来てくれるのを待つだけ

インバウンドマーケティングは、Webで検索したりSNSを活用してみたり、自分の興味関心に基づいて自発的に行動し、その結果として消費者は自分に有益な情報を受け取ります。企業側は消費者にとって「有益な情報だな」と感じてもらえるような発信をしていきましょう。

コンテンツ マーケティング とは

今さら聞けない!マーケティングとは?〜5つの強力マーケティング手法を具体例に〜

コンテンツマーケティングとは、有益で説得力のあるコンテンツを制作・配信することによってターゲット・オーディエンスを引き寄せ獲得、その状態を維持し、エンゲージメントを生み出すことによって最終的な収益に繋がる行動をユーザーにとってもらうための一連の手法のことを言います。

顧客の求めるモノを発信する

コンテンツマーケティングにおいて重要なのは、「ユーザーに価値を感じてもらう・”見てよかった”と思ってもらう」ことです。ユーザーの求めるコンテンツを的確なタイミングで与えることを意識して行いましょう。

ペルソナマーケティングとは

そもそも「ペルソナ」とは?

そもそもペルソナとは、「人格・仮面」と訳されます。マーケティングによく使われるこの言葉ですが、「企業が提供する製品・サービスにとって最も重要で象徴的なユーザーモデル」と言う意味で使われます。

ペルソナマーケティング

ペルソナマーケティングとは、実際に自社の商品やサービスを使ってくれるであろうペルソナを作り出してそのユーザーのニーズをを満たすことができるような方法で商品やサービスを提供するマーケティング手法のことです。性別から名前、住んでいるところ、職業、身長、体重、趣味、生活スタイルなどなどとにかく細かく細かく設定をします。

ペルソナ”のみ”がとにかく満足してくれる商品やサービスを提供できれば、その商品・サービスは自然と価値あるものとして見てもらえるようになります。

まとめ

最近は頻繁に「マーケティング」という言葉を聞くようになりました。また、インターネットの普及によって誰でもマーケティングができる時代。それなのに実際マーケティングが何かと問われると答えることができなかったと思います。

この記事で勉強したことを踏まえて、今後のマーケティング活動に活かしていきましょう。