脱サラから1年以内に廃業する反面教師に学ぶ、脱サラ失敗回避!

【警告!】今現在、脱サラを考えている方は、今すぐにこの記事を一通り読んでください。今のまま脱サラをしても99%失敗することが確定しています。

…と、いきなり脅しのようなメッセージを投げつけるような真似をしてすみません。

しかし、思わずぎょっとするような、反感を買うような言葉を使ってでも、今回の記事で紹介する脱サラの危険性についてあなたにお伝えしたかったのです。

今回は、脱サラに失敗する人たちに共通している要素を反面教師にして、脱サラで失敗しないための心構えをご紹介します。

脱サラに失敗している人に共通するNG習慣について、この機会にしっかりと抑えて、同じミスを犯さないようにしてもらえたらと思います。



会社員と個人事業主のルール

脱サラに成功する人と失敗する人の一番の違いは一体何でしょうか?スキルの有無?それとも運?確かにこれらの要素も関係ないとは言えないでしょう。

しかし、最も成功と失敗を分けるのは、脱サラに対する心構えの違いです。もっと具体的に言うのであれば、個人事業主として生きていく覚悟と準備をしているかどうかです。

脱サラをするということは、会社員から個人事業主へと立場を変えることを意味します。会社員は、降ってくる仕事をこなして固定給を貰う。個人事業主は、自分で仕事を取ってきて、成果報酬を貰うのが一般的。

つまり、そもそも働き方のルールが大きく異なっているのです。このルールを無視して、会社員の働き方のまま脱サラをしたとしたら、倒産が時間の問題であることは、想像にかたくないでしょう。

脱サラに失敗する人のNG思考

脱サラから1年以内に廃業する反面教師に学ぶ、脱サラ失敗回避!

脱サラに失敗する人の一番の原因は、個人で仕事をする働き方に順応できずに、会社員時代の考え方をそのまま引きずって仕事をしようとすることにあります。

もう少し細かく見ていくと、以下のような考え方を持っている人は、脱サラに失敗する確率が高いと言えます。

① 会社員時代の実績に固執する人

② 自主性のない人

③ 1度の失敗で挫折する人

会社員時代の実績に固執する人

脱サラを考えている人に多いのが、会社での実績を根拠に自分は独立する実力があると思っている人です。もちろん、会社員時代の実績もあなたの実力のうちでしょう。

しかし、ここでもう一度自分の胸に手を当てて考えてみてください。本当に会社を辞めて、個人で仕事をしていくときにも同じような結果を出せるだろうか?と。

残念ながら、会社員時代の実績の一部は、会社や役職といったネームバリューがあってこそと言うケースは少なくありません。

また、自分が独立したときに会社員時代のクライアントを顧客にするのは、会社の規定で違反になる場合がほとんどです。一から自分の顧客を獲得するスキルが無いと、思わぬ失敗をすることになってしまうかもしれません。

自主性のない人

会社員と個人事業主の一番の違いは、仕事の取り方にあります。一般的に会社員であれば、会社に行けば自分の仕事がそこにある場合がほとんどです。

しかし、個人事業主の場合は、そもそも仕事を見つける所から始めなければなりません。つまり、自分から主体的に仕事を探さなければ、収入を得ることも出来ないのです。

そのため、会社が嫌になったから脱サラをしたいといった後ろ向きな理由で脱サラを考えている人は、間違いなく脱サラをしても上手く行きません。

厳しい言い方になりますが、自分から積極的に営業に出向いたり、仕事に必要なスキルを磨くなどの自主性が無い人は、少し辛いことがあっても我慢して会社に居続ける方が、安定した生活を送れるでしょう。

1度の失敗で挫折する人

会社を脱サラして個人事業主になったところで、あなたが望んでいるような生活をすぐに送れるようになることはありません。

個人事業主として仕事をする際は、試行錯誤を繰り返して仕事をこなす必要があります。

時には、全く仕事が無くて経済的に追い詰められたり、仕事の計画が台無しになってしまうことも十分にあり得ることです。

個人事業主は経営をしていく中で、成功よりもむしろ失敗の方が数多く経験することになるでしょう。それでもめげずに試行錯誤を繰り返してチャレンジを続けること。

その根気強さが無いと、脱サラをしても上手く事業をこなしていくことは不可能だと思った方が良いでしょう。

脱サラ失敗者に足りないものとは?

脱サラから1年以内に廃業する反面教師に学ぶ、脱サラ失敗回避!

上記で述べたように、会社員と個人事業主は根本的に働き方のルールが違うということをまず認識することが大切です。

しかし、では考え方を経営者視点にしたら、必ず上手く行くかと言うとそんなことはありません。

考え方をシフトは大前提として、それに加えて脱サラを成功させるためには、やはりある程度のスキルや能力が必要になります。

ここでは、脱サラに失敗した人たちに足りなかった能力に焦点を当てて、脱サラで失敗しないための方法を見ていきましょう。

① お金の管理

② 営業力

③ ビジネスの経験

お金の管理

脱サラをした人が最も軽視しがちであり、脱サラしてもすぐに倒産してしまう原因にもなりえるのが、お金の管理能力です。

例えば、収入額や支出額、経費の計算などをどんぶり勘定でしか把握していなかった結果、気が付いたら資金が足りないなんてことも…。

個人事業主はいわば、小規模の会社を経営しているようなものです。つまり、資金繰りがショートしてしまえば、それ以上事業を続けることが出来なくなってしまいます。

会社員時代にはあまり気にしていない人も多いお金の管理ですが、脱サラをして個人で事業をしていく際には最も必要な能力になります。

営業力

個人事業主として仕事をしていくからには、自分で仕事を見つけてこなくてはなりません。そこで必要になるのが、営業力です。

会社員であれば、会社のネームバリューで仕事が取れることもありますが、個人で仕事を獲得するとなると話は別です。

会社の力に頼らず、あなたが持っているスキルや人柄を前面に押し出して、仕事を自分から見つけていく必要があります。

特に、今まで営業をした経験が無い人は、特に営業力を身に付けることが必要不可欠と言えます。営業力が無いと、そもそも仕事が無いということになってしまいます。

ビジネスの経験

脱サラを考えているということは、もともとは会社員ということになります。つまり、ほとんどの人が個人でビジネスをした経験が無いということです。

初めて起こした事業が果たして、そんなにうまくいくでしょうか?残念ながら、最初からすべてが上手く行くことはほとんどありません。

にもかかわらず、初めての脱サラでいきなり多額の出資をして、実店舗の経営の運営に挑戦するのは得策とは言えません。最悪の場合、多額の借金を背負うことにもなりかねません。

そこで、最初はリスクの少ないスモールビジネスから始めて、ビジネス・事業経営のノウハウを身に付けることが、結果的に脱サラ失敗のリスクを下げることに繋がるのです。

脱サラをする前の準備

脱サラから1年以内に廃業する反面教師に学ぶ、脱サラ失敗回避!

もしかしたら、ここまでの話を読んで、脱サラをすることに不安や恐怖を覚えた方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、もちろん、脱サラをすることはデメリットばかりではありません。努力をすれば、収入や自由な時間も会社員時代に比べて、グッと増やすことも出来ます。

大事なのは、脱サラに対してもっと真剣に考えること。そして、上手く行くことよりも、失敗しないことを優先することです。

当サイトには、脱サラ起業で失敗するリスクを33%減らす脱サラのタイミングとは?という脱サラに関する別の記事もあるので、脱サラに興味のある人は一読してもらえたらと思います。

脱サラに成功できるかどうかは、脱サラをするまでの下調べや準備にかかっています。あなたの人生の大きな転換点になる大事な決断なので、信頼できる情報を集めて、後悔のない脱サラをしたいですね。