web マーケティングとは?初心者向けに1から徹底解説します

近年インターネットの発達により企業がwebを使ったマーケティングを使うことは当然のようになってきました。

ただそもそもwebマーケティングとは一体なんのか?webマーケティングに一体どんな方法があるのか?

このページを見ているあなたもそのような疑問を持たれているのではないでしょうか?

そこで今回はwebマーケティングの特徴・webマーケティングの具体的な手法、webマーケティングをする上で欠かせない便利ツールを一挙に解説していきます。



Webマーケティングとは

Webマーケティングは、Webを中心に行われるマーケティングで、Webサイトやwebサービスを用いて行われます。今は1つの企業に1つのサイトは確実にあると言えるほどにインターネット自体が普及していて、Webサイトからの流入を増やすことが企業の業績を伸ばすことと結びついて来ると言っても過言ではないほどです。そのためにはWebを用いたマーケティングを行うことが必要不可欠なのです。

Webマーケティングの特徴とは

ここからはWebマーケティングの特徴について触れていきます。

24時間365日営業活動をしてくれる

自社のWebサイトを持ち、集客から販売までを全て行えるページを作成しておけば、営業時間などは全く関係なく24時間年中無休で利益を生み出し続けることができます。これを確実に行うためには、自社のサイトを訪れた消費者を行動させなければいけません。そのフローをわかりやすく示してあげることであなたの商品は選ばれていきます。

誰にでもアプローチできる

店舗を構えて商売をしていた従来の場合であれば、その店舗の周辺に住んでいる人しか来ないことが容易に想像できるかと思いますが、Webサイトを使えば世界中どこにいる人にもアプローチすることが可能なのです。インターネット環境さえあれば、不特定多数の人があなたのサイトを訪れてくれるのです。

コストがほとんどかからない

Web上でサイトを持つことに対しては、コストが全くかかりません。ドメインを借りたりサイトページを作ってもらうことに関しては多少の料金がかかりますが、土地と店舗を何千万円で買うことでやっと始まる店舗を持つタイプに比べたら、格段に安価で済みます。

レバレッジがかなり効く

あなたの事業が10,000人の顧客リストを持っているとしましょう。仮にその10,000人のポストに自社の冊子を送ると考えたら、用意するだけで労力をかなり要し、郵送に最短でも1週間はかかるでしょう。しかしインターネット上でメールを送ろうとすれば、1度メールを書けばそのあとは一斉に送信することが可能なので、労力が全くかかっていません。メールを作って送信まで長くても1時間あればできてしまうくらいです。

コミュニケーションを取ることが容易になった

今まではマスメディア(テレビ・新聞など)がマーケティングの主流として使われていましたが、その場合には企業の一方的なメッセージにすぎず、消費者側の声を聞くことができないのがほとんどでした。しかし、ブログやSNSに代表されるように誰でも個人が情報発信をできる時代になっており、企業や情報発信側と気軽に繋がることができるようになりました。

Webマーケティングで打てる特徴的な施策とは

Webマーケティングを行う上で、特徴的な施策について紹介します。

SEO対策

SEOとは「Search Engine Opitimization」の頭文字を取って並べたもので、日本語に直すと検索エンジン最適化と言われています。どういうことかというと、GoogleやYahoo!などのブラウザを使って調べる際に僕たちは検索窓に調べたい言葉を入力して調べますよね?調べているユーザーが「なぜ検索したのか」(検索意図)をブラウザ上で汲み取ってユーザーに合ったWebページを表示してくれます。そこで上位に表示してもらうために行うための施策をSEO対策と言います。検索エンジンに最適化させるためにはどうしたらいいのかを考えながら行いましょう。

広告

Webサイトがあれば広告を簡単に出すことができます。

リスティング広告

検索エンジンと同様に、GoogleやYahoo!の検索結果のページ上位に表示されるうのがリスティング広告です。キーワード単位でオークション形式の入札が行われ、掲載される順位が決定します。

PPC広告

PPC広告とは「Pay Par Click」の頭文字を取って並べたもので、クリック課金型広告ということができます。インターネット上に広告を出すことは無料でできるが、その広告がクリックされると料金が発生する」ということです。

アフィリエイト広告

設置した広告を通して商品が売れたり契約が取れた際の成果(報酬)に応じて費用が発生するタイプの広告手法です。

ソーシャルメディア広告

ソーシャルメディア(FacebookやTwitter、Instagramなど)へ情報を広める仕組みを備えた広告手法です。インパクト・話題性のある内容でソーシャルメディアユーザーの興味・関心を集めてバズを発生させるために活用されることもあります。

Webマーケティングで使えるツール4選

Webマーケティングを組んでいくにあたり、使うと便利な無料のツールについて紹介していきます。

Googleアナリティクス

これはWebサイトを運営している人からすれば外せないツールです。これを使えば、どこに住んでいる人がどのような経路でどのような時間帯に訪れ、どのくらいの時間どのページに滞在したのか、などを全て数値化してくれます。例えばSocialからの流入が多ければ「SNSの投稿は反応がいいな」とわかりますし、OrganicSearchが少なければ「まだSEO対策は改善の余地があるな」という仮説を立てることができます。仮説が立てられるということは、その仮説をテストすることもできます。この仮説を立ててテストをすることでよりよいページになっていきます。

Google Search Console

自社のサイトは安全か、自社のコンテンツはGoogleに登録されているかを調べられたり、自社コンテンツをGoogle上に登録してもらうための催促をすることもできます。このSearch Consoleは基本的にGoogleアナリティクスとセットで使われます。

Google AdWords キーワードプランナー

このキーワードプランナーというものを使えば、Googleの検索窓にどんな言葉が月間何回入力され検索されたかを調べることができます。これを使うことで自社が参入している事業のターゲットとする人が「どんな言葉をよく調べるのか」を見ることができます。ここで出てきたキーワードを使ってコンテンツを作り、SEO対策をして検索上位にヒットするように施策を打っていきます。

SimilarWeb

このツールは、競合サイトのアクセス数や集客経路を調べることができます。ライアb流サイトがどのようなキーワードを取りに来ているか、ソーシャルメディアや検索エンジンからの流入がどのくらいあるのかを調べることが可能です。

まとめ

この記事ではWebマーケティングについて解説してきました。普段あなたが何気なく使っているSNSやインターネット、Webサイトはマーケティング戦略が緻密に練られています。実はあなたが今触れているこのコンテンツもWebマーケティングを駆使しているのです。「Webマーケティング」はあまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、着実に浸透してきていることは間違いありません。時代の流れに乗り遅れないためにも、Webマーケティングの特徴などを勉強してください。