アクセス数10倍を実現させるスキル、コピーライティングとは?

あなたコピーライティングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?コピーといっても複製する方ではなく、キャッチコピーといった用途で使われるコピーの事です。

分かりやすく言うと、文章力のスキルのことを指します。フリーランスの中でも、特にライター系の仕事に興味のある人や、実際に記事書きなどを仕事にしている人には必須のスキルです。

とは言っても、具体的に上手な文章を書くためには、どのような点に気を付ければいいのでしょうか?このポイントを抑えるだけで、あなたの文章力は向上し、収入もグッと増えることになります。

そこで今回は、より多くの人に自分が書いた文章を読んでもらうためのスキル、コピーライティングの基礎についてお話していきます。



コピーライティングの目的とは?

アクセス数10倍を実現させるスキル、コピーライティングとは?

冒頭でコピーライティングは、文章力のスキルだと言いました。では、上手い文章とは一体何を指すのでしょうか?その答えを考える前に、1つはっきりさせておくべきことがあります。

それは、私たちは何のために文章を書くのかということです。その答えは、自分の書いた文章を通して、読者に価値を感じてもらうことです。

もう少し掘り下げて考えてみましょう。読者が文章を読んで、価値を感じるのはどんな時でしょうか?それは、今までにない知識や変化を手に入れた時なのです。

結論として、私たちが文章を書く目的は、読者に新しい知識や変化を与えて、価値を感じてもらうこと。この目的を達成させるために必要なのが、コピーライティングです。

コピーライティングを学ぶ意味とは?

アクセス数10倍を実現させるスキル、コピーライティングとは?

情報が溢れている現代では、読者はより自分に関係のある情報だけを選別するため、読者に興味を持ってもらえるような文章の書き方が必要になります。

しかし、日本人が文章を書く機会と言えば、学校の課題で出された読書感想文やレポートくらいでしょう。そのため、ライターに必要な種類の文章の書き方はほとんどの人が知りません。

つまり、国語の授業で学んだ文章力と、ライターに求められる文章力(=コピーライティング)は別ものということです。

ただ文章を書くだけでは、読者はその文章を読もうとしないのです。自分の文章を読んでもらうためには、人の行動特性を理解し、理論に基づいて相手の興味を惹きつける文章力が必要になります。

そして、その理論を体系化したのがコピーライティング。だからこそコピーライティングをしっかり学んだ人が書いた文章は、より多くの人に読まれ、話題を呼び、読者に価値を与えることが可能になるのです。

コピーライティングの3要素

アクセス数10倍を実現させるスキル、コピーライティングとは?

文章力と聞くと、なんだか複雑で難しそうという印象を受ける人は多いでしょう。しかし、コピーライティングの本質はたった3つの要素に集約されています。

読者は、あなたが書いた文章を100%

▪ 読まない

▪ 信じない

▪ 行動しない

上で示した3つの要素は、コピーライティングの世界で「読者の3ない」とも呼ばれています。

全てのコピーライティングのテクニックは、この3つの要素を満たすためだけに存在すると言われるほど重要な部分なので、この機会に絶対に絶対に絶対に抑えておいてください。

読まないの壁

前述したように、読者は基本的に自分に関係のある文章しか読もうとしません。あなたも何かしらの記事を開いて、数秒でブラウザバックした経験があるのではないでしょうか?

それはページを開いた瞬間に、意識的にせよ無意識的にせよ「この記事の内容は自分には関係ないな」と感じたということです。

価値のある文章をどれだけ頑張って書いても、読まれなければ意味がありません。つまり、コピーライティングの最初の目的は、自分の文章を読んでもらうことなのです。

そのためには、この文章を読むことで得られるものを最初にしっかり明示したり、読み飽きさせないための工夫をする必要があります。

信じないの壁

読者があなたの文章に興味を持ってくれました、しかし、次は、あなたが書いた文章の内容を信じてもらわなければなりません。信頼性の低い文章で相手に価値を感じてもらうのは不可能です。

インターネットの中にある情報は間違っているモノも含まれるので、鵜呑みにしてはいけないと言われます。このように、特にネット上に掲載する記事の場合は、内容をそのまま信じてもらうことは難しいのです。

そのため、記事に自分の主張を裏付ける根拠やデータを示したり、第三者の意見などを使って、文章の内容を信じてもらうことが必要になります。

行動しないの壁

仮に読者があなたの文章に興味を持って読み進めて、内容も信じてくれたとしましょう。しかし、そこで終わってしまっては「良い話を聞けたな!」で終わってしまいます。

人が本当の意味で価値を感じるのは、実際に知った内容を行動に移した結果、自分自身で変化を体験したときです。つまり、行動してもらうことが必要になります。

例えばスポーツに関して、いくら文章を読んでノウハウを知っても、それで出来るようになったと感じる人はいません。実践で活かせて初めて文章を読んで良かったと思ってもらえます。

このように、相手に本当の意味で価値を感じてもらうためには、実際に行動してもらう必要があります。それを促すのもコピーライティングの役目です。

コピーライティングはスキルだ

アクセス数10倍を実現させるスキル、コピーライティングとは?

ここまでの話を読んで、「文章を書くのは苦手だし、自分には身に付けられないな」と思ったかもしれません。

しかし、コピーライティングは才能ではなくスキル。つまり、勉強すれば誰でも上達が出来るのがコピーライティングなのです。

書店に行けば、コピーライティングの関しての本もたくさん並んでいます。ネットで検索すれば、前述した読者の3無いを始めとしたさまざまなテクニックを無料で知ることが出来ます。

アクセス数10倍を実現させるスキル、コピーライティングとは?

しかし結局のところ、コピーライティングを上達させるには、数多くの文章を書くしかありません。スポーツと同じで、いくら理論を身に付けても実践しなければ上達はしないのです。

最初はだれでも初心者です。今の自分の文章力ではまだ実力が…と遠慮することなく、とにかく書きまくる。これが、コピーライティング上達の一番の近道なのです。

コピーライティングを使って文章を書くことで、実際にサイトのアクセス数が2倍、5倍、10倍になる例はたくさんあります。ライターはもちろんのこと、情報発信を仕事とするなら必ず身に付けたいスキルですね。