2000人規模の実態調査に基づくアフィリエイトの平均収入とは?

アフィリエイトは簡単に稼げるという話を聞くこともあれば、アフィリエイターの90%は月5000円も稼げないという噂もあるアフィリエイト。

果たしてアフィリエイトの収入の実態はどうなっているのでしょうか?そこで今回は、アフィリエイターの収入事情について見ていきましょう。

今回参考にした調査は2014年に行われたものなので、今現在(2017年7月)とは少し数字がずれている可能性もあります。しかし、アフィリエイターの実態の調査としては、かなり大規模なものなので、この調査をもとに解説をしていきます。

この記事の最後には今回の記事の大事なポイントをまとめているので、結論だけ知りたい人は、最後だけでも読んでください!



ズバリ!アフィリエイターの平均収入は?

2000人規模の実態調査に基づくアフィリエイトの平均収入とは?

以前、A8netという日本最大のASPの会員2000名を対象としたアフィリエイターの実態調査が、株式会社ファンコミュニケーションズによって行われました。

その調査によると、アフィリエイターの収入別割合は以下のようになっています。

0~1000円    54.1%

1000~5000円   18.2%

5000~5万円   18.7%

5万~20万円   5.3%

20万~30万円   0.7%

30万円~      2.9%

※金額は月間収入(参考資料:Slideshare

半数以上は平均収入5000円以下の現実

2000人規模の実態調査に基づくアフィリエイトの平均収入とは?

このデータで最も注目するべきは、やはり半数以上のアフィリエイターが月に1000円も稼げていないという事実でしょう。

世間でよく言われている「アフィリエイターの9割は月5000円も稼げない」とまではいかないものの、月収5000円以下の割合が72.3%であることを考えると、誰でも稼げるとは言えないことが分かります。

また、月収5万円を境に割合がガクッと減っているのも特徴と言えるでしょう。月に5万円以上の収入をアフィリエイトから得ている人は、全体の1割もいないということです。

これらのデータをもとに考えると、アフィリエイトは大きく分けて2つの壁があると言えるでしょう。すなわち、月1000円を変える壁と、月5万円を超える壁です。

平均収入とアフィリエイト歴の関係

2000人規模の実態調査に基づくアフィリエイトの平均収入とは?

次は、もう1つの視点からアフィリエイターの実態を見ていきましょう。もう1つの視点とは、収入とアフィリエイト歴(以下、アフィリ歴と表記)の関係です。

アフィリ歴を、半年未満、半年~1年未満、1年~3年未満、3年~5年未満、5年以上という5つの段階に分け、アフィリ歴と平均収入の関係を見ていくことにしましょう。

0~1000円未満帯のアフィリ歴

ほとんど稼ぎが無いこの収入帯で一番多いのが、アフィリ歴半年未満の層で、その割合は56.6%と過半数を占めています。

それ以外のアフィリエイト歴別割合はそれぞれ10%前後と、アフィリ歴による差は見られません。

アフィリ歴が浅い人ほど、収入が低いことは予想通りですが、意外とアフィリ歴5年以上でも収入がほとんどない人も一定数存在することが分かります。

1000円~5000円未満帯のアフィリ歴

この収入帯は、アフィリエイトで少しでもお金を稼いだことがある人達と言えるでしょう。そして、この収入層でもっとも多いのが、アフィリ歴半年未満の人たちで、その割合は31.3%です。

その後、1年~3年未満(27.6%)、半年~1年未満(17.8%)、5年以上(16.1%)、3年~5年(7.2%)と続きます。

やや、アフィリ歴半年未満の人たちの割合が多いですが、1000円未満の収入帯に比べて、アフィリ歴による差は小さくなっています。

5000円~5万円未満帯のアフィリ歴

この収入帯で一番多いのも、アフィリ歴半年未満の層で、30.9%を占めています。しかし、月5000円~5万円未満の層になると、それ以下の収入層に比べて、アフィリ歴半年未満の割合が減少します。

一方で、アフィリ歴1~3年の人の割合が27.3%と、アフィリ歴半年の人とほぼ同じくらいの割合を占めています。

この収入帯の一番の特徴としては、各収入帯の中でアフィリ歴による差が最も少ないことが挙げられます。

5万円~20万円未満帯のアフィリ歴

この収入帯から、アフィリエイター全体の10%を切ります。つまり、この収入帯レベルの収入を獲得できれば、アフィリエイターとして上位10%に入っていることになります。

さて、その収入帯のアフィリ歴による割合ですが、一番多いのがアフィリ歴1~3年(38.2%)、次いでアフィリ歴5年以上(23.5%)と続きます。

一方で、月5万円未満の収入帯で、どれも30%を超える割合を占めていたアフィリ歴半年未満の人たちの割合が、ガクッと少なくなっています。

20万円~30万円未満帯のアフィリ歴

アフィリエイトで月20万円以上の収入を得ているのは、全体のたった3.6%しかいません。月20万以上の収入があれば、アフィリエイトだけで生活することも出来ますね。

もちろん、これだけの収入を得るためにはかなりの努力と継続が必要になります。その証拠に、月20~30万の収入帯を得ている人の42.9%は、アフィリ歴5年以上の人たちです。

一方で、アフィリ歴半年未満、半年~1年未満の人たちの割合は、ほとんどありません。このデータからも、地道にアフィリエイトを続けることの大切さがわかります。

30万円以上帯のアフィリ歴

アフィリエイトで月30万円以上稼ぐことは、すべてのアフィリエイターの最終目標になるでしょう。

月に30万円以上稼ぐ人で一番多いのは、もちろんアフィリ歴5年以上の人たち…と思いきや、意外なことにアフィリ歴3~5年の人たちがもっと多い割合を占めています。

この収入帯のうち、アフィリ歴3~5年の人たちの割合が32.1%、アフィリ歴5年以上の人たちの割合が30.4%というデータが発表されています。

しかし、驚くべきは数こそ多くないものの、アフィリ歴半年未満の人たちが7.1%存在していることです。つまり、やり方次第では短期間でも月30万以上の収入を得ることは可能ということです。

アフィリエイトの平均収入まとめ

2000人規模の実態調査に基づくアフィリエイトの平均収入とは?

今回の内容は、様々な要素ごとのパーセンテージを出しながらの解説でしたので、数字が苦手な人からしたらちょっと難しい内容だったかも知れません。

そこで、今回の内容のうち、これだけは押さえておきたい!というものをピックアップして、まとめてみましょう。

▪ 大まかにみると、アフィリ歴が長い方が収入も多い傾向にある。

▪ アフィリエイターの過半数以上は、月に1000円も稼げていない。

▪ アフィリエイターの90%は月収が5万円未満。

▪ 少数だが、アフィリ歴半年未満でも月に30万円以上の収入を得ている人もいる。

このデータを見る限り、アフィリエイトは楽に稼げるというのは幻想であると言わざるを得ないでしょう。

しかし、こつこつ続けていれば収入が増える傾向にあるので、結局のところ、地道に続けることがアフィリエイトで成功する一番の方法なのです。

アフィリエイトを始めて半年では収入が出ないのは普通の事です。それを意識して、焦らずに毎日出来ることを1つずつ積み上げていきましょう。