ダサい文章を「ナニソレ気になる!」に変えるコピーライティング

コピーライティングというスキルをご存知でしょうか?一言で言うと、「言葉で相手を行動させるスキル」です。

マスターしてしまえば、あなたはライターとして一生食いっぱぐれることのない強力なスキルであると同時に、修得が難しいスキルでもあります。

特に自分でwebメディアを運営している人や、ネット上で商品を販売している人なら、絶対に身に付けておきたいスキルです。

そこで今回は、コピーライティングのノウハウや修得するための方法をまとめて分かりやすく解説します。



コピーライティングの意味

ダサい文章を「ナニソレ気になる!」に変えるコピーライティング

コピーライティングとは、心理学や人間の行動理論に基づいて、「言葉で相手を行動させる」スキルのことを言います。

コピーライティングが使われる代表的な例としては、企業の商品広告や、販売ページなどで読者に”購入してもらう”ための文章を書く際に用いられます。

よって、コピーライティングは良く「セールスコピーライティング」とも言われます。

人によっては、コピーライティングとセールスコピーライティングは別物だと定義する人もいますが、この2つは厳密に定義されているわけではないため、当記事では同じものと定義します。

コピーライティングの本質とは何か?

ダサい文章を「ナニソレ気になる!」に変えるコピーライティング

コピーライティングの具体的なテクニックやノウハウを学ぶ前に、まずはコピーライティングの本質についてお話します。

なぜなら、コピーライティングのすべてのテクニックは、この「本質」をより実現するために存在するからです。

コピーライティングの本質は、「相手を行動させる」こと。例えば、あなたが勧める商品を購入してもらったり、リンクをクリックしてもらうなどの”行動”を促すのがコピーライティングの意義なのです。

よって、これから紹介するコピーライティングのテクニックを学ぶ際には、「このテクニックを使うと、なぜ人を行動させることができるのだろう?」という本質を常に考えながら、コピーライティングを修得してください。

コピーライティングを学ぶ意味

ダサい文章を「ナニソレ気になる!」に変えるコピーライティング

コピーライティングという言葉は、しばしばwebライターなどに必要とされるライティングと混同されることがあります。

しかし、webライターに求められるライティングは「コンテンツライティング」とも言われ、読者に分かりやすく情報を伝えたり、SEOを意識した記事を書くために必要なスキルです。

一方で、コピーライティングという場合、一般的に「セールスライティング」という、商品の購入などの具体的な行動を起こさせるためのライティングスキルです。

コピーライティングの需要が増している

今の時代は、価値提供コンテンツを専門とするwebライターは増えてきているのに対して、それなりのコンバージョン(成約率)が出るセールスレターを書ける人は少ないのが現状です。

よって、企業や個人事業をしている人にとって、質の高いセールスレターが書けるコピーライティングスキルを持っている人は是非とも欲しい人材という事です。

コンテンツライティングだけではなく、コピーライティングを使った仕事ができるようにしておくことは、ライターとしてあなたの市場価値を爆発的に高めることになります。

コピーライティングの書き方とコツ

ダサい文章を「ナニソレ気になる!」に変えるコピーライティング

ここからは具体的にコピーライティングの書き方やコツをご紹介していきます。

コピーライティングのテクニックは無数に存在しますが、その全ては「相手を行動させる」ためにあります。これは冒頭でもお話した通りです。

具体的なコピーライティングのテクニックの詳細は、こちらの記事にまとめてあるので、コピーライティングのスキルを身に付けたい人は、一読ください。

現役のプロコピーライターが教える、コピーライティング4つの基礎

読書を惹きつけるライティングの例

ダサい文章を「ナニソレ気になる!」に変えるコピーライティング

普通の文章に比べてコピーライティングを使った文章は、どれほど相手を行動させる影響力を持つのでしょうか?

そこで、読者の関心を惹きつけるライティングの例をいくつかご紹介します。

それぞれ、上の文章は普通に書いた文章。下の文は、コピーライティングのテクニックを用いた文章になっています。

実際にあなたの目で文章を読み比べて、どちらの方がより魅力的に映るかを体感してみてください。

例1:数字を用いたコピーライティング

・この商品を使うことで、誰でも簡単に痩せることができます!

・この商品を使った人の98%が、1ヶ月で体重をー3kg減らすことに成功しました!

例2:ベネフィットを用いたコピーライティング

ベネフィットとは、その商品を手に入れたことでもたらされる結果のことを言います。

・この商品を使うことで、1ヶ月で体重がー3kg減らすことができます。

・この商品を使うことで、1ヶ月で体重を―3kg減らして、彼氏や友達から「最近、スタイル良くなったね」と注目されるようになります。

例3:興味性を用いたコピーライティング

・最新の科学技術によって、今まで以上に健康的に痩せられる商品が完成しました!

・今まで以上に健康的に痩せられる商品が遂に完成しました。そのわけは…続きはこちらのサイトでご確認ください。

例4:希少性を用いたコピーライティング

・商品はたくさん用意しているので、いつでもお電話ください!

・人気の商品のため、商品の在庫が少なくなっております。この機会を逃すと、もうあなたにお届けすることができなくなってしまうかもしれません。今すぐにお電話ください!

コピーライティングを学ぶなら

ダサい文章を「ナニソレ気になる!」に変えるコピーライティング

上記でコピーライティングのテクニックや、実際にコピーライティングを使った文章の例をご紹介しました。

しかし、今回紹介したテクニックは無数に存在するコピーライティングのテクニックのほんの一握りにすぎません。

そこで、最後にコピーライティングのスキルをより深く勉強し、身に付けるために役立つ方法を紹介します。

書店のビジネスコーナーや副業コーナーに行くと、必ずタイトルにコピーライティングという言葉が含まれている本を見つけることができます。

数多く存在するコピーライティングの解説書の中でも、特にお勧めの本が5冊をピックアップしました。

以下の記事でそれぞれの本の名前や、内容について解説しているので、独学でコピーライティングを学びたい人は、参考にしてみてください。

独学でコピーライティングを学ぶ際に必読のおすすめ本5選!

ブログ・サイト

独学でコピーライティングを学ぶもう1つの方法として、ネット上でコピーライティングを解説しているブログやサイトを参考にするというものがあります。

ただし、そういったライティングの記事を解説しているブログなどの多くは、細かいテクニックを解説しているところも多く、初心者がコピーライティングを体系的に学ぶのには適していません。

どうしても書籍や講座・セミナーなどにお金を使いたくないという場合は、以下に紹介するブログがとてもお勧めです。

コピリッチ コピーライティングとは?基礎から書き方までこれ一本!

講座・セミナー

本やネットからでもコピーライティングのスキルをある程度学ぶことはできますが、やはり一定のレベル以上のノウハウは人から教えてもらわないと、習得は難しいでしょう。

そこで、ある程度コピーライティングのスキルを学び、さらにそのレベルを上げたい人は、プロのコピーライターに直接ライティングを教えてもらえる講座やセミナーを利用すると良いでしょう。

中には、高額な参加費を要求しておいて、中身は本やネットでも知ることができるレベルという残念なものも数多くあるので、事前に参加者の声や情報を集めて、自分のスキルアップに繋がる講座を受講しましょう。

コピーライティングに知識は必要ない?

ダサい文章を「ナニソレ気になる!」に変えるコピーライティング

コピーライティングを極めるにあたって、最後に最も重要なことをお伝えします。それは、コピーライティングに知識は必要ないという事です。

…というのは言いすぎで、コピーライティングのスキルを身に付けるなら知識は絶対に必要です。

しかし、あくまでもコピーライティングはスキルであり、実践を通してしか本当の意味で上達させることはできないのも事実です。

知識のインプットは大切ではありますが、コピーライティング上達の極意は、書きまくることであることは常に意識しておくべきです。