未経験でもライターになれるの?はい、なれます!なぜなら…

ライターに興味があるけど、今までそういった仕事をしたことが無いので、自分にも出来るか不安です。

今回は、このようなライター未経験者の方に向けた、ライターを始める際のポイントや、身に付けるべきスキルをご紹介します。

また、未経験者でも出来るライター系の仕事の取り方についても解説しているので、これからライターを始めようと思っているのであれば、必ず最後まで目を通してほしいです。



未経験から始めるライター業

未経験でもライターになれるの?はい、なれます!なぜなら&

一言でライターと言っても、その内容は多岐に渡ります。web上に掲載する記事を主に執筆するwebライター、キャッチコピーや商品の宣伝をメインとするコピーライター。

その他にも、紙媒体を専門とするライターやゴーストライターなど、数多くの種類が存在します。

しかし、まだあなたがライターとして仕事をした経験が無いのであれば、最初はwebライターからスタートするのが一般的になります。

なぜなら、未経験でも仕事を見つけやすく、ひたすら文章を書く仕事であるため、ライターとしてのスキルを高めているのに一番適しているからです。

未経験の自分にライターが出来るのだろうか?

未経験でもライターになれるの?はい、なれます!なぜなら&

ライターという仕事に興味があっても、「未経験の自分でもライターなんてできるのだろうか?」と不安を抱えている人は多いです。

しかし、どんなに勉強をしたところで、結局文章を書き続けることでしか、ライターとしての自信をつけることはできません。

また、単価などは低いものの、初心者歓迎を謳うライター系の仕事も探せばいくらでもあります。

不安に思う気持ちはあって当然なので、まずは思い切ってライターの仕事を何か1つやってみましょう。一度仕事をすれば、ライターとして求められるスキルや自分に足りない部分が見つかるはずです。

未経験のライターがライターの案件を見つける方法は、後ほど後述します。

未経験ライターが最低限身に付けたい3つのスキル

未経験でもライターになれるの?はい、なれます!なぜなら&

ここからは、ライターとして仕事をしていく上で絶対に必要になる3つのスキルについて解説します。

最初は誰しも初心者なので、スキルが無くてもとにかく仕事をこなすことが大前提ですが、以下のスキルを身に付けることで、よりライターとしての仕事の幅が広げることが出来ます。

リサーチスキル

ライターに一番必要なのは文章を書くスキルと思っている人は多いかと思います。もちろん、ライターである以上文章力は絶対に必要なスキルです。

しかし、実はwebライターにとって、文章力以上に重要なのが「リサーチスキル」なのです。

具体的には、自分が記事にする内容の情報を様々なところから探し出すスキルのことを指します。

ライターの仕事は、文章を書き始める前の準備で決まるという格言も、このリサーチの大事さを物語っています。

勿論、リサーチした情報をそのまま記事にするのはNGですが、情報を集めたうえで、それを参考に記事を書いた方が、より質の高い記事を書くことが出来ます。

ライティングスキル

ライターは一言で言うと、文章を書く仕事です。よって、ある程度の文章力=ライティングのスキルは必要不可欠です。

ライティングのスキルとしては、コピーライティングが有名です。ネットや書籍で、コピーライティングに関する情報は無数に存在するので、一度目を通してみると良いでしょう。

別の記事で、コピーライティングを学ぶのに最適な5つの参考書も紹介しているので、興味がある人は参考にしてみてください。

独学でコピーライティングを学ぶ際に必読のおすすめ本5選!

未経験でもライターになれるの?はい、なれます!なぜなら&

ただし、コピーライティングといった”スキル”を身に付ける前に、文法や論理展開、分かりやすい説明といった根本的な日本語力を身に付ける必要があります。

特に日本人は、文章を”書く”ことには慣れていない傾向にあるので、読んでみたら意味が分かりにくい文章を平気で書く人が意外といます。

ライターとして仕事をしていくのであれば、本を読むなどして文章に慣れておく必要があるでしょう。

さらに、自分で書いた文章を音読してみるのも子供っぽいと思われがちですが、自分の文章力を客観的に把握することが出来るため非常に効果があります。

コミュニケーション能力

一見、ひたすら文章を執筆するライター像を持っている人にとって、意外に忘れられがちなのがコミュニケーション能力です。

記事を書くという事は、そもそも読者に何らかの情報を伝えるという事です。つまり、最低限のコミュニケーションが無いと良い文章は書けません。

また、求人サイトなどでライターの仕事を受注する人などは、依頼主と仕事のやり取りをすることが多々あります。

過度に高度なライティングスキルを求める人は少ないですが、仕事上に必要最低限のコミュニケーションスキルがあるかどうかは、重要視する依頼主が多いです。

未経験者向けライター案件の見つけ方

未経験でもライターになれるの?はい、なれます!なぜなら&

未経験のライターの場合は、仕事を自分で見つけてくる必要があります。初心者のライターの場合、ほとんどの人はネットから仕事を見つけることになるでしょう。

その際、ランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサイト(フリーランス向け求人サイト)を利用するのが一般的です。

また、検索エンジンで[ライター 求人]などのキーワードで検索すると、ライター用の案件が山のように出てきます。

ライター向けの仕事の探し方は、別の記事でも丁寧に解説しているので、併せて目を通しておくと良いでしょう。

在宅ライターアルバイトの7つの心得と仕事の探し方を徹底解説!

最速で一人前ライターになるために

未経験でもライターになれるの?はい、なれます!なぜなら&

誰でも最初は、未経験ライターです。しかし、未経験・初心者だからと言っているだけでは、一人前のライターにはなれません。

自分が初心者であることは自覚しながらも、早く一人前になるために努力をすることは絶対に必要です。

そこで、いち早く一人前のライターになるために意識しておきたい3つのポイントをご紹介します。

実績作り

ライターとして仕事をするのに資格などは必要ないため、依頼主は必然的に、実績を見てその人のライターとしての力を測ることになります。

実績を積むためには、とにかくたくさんの記事を書きまくるしかありません。

クラウドソーシングサイトなどを覗くと、ライターの仕事は思ったより収入にならないことに気付くと思います。

しかし、ライターとして収入を増やすためには、やはり実績を積むしかありません。初心者のうちは収入にこだわらずに、仕事”量”をこなして実績を積む事にフォーカスしてください。

専門のジャンルを作る

一人前のライターになるために手っ取り早いのは、自分の専門ジャンルを作ってしまうことです。

人によって自分が興味があるジャンルもあれば、どうしても興味を持てない不向きなジャンルもあるはずです。

一般的に、得意なジャンルの記事を書いた方が、より短時間でより質の高い記事を書くことが出来ます。

ある程度単価の高い仕事を請けようと思ったら、浅く広く記事を書ける人よりも、狭く深い記事を書ける人の方が重宝されます。

タイピングの速度を上げる

現代では、ほとんどのライターはパソコンを使って文章を書いていくことになります。

よって、タイピングを早くすることは、ライターとして生産性に直結するポイントと言えます。

また、タイピング以外にも、キーボードの基本的なショートカットを覚えたり、1記事あたりにかける時間を制限してプレッシャーを出すなど、仕事を手早くこなす意識は常に持つようにしましょう。