フリーランスとノマドワーカー。4パターンの働き方で見分ける働き方の違い

フリーランスとノマドワーカー。4パターンの働き方で見分ける働き方の違い

突然ですが、あなたはフリーランスとノマドワーカーの違いについて、明確に話すことが出来るでしょうか?

特に日本ではそのイメージからか、同じ意味として使っている人も多いという印象があります。しかし、厳密にはこの2つには大きな意味の違いがあるのです。

今回の記事では、この2つの言葉の定義を明確にしたうえで、それぞれの言葉に含まれたニュアンスの違いをはっきりさせていきます。

両者の言葉の定義をはっきりさせるメリット

フリーランスとノマドワーカー。4パターンの働き方で見分ける働き方の違い

中には、そんな細かいことは興味がないと思う人もいるかもしれません。しかし、自分の職業のことくらいはしっかりと話せるようになっておくことは重要です。

なぜなら、フリーランスとして仕事をしている以上、クライアントから仕事を貰うことも多いでしょう。その時には、自分がやっている仕事がどんなものかをはっきりとアピールすることが必要だからです。

フリーランスとノマドワーカ―の違いも答えられないフリーランサーに仕事を任せるのは不安に思われてしまいます。あなたがもし依頼主だったら、そんな人に仕事を頼みたいと思うでしょうか?

それよりも能力が同じであれば、フリーランスがそもそもどんな意味を持つのかといった定義が明確になっているプライドのあるフリーランサーに仕事を任せたいと思うはず。

このように、フリーランスとノマドワーカーといった言葉の違いが意味するものを明確に知っておくことは、実際に仕事をこなしていく上でも意外と馬鹿に出来ないものなのです。

フリーランスの意味ってなに?

フリーランスとノマドワーカー。4パターンの働き方で見分ける働き方の違い

フリーランスは、正社員のように企業に雇われるのではなく、仕事の一部を外部委託という形で契約をしたうえで仕事をこなす働き方のことを言います。

つまり、企業などに属さずに契約を通して仕事をこなす働き方のことをフリーランスと言うのです。フリーランスは働き方の1つの形態と言えばわかりやすいでしょう。

中には特定の企業と長期契約を結んで仕事をしているフリーランスの人もいますが、あくまで仕事の委託を受けているだけであり、その企業の社員ではないというのがポイントです。

ノマドワーカーの意味ってなに?

フリーランスとノマドワーカー。4パターンの働き方で見分ける働き方の違い

ノマドワーカーは、自宅や会社といった特定の仕事場を持たずに、カフェや喫茶店、レストランといった場所を転々としながら働く人たちのことを指します。

wi-fi環境の整備やコンセント付きカフェの拡大、クラウドシステムを使った情報共有などの設備が充実してきたことで、実現可能となった働き方の1つのスタイルと言えるでしょう。

つまり、特定の場所に縛られずに、色々な場所で仕事をする人のことをノマドワーカーと言うのです。ノマドワーカーは、働く場所を表した言葉というわけです。

つまり、正社員であろうと、フリーランスであろうと、様々な場所を転々として仕事をしている人は皆、ノマドワーカーということになります。

フリーランスとノマドワーカーの区別

フリーランスとノマドワーカー。4パターンの働き方で見分ける働き方の違い

ここまでの話でお分かりの通り、フリーランスとノマドワーカーは正確には同義ではありません。フリーランスは働き方の1つの形態であるのに対し、ノマドワーカーは仕事の1つのスタイルであると言えるでしょう。

もう少し詳しく説明すると、フリーランスとノマドワーカーの区別は以下のようになります。

① 企業に雇われていて、職場が固定されている

② 企業に雇われているが、職場は自由である

③ 企業に雇われていないが、職場は固定されている

④ 企業に雇われておらず、職場は自由である

上記で言うと③と④、つまり企業に雇われていない人がフリーランスということです。そして②と④、つまり職場が自由である人のことをノマドワーカーと分類します。

①のように企業に雇われていて、かつ職場が固定されている代表的なのが正社員でしょう。

一方で、一般的にフリーランスは自由な働き方というイメージから④の形態を想像する人が多いですが、中にはオフィスや自宅で仕事をしているノマドワーカーではないフリーランスも多数存在するのです。

働き方に自由を求める危険性

フリーランスとノマドワーカー。4パターンの働き方で見分ける働き方の違い

最後にフリーランスとノマドワーカーの共通点も見ていきましょう。

フリーランスとノマドワーカー。これらの言葉はどちらも一般的に自由というイメージを持つ人が多いです。確かに、仕事の内容や職場に縛られないことは自由と言えるでしょう。

しかし、このイメージには1つの問題があります。それは、自由=楽そうといった間違った認識を抱いてしまう可能性があるということです。

フリーランスとノマドワーカー。4パターンの働き方で見分ける働き方の違い

仕事の内容や職場を自分で選べるフリーランスやノマドワーカーは確かに自由と言えるでしょう。しかし、その代償として収入が安定しなかったり、高度なスキルが求められるなどの現実があります。

これからフリーランスとして仕事をしていこうと考えている人は、今の仕事より楽そうだから、稼げそうだからといったプラス面だけでなく、フリーランスとして働くリスクなどを現実的にもう一度考えるべきなのです。

フリーランス、ノマドワーカーは確かに自由があります。しかし、自由の裏側には様々な苦労やリスクも存在します。このように良い面、悪い面の両方を考慮したうえで、自分に合った働き方である感じたのであれば、フリーランスの働き方に向いていると言えるでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です