DRM

DRM(Direct Response Marketing、ダイレクト・レスポンス・マーケティング)とは、情報の受け手(見込み客や顧客)から直接的な形で「レスポンス」を貰いながらマーケティングを展開していく手法。

DRMという略称は「デジタル著作権管理」の意味で用いられていることがあるため、「DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)」と表記することが多い。