ライティングの極意!記事を書く前に考えたい3つのこと

ライティングの極意を教えます。この言葉を聞いて、あなたはどのようなイメージをするでしょうか?

誰も知らない裏技みたいな記事の書き方?最新のライティングのノウハウ?と思うかもしれません。

残念、違います。ライティングの極意とは、「記事を書く前の準備」のことを言います。今回は、記事のクオリティの8割を決める、記事を書く前の準備について解説します。

この準備をしっかり行えば、より短時間でより質の高い記事が書けるようになります。「あなたの書いた記事はアクセスが多いな」という評判が立つのも時間の問題になる事でしょう。



ライティングの仕事は書くまでが勝負

webライターとして仕事をしている以上、主な仕事は記事を書くことです。

webライターは1記事あたりの単価も低いので、どんどん仕事を引き受けて記事を書きまくるというスタイルになりがちです。

しかし、もっと多くの人に読んで欲しい!もっと読んで良かったと思ってもらえる記事を書きたい。そう思うのであれば、記事をがむしゃらに書くのはやめましょう。

実は、質の良い記事を書く際に大事なのは「記事を書き始める前の準備」なのです。

誰にも読まれない記事、3つの特徴

頑張って書いたのに誰にも読まれない。ライターにとってこれほど、悲しいことはありません。

しかし、個人でも情報発信ができるようになり、大量のwebコンテンツがひしめき合う今の時代。ますます自分の記事が読まれる可能性は少なくなっています。

では、多くの人に読まれる記事と、誰にも読まれずに消えていく記事の差は一体どこにあるのでしょうか?

誰にも読まれない記事には、以下のような特徴があります。

誰に向けて書いているかわからない

初心者のライターに多い失敗が、不特定多数の人に向けて記事を書くという行為です。

多くの人に読んでもらいたいのだから、不特定多数の人に向けて書くのが当然じゃないかと思うかもしれません。

しかし、人は基本的に「自分の事」にしか興味がありません。不徳的多数の人への情報発信は、誰の関心も惹きつけることが出来ないのです。

記事を読むメリットを伝えていない

ただ情報を並べただけの記事では、読者の興味を惹きつけることが出来ません。

これは実際の対人関係をイメージすると分かりやすいでしょう。自分の話を延々と続ける人と会話をするのは苦痛ですよね。

実際の場面であれば、愛想笑いをしながら相手の話を聞くこともあるでしょう。しかし、ネット上では即ページを閉じられて終わりです。

記事を読むことで「あなたにメリットがありますよ」と伝えること。このメリットを理解して初めて、相手はあなたの書いた記事に興味を持ってくれるようになります。

主張が明確になっていない

情報量は多いのに、なぜかあまり読む気になれない。webサイトの記事を見ていると、たまにこのような記事を見かけます。

なぜ、記事を読む気にならないのか?それは、「結局何が言いたいのか分からない」からです。

読者は自分の悩みを解決するために記事を読みます。何が言いたいかわからない記事は、読む必要が無いと判断されて一瞬で、ページを閉じられてしまうのです。

結局何が言いたいのか。記事のテーマを最初にしっかりと決めておくことが、多くの人に読んでもらえる記事を書く際の大事なポイントです。

記事を書く前に決めるべき3つのポイント

ライターの仕事は、本格的に記事を書き始める前の準備が何より大切です。

そこで、本格的にライター業を行う人は絶対に知っておくべき、読まれる記事の下ごしらえ方法を解説します。

ターゲットを明確にする

記事を書く前に、どんな人に向けて記事を書くのか。つまり、ターゲットを決めてください。

その際に大事なのは、特定の1人をターゲットにするほど、細かく相手を想定することです。このターゲット像は、ペルソナとも言われます。

ターゲットを絞ると、それ以外の人には世でもらえないのでは?と不安に思わなくで大丈夫です。

実は、ターゲットに響く文章を書くことで記事にインパクトが生まれて、ターゲット外の8~9割の読者も記事を読んでくれるようになるのです。

記事を読むことで得られるベネフィットを書く

記事を書く際は、まず最初に「この記事を読むことで得られるもの」を明示しておきましょう。

ライティングの世界では、この得られるものを「ベネフィット」と呼びます。

1つ、フリーランス系の記事を書く際のベネフィット例を挙げます。

この記事では、新米フリーランスがたった1ヶ月で、月収50万を突破する仕事の取り方についてお話しています。

フリーランスの一般的な仕事の取り方は、ひたすら電話営業をしたり、営業メールを送りまくるという非常に手間のかかる方法です。

しかし、今回お伝えする「最新の仕事獲得法」を用いれば、あなたは営業メール1つ出すことなく、相手からの仕事依頼が舞い込んでくるようになります。

もちろん、相手から頼んでくるのですから、自分から営業をするよりもはるかに多くの報酬を獲得することも出来ます。

収入も不安定で毎日営業に追われる生活をするのは今日でお終いにしましょう。月収50万を獲得する仕事獲得術の詳細は、記事本編をご覧ください。

~本題へ~

いかがでしょう。内容の詳細を話していないのにもかかわらず、思わず続きを読みたい!と思ったのではないでしょうか?

記事に相手のメリットとなる内容を付け加える。たったこれだけの工夫で、記事を読んでもらえる確率は何倍にも跳ね上がるのです。

記事のテーマを明確にする

ライターなら絶対に抑えておきたい言葉に「1記事1テーマ」というものがあります。これは1つの記事で伝えたいことを1つに絞るというルールです。

記事のテーマを1つに絞ることで、何が言いたいのかがとても明確になります。つまり、とても読みやすい記事になるのです。

ラーメンは美味しい。オムライスも美味しい。カレーも美味しい。でも、それをすべて1つにまとめると、絶対に美味しくないですよね。。。

記事もこれと同じです。いろんな情報を詰め込んだ記事より、1つのテーマについて読みやすい記事を書く。この方が、圧倒的に記事を読んでもらえる確率は高くなります。