ジューシーで肉厚な焼肉を読者にごちそうするコピーライティング活用例

あなたは文章を書く際に、どのような点に注意しているでしょうか?キャッチーなタイトルを付けることかもしれませんし、価値のある情報を提供することに力を注いでいるかもしれません。

しかし、もしもあなたが今後、絶対にくいっぱぐれの無いレベルで仕事をこなすライターになりたいのであれば、絶対に身に付けておくべきスキルがあります。

それが、コピーライティングのスキルです。コピーライティングを使った文章と、何も考えずに書いた文章では一体どれくらい相手に与える印象が変わるのでしょうか?

今回はそんな実例を踏まえながらも、コピーライティングを身に付けることで得られるメリットや参考にしたい一流コピーライターの紹介をしていきます。



コピーライティングの基礎知識

ジューシーで肉厚な焼肉を読者にごちそうするコピーライティング活用例

コピーライティングとは、心理学や人間の行動理論をもとに、言葉によって相手を説得したり意図した通りの行動をさせるスキルのことを言います。

このスキルは、文章を書くのが仕事のライターや、情報発信を仕事とする人たちにとって、絶対に身に付けておくべきものになります。

とは言っても、言葉の使い方1つでそこまで、相手に与える影響って変わるものなの?と思う人もいることでしょう。

そこで、まずはコピーライティングを使った文章と、何も考えずに書いた文章で、どれだけ相手に与える印象が変わるかを、あなた自身に体験してもらうことから話を始めることにしましょう。

例題から見るコピーライティングの必要性

ジューシーで肉厚な焼肉を読者にごちそうするコピーライティング活用例

まずは、以下の2つの例文を見比べてみてください。

例1

フリーランスになったら、いつでも好きな時に好きなものを食べることだってできるのです。

例2

フリーランスになったらお金も時間も今以上に自由になります。

例えば毎日、高級焼き肉店の叙々苑で、油がたっぷり染み込んだ厚さ3cmの特上カルビを白いご飯の上に乗せ、濃厚な肉汁を吸い込んだアツアツの白米と一緒にぱくっと口に放り込む生活だって当たり前になるのです。

ほら、想像してください。肉とご飯を一噛みしただけで、あなたの口の中に肉汁がジュワッと広がります。おっと、よだれは拭いて!さて、仕上げにキンキンに冷えたビールを、喉の奥ににごくっ!っと一気に注ぎましょう。

これら2つの文章を読み比べた時、間違いなく例2の文章の方が魅力的に感じたはずです。例2では、より具体的に相手の脳内に場面をイメージさせる仕掛けをしています。

言っていることは同じであっても、これだけ相手に与える印象が違う。これが、コピーライティングを使った文章と使わない文章の印象の違いです。

誰でもマスターできるコピーライティング

ジューシーで肉厚な焼肉を読者にごちそうするコピーライティング活用例

ここまで見てきたように、コピーライティングを身に付けることで、より多くの読者を惹きつけ、感動させて、思い通りに行動させる文章力を手に入れることが出来ます。

とはいえ中には、「文章を書くのって苦手だし、自分には才能が無いからコピーライティングは身に付けられないな」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、安心してください。あなたも必ずコピーライティングのスキルを身に付けることが出来ます。なぜなら、コピーライティングのスキルは全て理論に基づいて作られているからです。

前述した通り、コピーライティングは心理学や人間の行動理論に基づいています。つまり、センスの有無に関係なく、理論さえ学べば誰でも身に付けることが出来るのです。もちろん、あなたにも。

コピーライティングで実際に起こった事例

ジューシーで肉厚な焼肉を読者にごちそうするコピーライティング活用例

ここからは、何も考えずに書いた文章をコピーライティングを駆使して書き直した際に起こった、様々な事例をご紹介します。

事例1 リストの取得数が11倍に!

受験勉強に関するテーマで情報発信をしていた人の事例です。それまで彼は、難関大学に合格するための勉強法という名目で情報発信をしていました。

そこで、難関大学というあいまいな表現を早稲田大学という固有名詞に変更したところ、今まで1日の平均取得リストが1リストだったものが、たった1日で11リストを獲得してしまったのです。

事例2 ツイッターで5000フォロワーを獲得

彼は、恋愛系の情報発信の媒体としてツイッターを利用していました。しかし、毎日コツコツフォローを繰り返してもフォロワーが400前後をうろうろしている状態です。

しかし、自分のお客さんの悩みをしっかり考え抜き、その悩みに共感できるツイートを意識したとたんに、リツイートやいいね数が爆発的に増加。最終的に、そのアカウントは5000を超えるフォロワーを獲得したのです。

事例3 セールスレターで7%の成約率を叩き出す

自分で開発した商品を売っている女の子が、初めて書いたセールスレターでコピーライティングのテクニックをふんだんに用いた結果、100人のリストに対して7本が成約しました。

一般的にマーケティングの業界では、セールスレターで1%の成約率が出れば、大成功と言われています。つまり、7%という数字がどれほど驚異的な成約率であるかがお判りでしょう。

伝説に例えられるコピーライター

ジューシーで肉厚な焼肉を読者にごちそうするコピーライティング活用例

先に紹介した事例は、どれもコピーライティングを学び始めて半年未満の人たちが実際に実現させた例です。

しかし、コピーライターの中には、コピーライティングのスキルをより深く研究し、書く文章全てが大反響を呼ぶ伝説と呼ばれる凄腕コピーライターも存在します。

彼らの書いたセールスレターはたった1記事で、数千万や数億といった売り上げを叩き出しているのです。この記事の最後に、コピーライティングを極めた超有名なコピーライターを2名、ご紹介します。

糸井重里

株式会社ほぼ日の代表取締役。コピーライターと聞いて、真っ先に糸井重里氏を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?彼は特に複数の有名なキャッチコピーでよく知られています。

例えば、もののけ姫の「生きろ。」や、西武百貨店の「おいしい生活。」といったキャッチコピーは、あなたも一度は耳にしたことがあるでしょう。

神田昌典

株式会社ALMACREATIONSの代表取締役。神田昌典氏もコピーライティングの世界では、必ず名前が挙がる有名人の1人ですが、元々は経営コンサルタントとして活動していました。

アメリカで主流となっているダイレクトマーケティングを日本に普及させた第一人者でもあり、2007年には総合誌、『GQ JAPAN』でトップマーケッターに選出されています。

一方で、コピーライターの間でも有名な『ザ・コピーライティング』や『禁断のセールスコピーライティング』を始めとした著書を書くなど、コピーライターへの影響力も非常に大きい人物です。

コピーライティングは奥が深いスキルである

ジューシーで肉厚な焼肉を読者にごちそうするコピーライティング活用例

以上のように、コピーライティングというスキルは、少し学ぶだけでも読者の反応やセールスの成約率増加といったライターとしてのスキルを格段に向上させることが出来ます。

一方で、コピーライティングは一生かけてもマスターできないと言われるほど、奥が深いスキルでもあります。

どちらにせよ、コピーライティングを学ぶことは恩恵こそあれ、無駄になることはないスキルです。個人の情報発信がますます影響力を持つ今の時代、是非身に付けておきたいですね。