コピーライターになるにはどうすれば良い?疑問に全力で答えてみた

コピーライターになるにはどうすれば良い?疑問に全力で答えてみた

「コピーライターってなんか憧れるけど、実際どんな仕事をしているんだろう?収入は?未経験でもなれるものなの?」と思っている人も多いのではないでしょうか?

今回の内容は、糸井重里や神田昌典を始めとする、超有名コピーライターに憧れて、コピーライターを目指しているあなたに是非知っておいてほしいことをまとめました。

コピーライターの仕事内容から、必要な資格、未経験の人がコピーライターになるためにやるべきことなど、この記事を読むだけでコピーライターになるための知識を全て知ることが出来ます。

また、広告代理店などに勤めるといった働き方に向かない人のための、フリーランスとしてのコピーライターの立場についても言及しています。

コピーライターという仕事に興味がある人は、必ず最後まで読んでほしい内容になっています!

コピーライターって何をする仕事なの?

コピーライターになるにはどうすれば良い?疑問に全力で答えてみた

あなたはコピーライターという言葉を聞いてどのようなイメージを持つでしょうか?キャッチコピーを作る人というイメージの人もいれば、商品を売るためのセールスコピーを書く人を想像する人もいることでしょう。

一般的には、前者をメインとするコピーライターをキャッチコピーライター、後者のコピーライターをセールスコピーライターと言われています。

どちらも言葉で商品を魅力的に伝え、宣伝・購入してもらうという目的は共通しています。つまり、コピーライターとは、商品の宣伝、販売のための文章を作る人たちということです。。

ちなみに、ただのライターとなると、記者やブログ記事を作成する人というニュアンスが強くなります。ライター=文章を書く人、コピーライターは商品を売るための文章を書く人、というイメージになります。

コピーライターに必要なスキルとは?

コピーライターになるにはどうすれば良い?疑問に全力で答えてみた

繰り返しになりますが、コピーライターとは商品の宣伝、販売のための文章を作る人のことを言います。つまり、相手に「この商品はいいな!」と関心を持たせることが必要不可欠なのです。

言葉で相手の関心を引くためには、コピーライターとして様々なスキルや知識が求められます。では、コピーライターとして活動していくためには、具体体にどのようなスキルが必要なのでしょうか?

そこで、今回はコピーライターに求められる3つのスキルをご紹介します。

コピーライティング

コピーライターにとって一番必要なスキルは、なんと言ってもコピーライティングです。コピーライティングとは、言葉で相手を行動させるスキルのことを言います。

最終的に相手に商品を知ってもらう・買ってもらうという行動をさせるためには、コピーライティングのスキルは必要不可欠です。

数多くの文章を書いたり、上手いセールスコピーの文章を写経(文章をそのまま真似ること)を積み重ねて、コピーライティングスキルの向上に励みましょう。

リサーチ力

商品の魅力を伝えるためには、その商品の特徴をしっかり把握することも大事です。しかし、それ以上に大事なのが、どんな相手に向けてコピーを作るかという点です。

どんな相手にどのような方向性でアプローチしていくかを考えることは、ある意味コピーライティング以上に必要な能力です。

このリサーチの重要性を伝える逸話として、ある一流の男性コピーライターが、女性向けのセールスレターを作るために、百貨店の化粧コーナーで実際にメイクをしてもらったという話があります。

相手に魅力を与える文章を書きたければ、文章の上手い下手以上に、相手の気持ちを考える(リサーチする)ことが必要不可欠なのです。

コミュニケーション能力

コピーライターと聞くと、文章を黙々と作り続ける孤高の職人のようなイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし実際は、コピーライターは、キャッチコピーやセールスコピーを作るにあたって、依頼主と何回も打ち合わせをしたり、時にはターゲットとなる人にインタビューすることもあります。

また、前述したように人の心の動きを把握しなければ、決して相手に刺さる言葉を作り出すことはできません。そういう意味で、ある程度のコミュニケーション能力は絶対に必要です。

コピーライターの仕事に資格は必要?

コピーライターになるにはどうすれば良い?疑問に全力で答えてみた

では、どうすればコピーライターとして活動できるのでしょうか?一般的なコピーライターと言えば、広告代理店や広告制作会社に就職している人をイメージするかもしれません。

ところが、様々な職業では、その名前を名乗るのに資格が必要な場合も多いですが、コピーライターにはそのような資格は存在しません。従って、自分がコピーライターと名乗った瞬間から、コピーライターになることが出来ます。

特に近年は、ネット上での情報発信の需要が増加し、会社に勤めずにフリーでコピーライターをする人たちも多くなってきています。しかし、ライバルが多くなるが故に、コピーライターと名乗っただけでは、すぐに仕事を獲得するのは難しいでしょう。

つまり、コピーライターに資格は必要ないですが、信頼され仕事を任せられるようになるためには、ある程度の実績が必要になります。

そういう意味では、コピーライターとしての実績を積んでいくことが、コピーライターと名乗るのに必要な資格なのかもしれません。

未経験から始めるコピーライター業

コピーライターになるにはどうすれば良い?疑問に全力で答えてみた

コピーライターに興味を持ち始めた人に多い悩みとして、今までにコピーライターとして活動した経験が無くても、コピーライターになれるのだろうかというものがあります。

果たして、専門学校や広告代理店などで勉強したことのない未経験の人でも、コピーライターとして仕事をすることは可能なのでしょうか?

前述したように、コピーライターとして本格的に仕事をしようと思ったら、やはりある程度の実績や経験は必要になるでしょう。そのためにも、始めのうちは収入よりも実績を積むことに焦点を当てるべきです。

クラウドソーシングサイトなどを見ると、コンペ形式(多くの作品のうち、一番良い作品が採用される方式)や提示された条件さえ守ってくれれば初心者でもOKという案件も出回っています。

最初はこういった敷居の低い仕事から始めて実績やスキルを磨くことで、未経験者でもコピーライターとして活動することは可能です。

フリーランスのコピーライター

コピーライターになるにはどうすれば良い?疑問に全力で答えてみた

日本でもフリーランスという働き方が注目を集め、フリーのコピーライターを目指している人も多いでしょう。しかし、残念ながらフリーランスのコピーライターとして食べていくのは難しいのが現状です。

日本最大のクラウドソーシングサイトである「クラウドワークス」の発表では、クラウドワークスに登録している人のうち、月収が20万円を超える人は1%にも満たないというデータがあります。

つまり、個人的に契約してくれる依頼主でもいれば別なのでしょうが、現実的に考えて余程の実績やスキルでもない限り、フリーのコピーライターとして独立するのは難しいと言わざるをえません。

コピーライティングはそれ単体では、お金になりにくいスキルと言われています。フリーランスとして独立を考えているのであれば、アフィリエイトやメディア運営など他の方法と”組み合わせて”収入を得るほうが現実的なのかもしれません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です