「アフィリエイトは儲からない神話」から得るべき本当の教訓とは?

代表的な副業としてアフィリエイトに注目が集まっている一方で、アフィリエイトは儲からないからやめた方が良いという主張をしているブログやサイトなどをよく見かけるようになりました。

アフィリエイトをやるからには収入を得るのが目的なはずなので、これからアフィリエイトをやってみようと思っている人にとって、アフィリエイトは儲からないという内容の真偽は、非常に気になるところですよね。

そこで今回は、アフィリエイトは本当に儲からないのかという点や、その中で確実に収入を得るために覚えておきたい知識をご紹介します。

これからアフィリエイトに取り組もうと思っている人や、既にアフィリエイトに取り組んでいるけどいまいち思うような結果が出ない人に是非読んで欲しい内容になっています。



アフィリエイトは儲からないと言われる理由

「アフィリエイトは儲からない神話」から得るべき本当の教訓とは?

副業について語る掲示板やブログなどを見ると、「アフィリエイトは今更やっても儲からない」といった話題で賑わっています。果たしてこの主張は正しいのでしょうか?

結論から言ってしまうと、ある程度は正しいと言えるでしょう。現実としてアフィリエイターの過半数は月に1000円も稼げていない。アフィリエイターの9割は月に5万円も稼げていないというデータがあります。

そういう意味では、アフィリエイトは儲からないビジネスモデルという指摘も間違いではありません。しかし、実際にアフィリエイトで月に何十万と稼いでいる人たちがいるのも事実。

つまり、アフィリエイトというビジネスモデル自体は十分稼ぐことが可能ということになります。つまり大事なのは、アフィリエイトで儲けられるかではなく、アフィリエイトで自分が稼ぐために何をするかに注目することなのです。

アフィリエイトが儲からない本当の原因

「アフィリエイトは儲からない神話」から得るべき本当の教訓とは?

アフィリエイトで儲けることができるかどうかは、アフィリエイトというビジネスモデルの問題ではなく、それを行うアフィリエイターによるところが大きいという話をしました。

では、なぜ多くのアフィリエイターはアフィリエイトで満足のいく結果を出すことが出来ないのでしょうか?それは、アフィリエイトで稼ぐにあたって絶対に抑えておくべきポイントを知らないことにあります。

なのでここからは、アフィリエイトで儲けられない3つの原因について解説していきます。この3つの原因を克服することが、アフィリエイトで稼ぐために必要なポイントを抑えることに繋がります。

この3つの原因に足を取られていないかという視点をもって、読み進めてもらえたらと思います。

情報商材などを使って独学でやっている

アフィリエイトで思うように結果が出ない人の一番の特徴として、「独学」でアフィリエイトをしているというのがあります。

今は書店に行けばアフィリエイトのやり方を解説した書籍が何冊も本棚に並び、ネットを調べればアフィリエイトのやり方がいくらでもあります。さらに、絶対に稼げる!と断言する情報商材なども出回り、なんとなく「自分だけでも出来そう」な気がするんですよね。

しかし、実際にはそんなにうまくいくことはまずありません。特に初心者がアフィリエイトに独学で取り組んで成功することはまず不可能です。それで成功できるのは、1%の才能ある人だけでしょう。

アフィリエイトをやるからには絶対に稼いでやるという意気込みをもって、実際にアフィリエイトで成果を出している人に直接教わる方が、圧倒的に成功しやすいでしょう。もちろん、教わる人は慎重に選ぶ必要はありますが…

儲からないジャンルに手を出している

毎日地道に記事の更新やメルマガの発行をしているにもかかわらず、一向に収入が出ない人は、「自分が扱っているジャンルは本当に稼ぐことが出来るのか?」と自問してみるといいでしょう。

アフィリエイトのジャンルの中には、どうしても比較的簡単に収入が出るジャンルと、知識のある人がやっても収入を得るのが難しいジャンルが存在します。

例えば、年配の層に需要がありそうなジャンルをアフィリエイトしていても、その年齢層の人たちはそもそもインターネットをあまり使わない傾向にあります。

このように、アフィリエイトのジャンルやターゲットによっても難易度が大きく変わるので、儲からないジャンルに手を出していないかを意識することもアフィリエイトで稼ぐために重要です。

途中で諦めてしまう

アフィリエイトの短所として、どうしても収益が出るまでにある程度時間がかかるという点があります。

そのため、楽に稼げるといったうたい文句を真に受けてアフィリエイトに取り組んだ人は、「なんだ、稼げないじゃん!」とすぐにあきらめる傾向にあります。

しかし、アフィリエイトとは本来、地道に積み上げていくタイプのビジネスモデルです。よって、稼げない期間があることをあらかじめ念頭に置いて、コツコツと続けられる人だけがアフィリエイトで成功することが出来るのです。

アフィリエイトは儲からないはある意味正しい

「アフィリエイトは儲からない神話」から得るべき本当の教訓とは?

今回は、アフィリエイトは本当に儲かるのか、儲からないのかという論争について、ある程度の結論を導き出しました。

現実的な数字だけを見るなら、アフィリエイトで稼げる人の割合が少ない以上、アフィリエイトが儲からないという主張はある意味正しいものと言えるでしょう。

しかし、冒頭でもお伝えした通り、大事なのはアフィリエイトが儲かるビジネスなのかよりも、アフィリエイトで稼げる自分になるにはどうすれば良いのかという視点を持つことが重要です。

結局のところ、アフィリエイトというビジネスモデルで実際に稼げている人が一定数いる以上、そのビジネスモデルは再現性があり、儲けられるビジネスモデルです。

そのビジネスモデルを使って、収入を得るためには、「アフィリエイトで稼げる自分」になることは最も重要な事なのではないでしょうか?